2013年09月

2013年09月16日

半月をすぎるとクレーターは写りにくい

こんばんは・・・台風が上陸して各地で被害が出ていて、東日本や近畿地方にいる知人たち・・大丈夫かな・・

広島は、風は強いものの・・晴れの一日になりました。

それで、月もきれいに輝いています。

半月をすぎており・・満月に近づいていってます。

クレーターは半月頃が一番写りやすく、それをすぎると、けんさんの写し方では写りにくくなります。

地球から見ると・・太陽と月の位置関係が変わるので・・あまり影ができないからです。

そんな、今日の月・・・

今日のお月様

クレーターは写りにくくなっていますが・・よくうさぎさんに例えられる月の模様はよく見えるようになってきます。

この部分が暗いのは、月が誕生して間もない頃、月で火山活動があり、色が黒い溶岩が流れ込んだので、他の部分より暗いと言われています。

kensan156m at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 気象・地学・天文関係 

2013年09月15日

先日、入手した安価な大容量モバイルバッテリー

先日に続いて、外出時に携帯機器やスマホなどを充電するモバイルバッテリーの話ですが・・・

実は、2週間ほど前に、特価で三千円台で販売されていた大容量バッテリーを買っていました。

容量は、なんと12000mAhもあると書いてあります。

安価な12000mAhもある大容量モバイルバッテリー

そして、iPhone等のスマホに6回充電可能と書いてある。









iPhone等のスマホに6回充電できると書いてある

前の記事にも書いたけど・・この何回充電可能かという数字は、充電する機器のバッテリーの容量で変わってきます。

けんさん、当初は、充電時のロスは2〜3割止まりだろうと思い・・自分のスマホの内蔵バッテリーが2000mAhだから、4回以上は充電可能だろうと思っていました。

しかし、3回と少ししか充電できない・・当初は、表記してある容量よりもっと小さいのではと疑ったものですが・・

実際には、半分くらいがロスすることが分かったので・・計算してみると3回充電可能・・・つまり、容量はちゃんと12000mAhあったわけです。

先日発売された最新のiPhoneのバッテリー容量はまだ知らないですが・・それ以前のiPhoneのバッテリー容量は1400mAh程度と、意外と小さかったのです。

それなら、6回もしくは5回と少しは充電できたかもしれませんね。

外出時に大容量のバッテリーがあると重宝します・・

iPhoneを含めたスマホ・・使い方によっては半日以下で充電が必要になるからね。

基本的には、同時期の製品なら4コア(クアッドコア)CPUの物など処理能力が高い物ほど、バッテリーが持続しません・・

といっても、待ち受けなら意外と持つはずです・・待ち受けの状態だったら、スマホの中の回路の多くの電源を切って、省電力の状態にするからです。

ところが、アプリなどを使ったり、ネットに接続すると、CPUが作動しないといけないし、回路のほとんどで電気を使います。

2コア(デュアルコア)より4コア(クアッドコア)の方が消費電力が多いのです・・それで、性能が高い物は使うとすぐにバッテリーが消耗するのです・・

パソコンと同じですね・・高性能なパソコンは消費電力も多い、性能が控えめのパソコンは、消費電力が少ない・・・

私のスマホは2コアですが・・遅いと感じたことはほとんど無いです・・かわりに、普段の利用状態で2日はバッテリーが持ちます。

kensan156m at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2013年09月14日

外出時に携帯やスマホへ充電するバッテリー

こんばんは・・・・

携帯が主流の時にも、外出時に携帯へ充電するバッテリーなどはありましたが・・

携帯より早くバッテリーが消耗するスマホの利用者が増えてくると、外出時にスマホに充電するバッテリーがいろいろ販売されるようになりました。

ただ、製品のパッケージに、スマホに2回充電可能とか、2回半可能といった書き方をしている製品が多いですが・

スマホの機種によって、内蔵バッテリーの容量が大きく違います・・概ね2000mAh前後の物が多いですが、最近では、3000mAh以上の大容量バッテリーを搭載した物もあります。

ということは、何回充電可能というのは、内蔵バッテリーがいくらのスマホで計測したものか・・これが重要になります。

以前からモバイルバッテリー(といっても子会社の三洋電機がエネループブランドで出していた物)を扱っているパナソニックのカタログを入手したので、そのあたりをよく調べて見ました。

パナソニックのカタログによると


このカタログに掲載されているより新しい製品が出ているかもですが・・

パナソニックは、一番大きい物が容量10260mAH・・次が8700mAh、次が5800mAh・・そして、2900mAh・・それより小さい容量の物もあるけど・・概ねこの4つがメインと感じます。

大きい方からスマホへの充電回数を4回、3.5回、2.5回、1回としています。

それで下の方に小さい字で書いてある欄を見ていると・・スマホのバッテリーの容量は1400mAhとして回数を出しているとのこと・・・

となれば、10260mAhで4回できる・・つまり1400mAh×4回=5600mAhです・・

つまり、ほぼ半分は充電する時にロスになることが分かります。

けんさんのスマホが2000mAhですから、10260mAhのバッテリーでは、2回半充電できると計算できます。

大容量の3000mAhの内蔵バッテリーのスマホだと、2回できるかできないかですね。


先日、12000mAhという大容量のバッテリーを安価で入手したけど、自分のスマホに3回しか充電できず、それほどロスはないだろうから、容量が小さいのかなと思っていたら・・

実は半分はロスするから、3回は正常な充電回数だったわけです。


外出時に使うバッテリーを買う場合は、自分の機器の容量を調べておいて、バッテリーに表記されている容量の半分はロスするとして計算すれば、何回使えるか分かります。

kensan156m at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2013年09月13日

お月様

こんばんは・・久しぶりの更新です。

今日、月が出ていましたが、ちょうど月のクレーターがよく見える半月の状態です。

それで、望遠鏡ののぞく所にデジカメのレンズを合わせて写してみました。

本来の天体写真だと上下左右が逆(倒立像)になりますが・・画像処理ソフトで普通に見ている時と同じようにしてあります。

今日の月













クレーター部分を写しました・・拡大ではなく、倍率をアップしての撮影です。

クレーターの多い部分

望遠鏡ののぞく部分にカメラのレンズを合わせて写す方法をコリメート法とも呼びますが・・月の場合、倍率が高いと難しいです・・カメラは手持ち、しかも望遠鏡との位置関係がずれてしまうと失敗写真になってしまいます。

ただ、安い望遠鏡でも、大きな月を写せるので、面白い方法だと思っています。

kensan156m at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 気象・地学・天文関係 | カメラ・写真