パソコン用

2009年07月11日

高画質モードを試すと

この前の記事で、パソコン用地デジチューナーからハードディスクに録画していた番組をDVDへムーブした場合、あまり画質がよくないと書きました・・
しかし、いつも設定で自動を選んでムーブしていて、高画質モードを選んだことはなかった・・

それで、30分の番組を高画質の設定でDVDへムーブしてみました・・

すると、いつもより、格段にきれいに記録されていました・・

ただ、30分の番組なのに、ディスクのかなりの容量を使っているように見える(汗)

高画質モードだと1枚のディスクに保存できる時間は120分より短くなると思うけど・・どれくらいの時間まで記録できるかは分からないのです・・

それは、放送の映像の内容によって・・圧縮率を随時変化させているためです・・空が大半の映像は、圧縮率を上げても問題ない・・一方、細かな模様が入っているような映像は、あまり圧縮できない・・これを、常に同じ圧縮率で記録するのは空が大半の映像ではムダになるし、細かな模様が入っている映像では圧縮の副作用が出てしまいます・・

それで、どんな映像なのかによって・・DVDに記録できる時間が変わるのです・・

実際に、録画用のDVDディスクにも約120分と書いてあります・・標準的な映像なら120分だけど、映像の内容により時間が変わるし、長時間モードにすれば、120分より長くなる・・高画質モードにすれば、短くなる・・・というわけです。

なお、最初からSD画質(ハイビジョン画質ではなく通常の画質)で録画している場合、それ以上の画質にはならないのでご用心です・・特に、最初から長時間モードで録画していると、高画質モードでムーブしても画質はよくならないので要注意です。

kensan156m at 16:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月28日

パソコン用外付け地デジチューナー

バッファロー製パソコン用地デジチューナー5月になり、今まで著作権などの問題で実現していなかった、パソコン用の地デジチューナーがいっせいに発売されました。
それ以前は、最初から地デジチューナーが搭載されているパソコンを購入しないとパソコンで通常の地デジを見る方法は無かったのですが・・やっと解禁になりました。(もっとも、ワンセグなら見ることはできましたけどね)

これは、地デジの信号を流すにあたって、高度な暗号化を求められていたのですが・・あまり暗号化が高度だと、高性能なパソコンでしか暗号を解読できず、製品化が困難だったのです。それが、暗号化を各社の独自方式でよいという方針になったので、このようにあとから地デジの機能を追加できるようになったのです。

多くの製品はデスクトップタイプパソコンに地デジチューナーカードを内蔵するタイプですが、USB端子に接続する外付けタイプも商品化されています。

私が購入したバッファロー製のチューナー(写真参考)もUSBタイプの一つです・・つまり、ノートパソコンでも地デジの機能を増設できるのです。お値段も2万円を切っており、地デジのテレビを購入することを考えると非常に安価です。


続きを読む

kensan156m at 17:39|PermalinkTrackBack(0)