2011年05月

2011年05月21日

福島局の電波送信が再開されています

先日起きた、東日本大震災と、それによる福島第一原発の事故により、電波時計の東日本地域を担当する福島局の電波が止まっていましたが・・

少し前から、電波の送信が再開されています・・サイトによると、本格再開とは書いていませんが・・時刻の精度は同じようです。

福島局専用の電波時計に電波が届いた東日本担当の福島局の電波専用の電波時計に受信したことを示すアンテナマークが出ています。


電波時計の福島局は福島第一原発に近いと聞いているので、原発事故の収拾が予定通りにいかなければ、再び止まる可能性はあります。


東日本担当の福島局も西日本担当の九州局も、送信所から半径500Km以内は良好に受信できるとされ、半径1000Km以内なら、電波の状況のよい場所に置いておけば、受信可能とされています。

それで、福島局から700〜800Km離れている広島でも、東側の窓際に置くことで受信できているわけです。

万が一、福島局が再び電波の送信を止めた場合、九州局から1000Kmの範囲ならなんとか届く可能性はあります・・
関東地方が、概ねその距離になると思います・・その場合、西側の窓際に置いて受信を試みる・・PCやデジタルテレビなどのデジタル機器、蛍光灯といった物は電波を妨害するので、止めておくと受信できる可能性が高まります。

東北地方くらいになると、1000Kmを超えるので届かない可能性が高いと思いますが・・受信できるかどうか試してみる価値はあると思います。

なお、電波時計は一度受信すれば、あとはクオーツの精度で動きます・・2〜3日に一度受信できれば、実際の時刻とのずれは1秒程度以内にできると思います。


kensan156m at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2011年05月20日

私のブログが閲覧できない場合

ある人物が私のことについて、いろいろ書いているとセキュリティ関係の仕事をしている方から昨日の深夜連絡が入り、ちょっと見ましたが、酷いですね・・

関係機関にそれらの記述が事実か調べてまわりましたが、いずれも虚偽の記述でした、一つずつどういう理由で虚偽だと判明したか書くのはムダなので書きませんが・・・

そもそも、設定の問題でブロックがかかったのは、昨夜の24時前、そして、当該記事が書かれたのが、20〜30分後だと聞いています・・

時間的にありえないので、それだけでも虚偽の情報と分かるのですが・・現在は別の日付の記事にしていると聞いているので、それなら、ブロックされたことも虚偽になります。その日付の時にブロックはかかっていません。

なお、特定の条件で私のブログが閲覧できなくなることについては事実です・・これは、その人物を排除するためではなく・・

特殊なセキュリティや通信の設定をしているとブロックされるだけで、通常の設定にしていただければ、何の問題もなくアクセスできます。

あと、パソコンの調子が悪い場合もブロックがかかります・・これについては、現在原因調査中です・・

この場合もリカバリしていただければ、問題なくアクセスできるはずです。

なお、当該記事を書かれた方が見て欲しくないと書いているそうですが、それはこちらも同じ気持ちです。


kensan156m at 23:34|Permalink 個人的な話 

2011年05月13日

パケット代が無料になる端末もある

今、スマートフォンが急速に普及し、また、外出時に小型パソコンからネットに接続するデータ端末が売れていますが・・

多くの物が、基本料以外にパケット料金がかかります・・上限があり、それ以上は課金されませんが・・スマートフォンやパソコンでネットにアクセスすると、すぐに上限までいってしまいます。

では、基本料だけでパケット無料の物といえば・・まず契約の仕方にもよるけどWiMAXがあります・・概ね5〜10Mbpsと速度も速いのですが・・弱点はまだエリアが狭いことです・・

PHSがカバーしていても、WiMAXは使えない所は多いです・・エリア拡大には、かなり時間がかかると聞いているので、もしかしたら、携帯のように山間部までエリアにできるか微妙な感じがします・・WiMAXが使っている2.5GHzの電波は、携帯の電波より、障害物に弱く、一つのアンテナでカバーできる範囲も狭くなります。

山間部までエリアにしようとしたら、相当な投資が必要です・・つまり、時間がかかるわけです。

そして、基本料だけでパケット代が無料な物に、PHSのデータ端末があります・・都市中心部では、携帯の端末より速いこともありますが・・住宅街などは速度は落ちます・・

また、エリアも携帯ほど広くない・・

それで、現在、ウィルコムでは、PHSのデータカードを使っていいる方限定で・・法人向けのウルトラスピードの端末にアップグレードするキャンペーンをしています。

料金は従来の料金にウィルコムのプロバイダの使用料、月額945円が増えるだけで、ウルトラスピードの端末と従来のPHSのデータカード両方とも使えるようになります・・

というか、アップグレードと言っても、もともと持っているPHSのデータカードとセットが条件・・データカードを解約すると、両方解約となってしまいます。

そして、ウルトラスピードの端末は、ソフトバンクの回線を使う・・つまり携帯のエリアで使えますが・・なんと、キャンペーンで契約した場合、端末代金無料・・そして、パケット代が無料なのです・・

携帯回線は、都心部で速度が落ちる傾向がありますが・・ウルトラスピードの端末は4〜5Mbpsの速度が出ていました・・

WiMAXだとそれより速度が出ますが・・4Mbpsも出れば、普通のサイトの表示などはストレスを感じません・・ダウンロードしようとしたら、速度の差が出る程度だと感じます。

ウィルコムのデータカードを現在使われている方は、ウィルコムのサイトを参照してみてください。

ちなみに、プロトコル制限は行ってないそうですが、大量に通信した場合、帯域制限が行われます・・使った時、どれだけのデータを通信したかメモして、計算しておくと帯域制限を避けることができると思います。(1パケットは128バイトです)


あと、現在は販売されていませんが、ウィルコムのハイブリッドW-ZERO3という、スマートフォン・・基本料1450円で、PHSモードでのパケット通信はパケット代無料でした・・携帯3G回線も使えるようになっていますが、そちらを使うと、他社のスマートフォンと同じくらいのパケット代がかかります・・

それで、私は、携帯モードをオフにして使っています。


携帯の使われ方が、以前のように、通話やメールだけという使い方ではなく、大量のデータ通信(パケット通信)を伴う使い方が急増しています・・

現在のパケット代金は割高だと感じます・・いずれ、パケット代の値下げなどがあってもよいのかなと感じます。

kensan156m at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2011年05月02日

動作の遅くなったパソコンの速度改善

パソコンを買った当初は快適な速度で動いていたけど・・今は遅いという方は多いと思います。

こういう場合、パソコンのパワーアップの手段としてメモリの増設がありますが・・メモリの値段がかかります。また、メーカー製PCの場合、メモリ以外については、パワーアップする改造をしてしまうと、保証期間中でも保証が切れてしまいます。

簡単に、ある程度の速度改善をする方法として、あまり使わないソフトを削除したり、パソコン内に保存しっぱなしのデータをバックアップして削除するという手段があります。

トラックで言えば、エンジンの馬力が同じでも、荷物満載では速度は出ませんが、荷物を軽くすればスピードが出るのと理屈は同じです。

購入後にインストールしたソフトで、ほとんど使って無く、かつCD-ROM等を手元に持っていて、必要になれば再インストール可能なソフトは削除すると、荷物が減ることになります・・

また、メーカー製パソコンだと購入時にたくさんのソフトが入っています・・あまり使わないソフトで必要になった時に再インストールが可能であれば、それを削除すると、これも荷物を軽くすることになります。

そして、年賀状作成ソフトなどは、フォント(要するに様々な字体)も一緒にたくさんインストールされますが、フォントを減らすのも荷物を軽くすることになり、有効な手段です・・ただ、フォントが入っているフォルダから手動で削除すると、逆に必要な物を削除する危険があるので、年賀状作成ソフトを削除する時に同時に削除できれば、その手を使うとよいかと思います。

実は、この方法、お世話になっている方が気がついて、やってみた方法なんです・・

なお、ソフトやデータを削除した後、デフラグの操作をすると、多少速度の改善が見込める場合もあります。

なお、データはCD-RやDVDへコピーしてバックアップした後に削除するのがよいです・・単純に削除すると、本当に消えてしまいますから・・この点は要注意です。

kensan156m at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等