USB2.0カード

2009年07月07日

ツライチUSB2.0カード

現在販売されているパソコンのUSB端子(USBポート)は、ほとんどがUSB2.0規格の物です・・ところがWindows XPが出た頃のパソコンや、Windows MeやWindows98が初期搭載されていたパソコンのUSB端子はUSB1.1という規格の物でした・・

USB2.0とUSB1.1は基本的に互換性があり、USB2.0につなぐ機器でも多くがUSB1.1の端子にも接続できます・・また、その逆も可能です・・

では、USB2.0とUSB1.1の最大の違いは・・と言えば、データ転送速度なのです・・USB1.1は低速モードで1.5Mbps、高速モードで12Mbpsとかなり速度が遅く、DVDドライブをつないだ場合、DVDのデータ転送速度より遅く、DVDドライブは0.9倍速で作動することになります・・

データの読み込みや書き込みは遅くなるだけですが・・映像のDVDの再生は困難です。

もともとUSB1.1はマウスやキーボード、プリンタなどのデータの転送速度が遅くてもよいものをつなぐ端子として設計された経緯があるからです。

しかし、その速度では外付けハードディスクやDVDドライブは十分な能力を出せません・・

それで、高速版のUSB2,0が登場しました・・転送速度は480MbpsとUSB1.1の40倍以上の速度です・・

続きを読む

kensan156m at 21:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)