地デジ

2010年06月04日

自作PC・・地デジの録画が・・

自作PC・・すでに普通に使っていますが・・同時に問題が起きないかのテストも継続して行っています。

そして、このPCにはフルセグの地デジチューナーを内蔵していて、地デジの番組をハイビジョンで見ることができるだけでなく、録画やDVD・ブルーレイへのダビング&ムーブもできるようにしてあります・・

ところが、数日前から、録画しても、録画したファイルのリストに表示されなくなっていました・・

しかも、録画した番組のリストに表示されている物をディスクにダビングしようとしても、ファイルが無いと表示されて、ダビングもできません(汗)

こういう場合、メーカーに問い合わせたら・・再インストールするように言われることが多いはずです・・

ところが、地デジの録画データは暗号化されており、ソフトを再インストールすると、データは残っていても、二度と再生もダビングもできなくなります。

それで、いろいろ考えた末、すでにダビングができなくなっているので、ファイルが使えなくなってもいいと割り切り、上書きインストールという方法をしました・・

これは、ソフトを削除することなく、同じバージョンの物をインストールすること、ソフトのファイルで壊れている物があれば、正常な物に上書きされます・・ソフトによっては、逆にうまく動かなくなるので、あまりよい方法ではありません。

ところが、これをしたら、ダビングができるようになり、録画もできるようになりました・・

考えずにサポートに電話やメールをして対処方法を聞けば・・リストに出ていた番組も全て失うところでした・・・(汗)

kensan156m at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月21日

地デジ化・・家は遅れています

あと、1年少しでテレビ放送のアナログの電波が止まることになっていますが・・

家の地デジ化は遅れています・・まだ、正式に対応したテレビはないです。

もともと、国策でテレビを買い換えさせるという方法に家族が納得いかず・・また、初期はテレビ受信機の値段が高かったので、様子見となりました・・

しかし、一昨年、弟が地デジ対応の液晶ハイビジョンテレビを導入・・お店で見るときは、じっくり時間をかけて見るような雰囲気ではないので、ハイビジョンの良さがなかなか分からなかったのですが・・弟の家のハイビジョンテレビを見て驚いた・・

ちょうど、サッカーの試合を映していたけど・・アナログテレビなら、広い範囲を映せば、選手は豆粒のように小さくなり、背番号も判別できません・・ところが、ハイビジョンテレビだと、アナログテレビより細かい所まで見えることがはっきり分かりました。


続きを読む

kensan156m at 23:26|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2009年08月08日

録画データが冥王星の彼方へ・・・(涙)

今まで、私が購入したパソコン用地デジチューナーは試験的に使うだけと割り切っていましたが・・地デジのソフトが安定してきたので・・本格的に録画に使いだしていました・・

当初は、DVDへムーブすると画質がかなり落ちること・・あるいは、長時間の番組だと、長時間モードにしてもムーブに失敗するという点が弱点だと思っていましたが・・

外付けブルーレイドライブを導入したので、ブルーレイにムーブした物の画質は非常によく、また長時間(1層式で約180分)の記録ができるので、一気に問題は解決したかに見えました・・

しかし、少し前に、ファイル一覧にのっている録画データを再生しようとしたら再生できない、それでムーブしようとしたら、データが無いと表示される・・

メーカーに問い合わせると、地デジのソフトを一度削除して、再インストールしてみてくださいと言われました・・削除しても著作権保護のデータは残るので、解決できるはずだと・・・それで、指示された手順で削除し、もう一度インストールしたら、確かに、再生もできるし、ムーブも可能になった・・

ところが、先日、真っ青になるようなことが起きてしまった・・・ファイル一覧を表示させても、何も表示されていないというトラブルが起きたのです・・

ハードディスクを覗いてみると、暗号化されたデータはある・・なんとか復旧できないかと、メーカーに問い合わせると・・

この場合、地デジのソフトが、ハードディスクが別のパソコンに接続されたと認識しているケースだと言われた・・・ちょっと待った・・同じパソコンだし、データの1/3は内蔵ハードディスクに存在している・・

すると、内蔵ハードディスクでも、他のパソコンに付け替えられる可能性があるので、ソフトが何らかの理由で、違うパソコンに取り付けられたと誤認している・・解決策は、とりあえず、ソフトを削除して再インストールしてみるくらいしかない・・それで、復旧しなければ、解決策は無いと言う・・

パソコンのパーツを交換したりすると、違うパソコンだと認識する場合がある・・また、パーツを交換しなくてもWindowsに何らかの変化があったり、環境に変更が加えられたら別のパソコンと認識する場合があるという・・

となると、Windowsの更新やソフトのインストールが影響することがあるのかと聞いてみると、基本的に影響は受けないようにしているのだが、実際には影響を受ける可能性はあると・・私のパソコンで起きている状態は、実は他の方からも報告がある・・しかし、全体から見れば、報告は少な目なので、お客様のパソコンの環境に原因があり、ソフトの不具合ではないので、メーカーが対応する予定はないと答えることになっているそうだ・・

なぜ、パソコンだと、こういう現象が起きるのか・・それは、地デジのデータを扱うにあたって、パソコンが最も厳しい条件が求められており、同じパソコンかどうかの検証も厳密に行うので、同じパソコンであっても何か違ったら、違うパソコンと認識して、データが使えなくなるという・・


となると、店頭に地デジチューナーが最初から内蔵されているパソコンがあるけど・・そういった物も同じ条件なのかと聞けば、同じだという、他社製の物がどうなっているかは何とも言えないが・・OSを再インストールするはめになると、データは別の所に保存してあっても使えなくなることは同じだと・・・




結局、復旧作業はやはり成功せず、ハードディスクの暗号化された録画データは削除して、一度、地デジ関係のソフトは全て削除した上で、一から入れ直しました・・
ワンセグチューナーのソフトや、アナログの映像をキャプチャするソフトが入っているとバッティングするので、そういったソフトは削除して欲しいということだったが、そういったソフトは最初から入れてないので、普通にインストールして、アップデータを適用した・・

女子バレーの試合を見てみたが・・正常に動作しているようだ・・手動で、2回ほど録画してみたが、ファイル一覧に出るし、再生もできた・・

何がきっかけで、再生できなくなるか、検証するつもりです・・それで、しばらく、いろんなテストを行うつもりです・・もし、それで不具合が出なければ、再び録画機としても使うことになると思います。

kensan156m at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月11日

高画質モードを試すと

この前の記事で、パソコン用地デジチューナーからハードディスクに録画していた番組をDVDへムーブした場合、あまり画質がよくないと書きました・・
しかし、いつも設定で自動を選んでムーブしていて、高画質モードを選んだことはなかった・・

それで、30分の番組を高画質の設定でDVDへムーブしてみました・・

すると、いつもより、格段にきれいに記録されていました・・

ただ、30分の番組なのに、ディスクのかなりの容量を使っているように見える(汗)

高画質モードだと1枚のディスクに保存できる時間は120分より短くなると思うけど・・どれくらいの時間まで記録できるかは分からないのです・・

それは、放送の映像の内容によって・・圧縮率を随時変化させているためです・・空が大半の映像は、圧縮率を上げても問題ない・・一方、細かな模様が入っているような映像は、あまり圧縮できない・・これを、常に同じ圧縮率で記録するのは空が大半の映像ではムダになるし、細かな模様が入っている映像では圧縮の副作用が出てしまいます・・

それで、どんな映像なのかによって・・DVDに記録できる時間が変わるのです・・

実際に、録画用のDVDディスクにも約120分と書いてあります・・標準的な映像なら120分だけど、映像の内容により時間が変わるし、長時間モードにすれば、120分より長くなる・・高画質モードにすれば、短くなる・・・というわけです。

なお、最初からSD画質(ハイビジョン画質ではなく通常の画質)で録画している場合、それ以上の画質にはならないのでご用心です・・特に、最初から長時間モードで録画していると、高画質モードでムーブしても画質はよくならないので要注意です。

kensan156m at 16:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年07月10日

地デジの通常画質は

私は昨年、家のあたりの電波の状況を調べることを目的にパソコン用地デジチューナーを購入しました・・

パソコン用地デジチューナーも今では私の物と同じ物が・・当時の半額くらいで販売されています(苦笑)・・ここ1年内に販売されたパソコンの多くで使えるのではないかと思います・・最近のパソコンは3年前に比べて格段に性能が向上しているので・・(汗)

3年前くらいだと、ハイビジョンを表示できるパソコンは限られていました・・(苦笑)

そのチューナーは単に視聴できるだけでけでなく、ハードディスクに録画できて、さらにDVDへのムーブも可能になっていました・・ダビング10にも途中から対応・・さらに、当初はDVDへのムーブしかできませんでしたが、最近になってブルーレイへのムーブもできるようになっています(ブルーレイへムーブする場合、パソコン用のムーブ対応ブルーレイドライブが必要だけど)・・

店頭で販売されている録画用DVDディスク、1層式で概ね120分録画できると書いてあります・・・そのディスクへムーブすると、普通の最初から映像が入ったDVDより画質が荒いのです・・

そのことを詳しい方へ聞いたら、実は最初から映像が入っているDVDと地デジからムーブするDVDでは圧縮率が異なり、地デジからムーブする場合の方が圧縮率が高いと・・

確かに、最初から映像が入っているDVDを購入すれば分かるけど、2時間程度の映像だと2層式ディスクが使われている・・

店頭で、地デジのDVDレコーダーとブルーレイレコーダーを並べて、同じ大画面テレビで同じ映像を映していたけど・・離れていても画質の違いが顕著に分かる・・やはり、地デジからDVDへムーブした物は荒い・・・

ただ、パソコン用の地デジのソフトの場合ムーブするときの画質を選べるようになっており、高画質を選ぶとどうなるか、テストしてみる価値はあると思っています(まだテストしていません)・・恐らく、高画質を選ぶと120分より短い時間しか記録できないと思うけど・・

逆に2時間より長い番組は、ディスクが120分なので、標準では時間が足らない・・それで、長時間モードにしてムーブしたら・・ブロックノイズなどが思いっきり出るので、この画質なら、まだVHSビデオの標準モードの方がきれいです(汗)

なお、DVDレコーダーなら2層式ディスクを使い、録画時間を長くできますが・・私が使っているパソコン用地デジチューナーは2層式があるDVD-Rへのムーブができないので、使うことができません・・

それで、メーカーに要望を伝えておきました・・DVD-Rと2層式DVD-Rにも対応して欲しいと(苦笑)

そういえば、ブルーレイドライブを取り付けてもムーブできるのはBD-REという種類のディスクのみ・・これはDVD-RWに相当する物で、データや映像がいらなくなれば、消去の操作をすれば再利用できるディスクですが・・値段がBD-R(DVD-Rのように一度しか書き込めないディスク)より高めだと感じます。

ちなみに、ブルーレイの場合BD-RもBD-REも2層式があり、メーカーに聞いてみると地デジチューナーのソフトを使ってムーブする場合、2層式も使えるという回答でした・・

ブルーレイだとハイビジョン画質のまま、1層式ディスクでも地デジなら約180分の記録が可能・・2層式ならその2倍です・・ただ、BSやCSデジタル放送を録画した物をムーブする場合、記録時間が短くなります・・

これは同じハイビジョンといっても、地デジの方が衛星の物より少し解像度が落としてあるのが原因です・・従来のアナログ放送の1チャンネル分でハイビジョン放送をするので、電波の帯域の制限から、こうなったと聞いています・・

ということで、外付けブルーレイドライブを・・・以後自粛・・・

kensan156m at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月16日

地デジをDVDに録画(ムーブ)する場合

昨年の春だったかな・・パソコン用地デジチューナーを購入したのは・・

それ以後、一部の番組に限定していますが、パソコン用地デジチューナーを使って視聴し、ハードディスクへ録画もしています。

ただ、容量の大きなハードディスクを用意しても、ハイビジョン画質で録画していたら、意外と早く残り容量が減ってきます。
そこから、通常の光ディスクへ録画(ムーブ)する場合、ブルーレイディスクへ行うと画質を落とさずにできるので理想的ですが・・現在はDVDドライブしか用意していないので、DVDへムーブしています。

続きを読む

kensan156m at 23:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年02月23日

地デジテレビ・・価格低下の兆しか?

徐々に価格が下がっていた地デジ対応テレビ・・・ついに32インチで5万円を切るモデルが出た。

参考記事

このように価格を大幅に下げて、他社のシェアを奪う商品を戦略商品と呼ぶ場合があります・・・まさに、価格面では戦略商品だと感じます。

一時期1インチ1万円と言われた時期もあっただけに、この価格は衝撃的です。なにしろ、これより小さい一人部屋用の20インチ程度の地デジテレビが5〜6万円で販売されているくらいですから・・・

画質にうるさい方は、能書きを見て・・フルスペックハイビジョンではない(解像度が1920×1080あるとフルスペックハイビジョンと呼ぶそうです)・・あるいは、液晶のコントラスト比などにも突っ込みがあるのかもしれませんが、一般庶民にはそれは関係ない話・・・一般庶民にとっては地デジテレビへの買い換え自体が頭の痛い問題です・・・とにかく、地デジが映る液晶テレビが安価でと考えていたはずです。

こんな値段で発売されたら、高値で販売している他のメーカーは、対抗策に出ないといけないでしょう・・・つまり、地デジテレビの価格低下に一石を投じたテレビと感じます。

CDプレーヤーも登場したときは20万円くらいで販売されていました・・それを初めて10万円を切るモデルとか・・その後は5万円を切るモデル・・と機能を少なめにして価格を武器とした戦略モデルを投入して、CDプレーヤーの価格を安価にする道を開いたのです。

今では、相当なマニアでもない限り10万円出してCDプレーヤーを買う人はいないでしょう・・・だいたいDVDプレーヤーが1万円前後で販売されている状況ですから・・・

地デジのテレビも、いずれ、今のアナログテレビ並み・・いや、それより安価な物が普通になってくるかもしれません・・・

同時に期待したいのは録画機の価格低下です・・まだ、戦略モデルと呼べる機種は少ないですね・・・ビデオデッキが1万円前後まで値下がりしていますが、これも登場当時は20万円くらいしていました・・・地デジの録画機も、同じ道をたどって欲しいと願います。

kensan156m at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月07日

地デジの受信機が値下がりしているけど

最近、電機店の売り場の地デジのテレビ・・以前と比べて安くなってきたと感じます。
特に30〜40インチあたりの受信機は少し前より5万円ほど安価になっていると聞いています。かつては1インチあたり1万円なんて時代もありましたが、今では42インチで20万円を切る物が多くなっている・・

では、一人部屋用はどうかといえば、国内メーカーでも特価で5万円くらいで出ることがあるようです。
しかし、アナログのテレビの値段からすれば、まだ高い・・もっと、安価に地デジを見る方法はないかといえば・・・あるのはあります。

最近のパソコンを使われている方なら、PCショップで地デジチューナーを購入するというのも一つの手です、1万3千円くらいで販売されています。

CPUがデュアルコアであれば、チップセット内蔵グラフィックでも、新しい物であれば対応可能と思われます。特に、新しいパソコンでは、チップセット内蔵グラフィックでもハイビジョンのデコードに対応している物が増えているので・・・

私は、バッファロー製のUSB外付けの物を使っていますが、もし、PCの負担が重たければ、ハイビジョン画質から通常画質(DVD並)に落とすと、シングルコアのセレロンMの1.5GHzでも、なんとか表示できますし、録画もできました。

ちなみに、グラフィック回路・・つまり、グラフィックチップ(GPU)もしくは、チップセット内蔵グラフィックに、ハイビジョンのデコードを行う動画支援機能が搭載されている場合、CPUはあまり使われていません。

ハイビジョンの地デジ放送を表示させているときのCPU使用率これは、地デジのハイビジョン放送を見ながらハードディスクに録画しているときのCPU使用率ですが、概ね20%以内です。グラフィックチップ(GPU)がハイビジョンのデコード可能な物だったから、CPUよりグラフィックチップ(GPU)が処理を行っているわけです。

さすがにパソコンの画面は小さいですが・・一人部屋用の地デジ対応テレビ&録画機を買うことを考えれば、一人部屋用はパソコンで対応するのも一つの手かもしれません。

ただ、性能的にOKでも、著作権保護の機能が付いていないと使えません・・それをテストするプログラムはバッファローのサイトにあります。

テストプログラムがあるページ

これで、著作権保護がOKか分かるし、自分のパソコンの性能でも視聴できるか、概ね分かるようになっています。

ただ、パソコン用のチューナーの弱点は、録画予約していても、パソコンの電源を切っていたら、録画されないこと(苦笑)・・・これだけは、普通の録画機の方が使いやすいと思います(苦笑)

また、画質重視の方は、やはり、パソコンを流用するより、ハイビジョン表示できる地デジテレビと、録画機の組み合わせを選ぶ方がよいと思います。

フルスペックハイビジョンを表示させるには多くのパソコンが採用している1280×800ピクセルの画面では無理ですから・・(苦笑)

kensan156m at 11:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月28日

パソコン用外付け地デジチューナー

バッファロー製パソコン用地デジチューナー5月になり、今まで著作権などの問題で実現していなかった、パソコン用の地デジチューナーがいっせいに発売されました。
それ以前は、最初から地デジチューナーが搭載されているパソコンを購入しないとパソコンで通常の地デジを見る方法は無かったのですが・・やっと解禁になりました。(もっとも、ワンセグなら見ることはできましたけどね)

これは、地デジの信号を流すにあたって、高度な暗号化を求められていたのですが・・あまり暗号化が高度だと、高性能なパソコンでしか暗号を解読できず、製品化が困難だったのです。それが、暗号化を各社の独自方式でよいという方針になったので、このようにあとから地デジの機能を追加できるようになったのです。

多くの製品はデスクトップタイプパソコンに地デジチューナーカードを内蔵するタイプですが、USB端子に接続する外付けタイプも商品化されています。

私が購入したバッファロー製のチューナー(写真参考)もUSBタイプの一つです・・つまり、ノートパソコンでも地デジの機能を増設できるのです。お値段も2万円を切っており、地デジのテレビを購入することを考えると非常に安価です。


続きを読む

kensan156m at 17:39|PermalinkTrackBack(0)