ノートパソコン

2009年07月15日

暑い季節・・パソコンの過熱にご用心・・・

夜になっても暑い日が続くようになりました・・この季節、パソコンにも厳しい季節です。

パソコンは、高温にも低温にも弱いのですが・・夏場・・暑い状態で連続稼働させていたら、内部は相当高温になります。

デスクトップパソコンなら箱の容積も広く、大型の冷却ファンを取り付けて空気をまんべんなく通して冷却できますが・・・ノートパソコンは大きさに制約があるので、中には冷却が苦手な機種もあります。特に、空気取り入れ口の穴が少ないタイプの物は要注意です。また、冷却ファンが小さい物も要注意・・


続きを読む

kensan156m at 18:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月06日

中古PCの再改造

傷が入ったディスク先日、改造して、新古品のDVDマルチドライブを取り付けた中古PCですが・・

DVDマルチドライブが不調になりました・・そして、ディスクを見ると・・オーマイガー・・・こんなに傷が入っている・・

ドライブ内部に堅いとがった部分が初期不良で出ていたようです・・しかもDVD-RAMには、書き込めたり、書き込めないなど、明らかに初期不良と考えられるので、ドライブを取り外し中古PCショップへ返品しました・・

とりあえず、元のドライブを付けていましたが、これも、取り出しの操作をしてもトレイが出てこないことが多々ある・・また、コンボドライブなのでDVDへの書き込み機能は最初から装備されていません・・

そこで、パーツショップで、新品のDVDマルチドライブを入手しました・・意外と安かったので驚いた・・


続きを読む

kensan156m at 19:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年05月28日

中古PCの改造

日立GST製ハードディスク先日購入した中古PC・・ハードディスクのパフォーマンスに問題があり速度が出ないことが判明していました。

それで、ハードディスクの取り替えの改造を行いました・・なお、改造自体は少し前に行ったことなので、事後レポートとなります。

新しく装着するハードディスクは日立GST製をチョイス・・中古PCなのでIDE接続です・・最近はIDE接続タイプの品数が減っていますが、ノートPC用はまだ品数が豊富です・・日立GST製を選んだのは、今までこのディスクを使って改造したことが2回あり、扱いに慣れている・・シークタイムやデータ転送速度が速いことが採用の理由です。同時に、信頼性も勘案しました。

回転数は5400rpm、容量は80GB、プラッタは1枚です。初期搭載のハードディスクは回転数4200rpm、容量は40GBなので、容量は倍増します。

続きを読む

kensan156m at 23:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)