10年前

2009年07月20日

10年前のPCでDVD再生

少し前に購入した、ツライチUSB2.0カード・・特に動作に問題が無かったので、家の現役のパソコンでUSB1.1の端子しかない、父のPCと弟のPC用にも購入して取り付けました。

そして、ふと思ったのが・・これに外付けDVDドライブを取り付けて、DVD再生ソフトを入れたら・・DVDの再生ができるのではないかと・・

ただ、父のPCも弟のPCもWindows98SEからWindows XPへアップグレードしたパソコン、性能はCPUがペンティアム2ベースのセレロン433MHz(0.433GHz)、グラフィックスがATI Mobility-M・・VRAMは僅か4MB・・メインメモリも256MB・・システムバス(今ではFSBと呼ぶようだが)は66MHzで、100MHzや133MHzのパソコンより、データの転送速度も劣る・・そんなパソコンです。

現在販売されているDVD再生ソフトは、Win DVDでもPower DVDでも、ペンティアム3の800MHz以上や866MHz以上を要求しており、グラフィックスにも一定の性能を要求している・・これらの新しいソフトをインストールしても正常に再生することは期待できない・・

続きを読む

kensan156m at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)