2012年04月

2012年04月25日

Windowsの再インストール無しで復旧できた可能性が

けんさんの自作パソコン、今年初め頃、あるソフトが原因でWindowsがクラッシュして以後、いろいろ不具合が生じていました・・

それで、一度、フォーマットしてWindowsの再インストールから復旧しようと思っていましたが・・

いろいろある復旧方法を試していたら・・ほとんど正常に作動するようになりました。

最後に残ったのがインターネットエクスプローラの問題・・お気に入りバーが使えない・・表示が異常に遅いという問題・・

単純にインターネットエクスプローラのバージョン8をアンインストールして、バージョン6に戻し、バージョン8を再インストールすれば直ると思い、行ったのですが・・結局、それだけでは直りませんでした。

そう、アンインストールしても設定などが残ってしまっており、また同じ状態になってしまうようなのです。

そこで、アンインストールした時に、CCクリーナーというソフトを使ってみました。

CCクリーナー

Windowsの設定などを集中管理しているレジストリのエラーを直すソフトです・・

無料版はサポート無し・・有料版はサポートがあります・・機能的には無料版でも大丈夫なので、これで、レジストリのエラーを調べると、ものすごい数のエラーが見つかりました・・

エラーのある部分を削除・・

そこから、バージョン8を再インストールしたら、不具合は解消しました・・

しばらく、様子を見る必要はあると思いますが・・症状が再現しないままずっと使えれば、復旧したと考えてよいと思っています。


なお、CCクリーナーを使うとき、下手に全ての項目にチェックを入れると、必要な情報も削除する場合があるので、要注意です。

kensan156m at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2012年04月03日

正式に決まりましたね

久しぶりの更新になりますが・・・

前回にVistaの家庭版のサポート期限が延長になるかもしれないと書いた記事・・

正式に、VistaとWindows 7の家庭版のサポート期限は、業務用と同じく、延長サポート5年がつくことになりました。

これで、家庭版と業務用でサポート期間は同じとなり、各エディションの違いは、機能の違いと分かりやすくなりました。

Windows 7のPCを買っても、残りサポート期間が3年くらいしかないという問題も無くなりました・・


Windows XPについては、恐らく再延長はないと思います・・

Vistaが出るときに、XPの家庭版のサポート期限が残り2年と発表され、マスコミでも大きく取り上げられ問題化しました・・

結局、XPの家庭版は、業務用と同じく延長サポート5年がついて、Vistaが出た時点で、サポート期間は7年もありました・・

この影響で、Vistaへ買い換える必要性が低くなったため、Vistaはあまり売れませんでした・・もちろん、重たいという問題もあったけどね。

ところが、間もなくXPのサポート期間も残り2年を切ります・・

2年間って、あっという間に来てしまいます・・その間に、対策を講じる必要があると感じます。

今年末頃に出るとされているWindows 8は、Windowsのスマホと同じ画面・・メトロが採用され、従来のWindowsとは一見別物になります。

もちろん、従来のWindows 7と同じような互換画面も用意されますが・・

マイクロソフトは、スマートフォン、タブレット端末、そしてパソコンで、同じ画面を用意する計画のようです。

私はWindows 8は様子見なので、既存のパソコンをWindows 7にするつもりです。

kensan156m at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等