2009年07月15日

暑い季節・・パソコンの過熱にご用心・・・

夜になっても暑い日が続くようになりました・・この季節、パソコンにも厳しい季節です。

パソコンは、高温にも低温にも弱いのですが・・夏場・・暑い状態で連続稼働させていたら、内部は相当高温になります。

デスクトップパソコンなら箱の容積も広く、大型の冷却ファンを取り付けて空気をまんべんなく通して冷却できますが・・・ノートパソコンは大きさに制約があるので、中には冷却が苦手な機種もあります。特に、空気取り入れ口の穴が少ないタイプの物は要注意です。また、冷却ファンが小さい物も要注意・・




先日、親父のPCでセキュリティソフトを使い全ファイルのスキャンを行ったのですが・・セレロン433MHzだと普通のセキュリティソフトを使う場合・・・10時間くらいかかることを覚悟しないといけません・・それで、寝ている間にスキャンさせようと寝る前からスキャンの状態に入ったけど・・CPUの性能が低い=CPUのパワーを最大限まで使わざるを得ません。

熱帯夜の日だったので・・途中でパソコンの様子を見に行くと、なんと底面はさわれないほど熱くなっている・・当然、内部はもっと高温になっている・・この状態では寿命が縮む、下手をすれば過熱による故障も想定される・・それに、そのパソコンの冷却ファンは小さく・・あまり効率がよくない・・

それで、パソコンの底に・・自分が使っている冷却グッズの冷却用の台を置いて、その上にパソコンを置きました・・底面は概ね常温まで温度が下がりました・・間接的に内部の温度も下がるはずです。

冷却用の台・・閉じた状態今、私が使っている冷却用の台は、このような物です・・
写真は奥へ引き出せる部分を収めた状態・・持ち運びが楽なようになっています・・といっても、持ち運びはしないと思うけど・・後ろのコードは外せます。

本体はアルミの金属製・・お値段は3千円〜4千円くらいの物です・・以前、プラスチック製の物を使っていましたが、造りが良くなくて、1〜2ヶ月くらいで引き出せる部分のコードが硬化して断線してしまうというトラブルが起き、もう一つ同じ物を買い直したけど、やはり同じ症状に遭遇・・せっかく3つあるファンも1つしか回らなくなりました。そんな物でも、3千円くらいしたのです(苦笑)

冷却用の台・・引き出した状態現在使っている台の引き出せる部分を引き出した様子・・3つのファンで底面に空気を当て、底面から冷却します。
造りはしっかりしており、1年使っていますが断線は起きていません・・また、手前に送風する風の調整ができるつまみがあり、暑い日は風量を増やして、それほどでもない時は風量を少な目にします。

電源は、パソコンのUSBポートから供給します。USBポートが一つふさがりますが・・普段はUSBポートが2つ空いているので問題は無いです。

冷却用の台によってはUSBハブ機能を持っている物もあるので、USBポートが少ない場合、そういった品を使うのも一つの手です・・

こういった台は、ノートパソコンの底面に風を当てて冷却する仕組みなので、底面に冷却用の小さな穴がいくつも空いているパソコンでは直接内部を冷やせるので、高い効果が期待できます。

冷却台の上にメインPCを置いた状態台の上にメインPCを置いた状態・・大きさはぴったりです・・ただ、メインPCはモバイルPCなので、普通のパソコンより一回り小さいです。15.4インチワイド画面のノートパソコンや、最近増えている17インチワイド画面のノートパソコンだと、はみ出してしまいます。

そういう大きめのノートPCには大きめの冷却用の台が販売されています・・物によっては1万円近くもするので、パソコン内蔵のファンが大きく冷却効率のよいノートパソコンの場合、冷却用の台を使わなくても過熱しない物もあります・・暑い日に連続でパソコンを使い、底面がどれくらい熱をもっているかで、概ね冷却効率のよいパソコンか悪いパソコンか分かります。
冷却の効率が良い場合は、こういった台は使わなくても大丈夫でしょう・・もし、底面がかなり熱くなっている場合は冷却効率が悪いパソコンです・・そのままでは寿命が縮むので、こういった冷却グッズを使うのも一つの手です。

最近のノートパソコンは、地デジチューナーを最初から内蔵した品や、ブルーレイドライブを搭載し、ブルーレイを見ることができる品も増えていますが・・ハイビジョンを扱う場合、DVDの再生より処理が重たいのでCPUもグラフィックも結構発熱します・・そういうパソコンは過熱に要注意です。

あと、最近流行のミニノートパソコン・・小さいサイズに部品を詰め込んでいるので、冷却ファンも小型になってしまいます・・CPUが省電力型で数Wしか消費しなくても、結構熱を持ちます・・あまり熱を持つ場合は、パソコンをスタンバイや休止状態にして、休めた方が長持ちすると思います。


なお、デスクトップパソコンでも、冷却用の空気取り入れ口や冷却ファンから排気される所に何か物を置いていたら、設計通りに冷却できないので、ご用心です。

kensan156m at 18:29│Comments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by R−157   2009年07月15日 20:34
特別な台は用意していませんが、なるべく柔らかいものの上には置かないようにしています。

PCだけではなく、自分も夏ばてしてしまわないかが心配なのが、このシーズンですが・・・
2. Posted by けん   2009年07月15日 23:31
>R−157さん
一番いい対策は・・・パソコンだけ冷却するのではなく、部屋ごと適温にすることかもしれません(爆)

そうすれば、人も夏ばてしないと思うし(爆)

冷房を切った部屋で、冷却効率の悪いノートパソコンを長時間稼働させると、本当に底が触ると熱いというレベルまで本体が過熱します(汗)

あまり過熱すると、パソコンの安全装置が働いて、CPUのクロックを下げたりするので、処理能力も低下します・・また、半導体を含めパソコンを構成する部品は、過熱には弱いです・・

長く使うには、過熱しないように気をつけた方がいいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔