2014年06月

2014年06月19日

広島に導入される新型電車、公式発表

こんばんは・・・こちらでは、今年初めての投稿・・6ヶ月も間があいてしまいました。
m(_ _)m

今日の広島は晴れて、日差しが強い一日でした・

さて・・実は、広島のJRの電車・・国鉄からJRになってから、一度も新車が入っていません・・

それゆえ、中には、40年以上前に製造された車両も走っていて、車両の老朽化が目立っていました。

そこで、JR西日本が、広島地区に新型車両を投入する話が1年前くらいからあり・・

広島に入る車両は、関西で走っている車両を少し仕様を変えたものとか・・・いや、全くの新型車両だとか、いろいろ噂は出ていたのですが・・

本日、JR西日本から公式発表がありました・・・

227系近郊型直流電車


これによると、広島に投入される車両は、227系という新開発の車両で、広島の線路事情にあわせて・・2両編成と3両編成を製造・・

山陽本線でラッシュ時8両にするとか、可部線や呉線で、2両や3両編成で走るといった対応が容易にできるようになっています。

現在、山陽本線では4両編成が基本・・ラッシュ時は連結して8両にします。可部線は、4両、3両、2両ですが・・2両が多いです。呉線も可部線と同じく4両、3両、2両ですが、4両と3両が多いです。

となると、一部の2両編成は、連結したままで4両として使うのかなと邪推しています。

また、関西地区の近郊型電車は、223系だと時速130Km、225系だと時速120Kmと高速運転できますが・・


広島地区では、セノハチ間の勾配区間もあるし、カーブも多く、単線区間も多い・・つまり、あまりスピードが出せない事情があります・・それで、最高速度は110Kmと少しおさえてあります。

セノハチ間の坂を下るとき・・今までの電車だと抑速ブレーキというブレーキを使っていましたが、227系では、そのブレーキに回生ブレーキを使い、発電して架線に電気を戻すエコな設計となっています。


色は、広島を連想する色ということで、赤色の帯になるそうです。

安全装置などは、最新の物が搭載されます・・衝突時の強度も高めてあるようです。

公式発表では電車のイラストがありますが・・関西地区で活躍している225系のデザインに似ています。

真ん中に貫通扉があり、その両側に窓があるといったパーツの配置は、現在広島で活躍している115系とよく似ています。

今年度中に配備される予定とのことで、1年以内に、新しい電車の乗り心地を体感できそうです。



kensan156m at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鉄道関係