可聴帯域越え

2010年08月08日

聞こえないはずなのに聞こえる人がいるのは何故??

最近、モスキート音という音が話題になることがあります・・(モスキートノイズと呼ぶ人もいますが、モスキートノイズには別の意味もあるので、モスキート音とします)

これは、若い人には聞こえるけど、大人には聞こえない音と定義されていて・・概ね17KHz以上から可聴帯域上限の20KHzまでの音のことのようです。

ただ、聴力には個人差があるので、若くても聞こえない人もいれば、大人でも聞こえる人もいます。

そこで、よくモスキート音を話題にしているサイトやブログでは、音を試聴できるようにしてあり、概ね15KHzくらいから1KHz刻みで18KHzや19KHzまでの音が用意されています。

ただ、これが聞こえなくても、耳が原因ではないことも多々あります・・パソコンに付いている小さなアナログ回路で高音まで出すのは難しい場合もあるし、ノートパソコンのスピーカーは良い物を使っているといっても、おまけで付いてるようなスピーカーが大半で、20KHzまで再生できない物が多いと考えられること・・ヘッドフォンを使っても、若者がよく使う小さなヘッドフォンではうまく再生できないというケースが考えられます。

昨夜、あちこちのサイトで試聴していましたが・・・

ふと、本当に音が出ているのか・・という疑問を持ち・・周波数解析してみました。

モスキート音19KHzこれは19KHzの所に置いてあった音源を解析した物・・

確かに19KHzにピークがある音が入っています・・

つまり、高音まで十分出せる機器を使えば、これは何らかの音が出るはずです・・

19KHzということで、一応、大人は聞こえず、若者だけが聞こえると言われる音になります・・


続きを読む

kensan156m at 23:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)