2010年08月09日

熱中症

さきほど、ちょっとテレビを見ていたら病院に熱中症の患者が搬送され、医師が対応している場面が放送されていました。

その現場は大変な状況だとすぐに分かりました・・搬送されてきても、結局亡くなる方もいるそうです・・

8月1日までに救急車で搬送された熱中症の患者は全国で2万人を超える・・

すごい数字だと思います・・若い人でも熱中症になる・・高齢者だけではない・・今年の夏は熱中症に相当警戒しておかないといけないです・・


しかし、けんさん、先日、軽い熱中症になっていました・・歩いて20分程度の所に用事があり、すぐに用件は終わると思い、普通に歩いて行きました・・

ところが、用件に時間がかかり、概ね1時間経過・・そこから歩いて帰ります・・すぐに終わると思っていたので、水分を持っていません・・

帰りは坂を歩いて登ります・・徐々にふらふらしてきて、しびれを感じるようになり・・これはやばいのか??と感じた時には家に着いていました。

帰って、すぐに大量の水分をとりました・・そして、自分の部屋のエアコンをいつもよりかなり設定温度を下げて動かし、扇風機で風を当てる措置を・・

体温を測ると、38度・・・・でも、1時間くらいすると、下がってきたので、その後、普通にいつもどおりにしていたのですが・・

もし、体温が下がらず、上がっていくと、意識がはっきりしなくなるので、助けを求められない・・そのまま重症になっていた危険もあります・・

38度を超えているのを確認したら、病院に搬送してもらって処置をしてもらった方がよかったのかなと・・・

今年の夏・・けんさんは、いつもより、体調を崩しています。それゆえ、今までは、あまり警戒していなかった熱中症にも警戒しないといけないと反省しています。

kensan156m at 23:55│Comments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はやぶさ いさむ。♪   2010年08月15日 10:27
5 わたしも熱中症になりました。

今年の夏に初めて熱中症になりました。
仕事をしていて「何かヘン」とバファリンを
飲みましたが効かなくて、七夕の日に早退して
病院に行くと血液採取して体温を調べたりして
すぐに結果が出て点滴となりました。

猛暑の日はスポーツドリンクがあると
良いそうですが、涼しくするのも必要です。
今年の夏は特に暑いので注意が必要ですよね。
2. Posted by けん   2010年08月15日 15:14
>はやぶさいさむさん
今年は暑いですから用心してください。

私も熱中症になったのは今年が初めてです・・といっても、私の場合は軽度の熱中症だとあとでお医者さんに言われました・・その時には、すでに治っていました。

しかし、熱中症は恐ろしいものです・・体温の調節ができなくなり、42度くらいの高熱になり、意識を失ったり、心肺停止になった状態で搬送されてくる患者さんもいると聞いています。

体温が41度くらいになると、早く体温を下げないと、体内の臓器に影響が出ます・・また、筋肉が溶けてしまう場合もあります・・そういった場合、体温が戻って意識が回復しても、障害が残ることがあります・・

熱中症予防には、水分・・それも、仰るように塩分などのミネラルが含まれたスポーツドリンクを飲むこと、炎天下で長時間無理をしないこと・・屋外で作業をしないと行けない場合、休憩を入れて水分を補給することが重要らしいです。

今では、スポーツ少年団でも、子どもに10〜15分おきに水分をとらせるそうです・・・昔は、運動をするときは水をとってはいけないなんて言われていたけどね・・そんなことしていたら熱中症になってしまうわけです。

なお、今年の熱中症の特徴に室内でなる方が多いことがあります。室内でも気温が30度以上、湿度が高い場合、29度以上あると、熱中症になる危険があります・・室内でも油断大敵なので、用心してください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔