9月1日

2007年08月10日

9月1日から広島でICOCAが利用できるようになります。

20971186.JPG近畿圏や首都圏など、大都市では電車の自動改札を通るときにICカードが使えますよね・・

そのICカードのJR西日本版であるICOCA(イコカ)が広島・岡山地区でも9月1日から利用可能になります。

広島・岡山地区では、今年になってから自動改札機が導入されましたが、最初からICカード対応のものを導入していたのです。

なお、JR西日本のICOCA(イコカ)はJR東日本のSuicaおよび近畿圏の私鉄・地下鉄・バスで使えるPiTaPaと互換性があります。つまり、東京でも使えるわけです。

ちなみに、利用エリアが区切られており、利用エリアを越えての乗車はできないことになっています。広島・岡山地区は2県にまたがっていますが、一つの利用エリアとなっています。あとは、京阪神エリア、首都圏エリア、仙台エリア、新潟エリアです。そのエリア内での乗降に使えます。

なお、ICOCAのパンフレットによると、広島都市圏でバスや路面電車に導入予定のICカードPASPYでも利用可能となっています・・ただ、時期は未定とのことです。

広島ではJRとバス・路面電車で違うICカードを使うことになったので、2枚持たないといけないのかと思っていたら、どうやらICOCAを持っていればバス・路面電車にも利用可能になる予定のようです。ただ、違う規格のカードを導入することが決まっているので、本当に利用可能になるのか気になるところでもあります。

kensan156m at 23:55|PermalinkTrackBack(0)