試験湛水

2012年01月15日

久しぶりにダムへ行きました

広島県竹原市に建設していた仁賀ダムが、最終段階の試験・・試験湛水をしていました

先日、最高水位(サーチャージ水位)に到達し、今日まで最高水位を保っているというので、見に行きました・・

ダムだけの目的ででかけるのは、久しぶりです・・・

下流側から見た仁賀ダム・・

仁賀ダム

いわゆる、オリフィスによる自然洪水調整するゲートレスのダムです。

水位が最高水位になっているので、少しずつ水が越流して流れています。

集水面積が10平方キロ少しなので、川は小さい・・それで、ダムを越える水も少量です・・

非常用洪水吐から越流中

水の量が少なくても、水紋はできています・・・

仁賀ダムは、洪水調整と農業用水の確保という多目的ダムです。

日曜日だったので、詳しい話とか聞けなかったのですが・・・ダムの説明は各所にある看板に書いてあったので、概ね分かりました。

どちらかというと、小さなダムになると思います・・・ダム自体は大きさがありますが、貯水量が300万立方mより少ないので、広島県の他のダムと比較すると小規模な方になると思います。

ダムを作るきっかけが、洪水や渇水により竹原市が大きな被害を受けたことだったそうです。

普段は、下の方から常時少しずつ水を流すと思いますが・・そこに小型の発電機を入れたら、少しは発電できると思うけど・・発電機入れてるのかな???
水力発電するようになっているかどうかは分からなかったです。


広島県の某ダムは、ダムの目的に発電は入ってないけど・・ちゃんと発電機を入れていて・・管理所やダムが使う電力を自前で発電するシステムになっていました。

全国的に電力不足ですが・・小さな水車の発電機でも各所に設置すれば・・発電する余地はかなりあると言われています。

小水力発電と呼びますが・・再生可能エネルギーで注目される一つの発電方法です。

いずれ、地下資源は枯渇します・・となれば、再生可能エネルギーへ移行する準備は早めにしておくのがよいのではと感じます・・

kensan156m at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月04日

速報

ダム建設の最終段階に試験湛水(しけんたんすい)と呼ばれるテストが行われます。

これはダムの最高水位まで水を貯め、ダムへの影響、まわりの地層などへの影響を調べ、設計通りの範囲内か確認し、ダムの安全性を実際に確認するテストです。

広島県中部・・東広島市の福富町に建設され、試験湛水を行っていた福富ダムですが、想定外の渇水にみまわれ、6月に入っても最高水位に達しません・・あと20cmと・・最高水位までのこり僅かでしたが・・

6月からは梅雨の時期に入り、台風の襲来も予想されます・・この時期を洪水期と定めています。

試験中でも福富ダムに最高水位寸前まで水が貯まっていると、洪水が発生した場合、ダムがあるのに、すぐに、最高水位を超え、入ってきた水量をそのまま下流に流さざるを得ません・・

それで、本日より、通常の水位へ下げる操作を行い、水位を下げることになりました・・・最高水位から放流される姿はお預けとなりました。

予定では、福富ダムで定める洪水期までに通常の水位(最高水位より8m下)にして、洪水調整用のダムに開けてある穴(オリフィス)を塞いでいる仮のゲートを外して、試験中ながら洪水調整ができるようにするそうです。

なお、最高水位から20cm程度まで水を貯めましたが・・これで試験は合格とするか、やはり最高水位まで再度ためるべきかは、関係機関と協議し決めるとのことです・・

その場で、やはり最高水位まで貯める試験は本当に最高水位まで貯めるべきだということになれば、洪水期を過ぎる10月半ば以後、再度水位を上げて、早ければ11月中に、遅くても来年の2月には最高水位に達するとのことです。

kensan156m at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)