2011年07月

2011年07月23日

エネループ・プロ

デジカメを使い出してから、乾電池型の充電式電池を使っていますが・・

過去の充電式電池は、容量が1600mAhくらいだったこと・・繰り返し利用可能回数が概ね300回・・そして、致命的だったのが、充電して保管していたら、1ヶ月でもかなり減っていること・・つまり、使う前に必ず再充電が必要でした。

そんなときに、初代のエネループが登場しました・・この頃には容量が2400mAhくらいの物が出回っていたけど、エネループは1900mAhと少し控えめにして・・

かわりに、繰り返し利用可能回数が概ね1000回と、大幅に増えて、かつ、1年経過しても70%くらい電気を保持しており、充電しておいていても、そのまま使える・・つまり乾電池と同じような使い方ができる電池でした・・

もちろん、すぐに、採用しました・・最初に買った物も、まだ1000回に達して無く、ほとんど消耗していません・・

その後、エネループは改良され、容量はそのままで、繰り返し利用可能回数が1500回に・・充電して3年経過しても70%の電気を保持するという、さらに使いやすいものになりました・・

その一方、繰り返し利用回数を重視して、2000回として、充電後の電気の保持性能も向上・・かわりに容量が概ね半分になった、エネループ・ライトというシリーズの電池も登場・・あまり電力を使わない製品に向いた物として販売されています。


そして、最近登場したのが、容量をアップした、エネループ・プロです。


続きを読む

kensan156m at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2011年07月13日

報道では猛暑猛暑と繰り返しているけど

今、テレビのニュースを見れば、猛暑猛暑とリピートしていますし、熱中症になった人が何人といった暑すぎるという報道が多いですが・・

本当にここ数年だけ暑いのだろうかと・・統計情報を見てみました・・

とりあえず、広島県・・

ただ、広島市の広島地方気象台は、途中で移転しており、昔の記録と直接比較ができません・・

それで、呉市の統計を見ましたが・・

1993年に気温が低い時がありました・・冷夏の年・・翌年は米騒動が起きたときです・・

そして、翌年の1994年以後・・気温は概ね横ばいです・・

つまり、暑いのは15年前から・・・というかそれ以前の記録と比較しても、特に暑いという結果ではなかった・・

人が同じ気温でも暑く感じるようになっているのではないかと・・そういう話があったのですが・・確かに、冷房に頼っているので、同じ30度でも昔と今では暑さが違うと感じるのではと思います。

それと、都市部の場合、コンクリート建造物が増えて、高層ビルがたくさんできて、風通しが悪くなる・・・都心部で暑くなる現象・・ヒートアイランド現象が起きて、余計暑いのだと思います。

呉市の場合、20万人を越える都市ですが、市街地が比較的コンパクトで、海に面しており、ヒートアイランド現象が起きにくいのだと思います。

広島市は、三角州の上に都市ができており、大きな川が何本も通っており、ヒートアイランド現象は起きていないと言われていたのですが・・

実は、三角州の中心部分あたりは2度くらい高いという結果が出ています・・そう、ヒートアイランド現象が起きているのです。

広島市も昔と違い高層ビルがたくさんできました・・コンクリートは、昼の熱を吸収して夜中に熱を発するので、余計熱くなるそうです。

ヒートアイランド現象を解消すれば都市部の暑さはある程度緩和できる・・・ただ、それはとても難しい課題だと感じます。

kensan156m at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 気象・地学・天文関係