2010年11月

2010年11月28日

更新料が無料ではなく最初から無料のセキュリティソフト

パソコンを使う方でネットをされている方がかなり増えました・・

そこで、必要になるのが、ネットから感染するウィルスなどのマルウェアの駆除やネットワークからの侵入を防ぐセキュリティソフトです。

大きなPCショップのソフトコーナーへ行くと、いろんなセキュリティソフトがあり、どのソフトも、性能が優れている・・パソコンに負担をかけないと同じようなことが書いてあり、本当にどれがよいのか、選ぶのが難しい・・

さらに、セキュリティソフトを買うお金が必要です。

それで、ソフト自体はお金がいるけど、更新料を無料にしたソフトが、数年前に登場し、一時期はかなり売れていたようだけど、結局、ウィルスじゃないファイルをウィルスだと誤認する事が何度もあったので、私は使うのをやめました。

あとで、第三者機関のテスト結果をいくつか見ると、一時的に検出率が50%台まで落ちていたことも知りひやりとしました・・50%少しなんて・・ざるです。

さて・・実は、フリーソフトのように、無料のセキュリティソフトがあります・・
これらは、ネットからダウンロードして使いますが・・製品版の機能限定版の物が多いけど、ウィルス検出に関しては製品版と同じ能力があります・・

機能が限定されているので、スパイウェアの検出ソフトとファイアーウォールは別に用意しないといけませんが・・

割り切れば・・Windowsに付いているWindowsデフェンダーとWindowsファイアーウォールを使うとこともできます(性能的には、劣る面があるようだけど)

無料のセキュリティソフトで私も使った事があるのが AVG Anti-Virusです・・検出力は更新料無料のソフトより成績がよいようです・・

無料版は、広告が表示される事と、一人1ライセンスしか使えないという制限があります。

AVGのサイト

あと、無料のソフトで利用者が多いのが、アバスト!・・というセキュリティソフト

AVASTのサイト

こちらも無料版は広告が出ます・・

AVGを使っていたときはスパイウェアの対策ソフトにスパイボットを使っていたのだけど・・今も無料で使えるのかな?・・

ファイアーウォールソフトも、無料で使える物があると聞いています・・

なお、無料=サポート無しなので、使うときは自己責任となります。私のPCで動いたからといって、他のPCで問題なく動く保証は全くありません・・あくまで自己責任でお願いします。

ただ、上の2つのセキュリティソフトは、比較的利用者が多いので、検索すれば、問題の解決策が掲載されているかもしれません・・・

うまくやれば、無料でセキュリティ対策ができちゃうわけです・・・自己責任だけど(苦笑)

kensan156m at 23:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年11月25日

内蔵ストロボ用のディフューザー

カメラのストロボは、光る面積が狭く、それゆえ、撮影する角度によっては影ができたり、強い光が当たり不自然な写り方になりがちですが・・

そのストロボの光を拡散して、影を目立たなくし、柔らかい表現に写るようにする物がディフューザーと呼ばれるアイテムです。

大半が、一眼レフカメラの外付け大型ストロボ用なのですが・・ポップアップする内蔵ストロボ用のディフューザーがあったので、取り付けてみました。

カメラ内蔵のポップアップストロボ用のディフューザー取り付けると、こんな感じになります・・

ストロボの前に光を拡散する板があります・・また、このディフューザーは、白色の板だけではなく、黄色と青色があり、どんな雰囲気の写真にするかで選ぶ事になっています。

ちなみに、一眼レフじゃなくても、プチ一眼と呼ばれるタイプのコンパクトデジカメで、ストロボがポップアップ式で、かつ、上に外部ストロボ取り付け部があるカメラなら、取り付けられます・・カメラによってはどこかに当たったりするかもなので、その場合は使えないけどね。

ディフューザーは、どちらかといえば、初心者向けのアイテムだと言われます・・上級者は、ストロボをあまり使わず、レフ板という白い板を何枚か使い、被写体の人物に光を当てます。

高価なカメラを買って、モデルさんを撮影しても、プロが写してポスターにしてる物に及ばない所は、そんなところにあるのです・・

ディフューザーは比較的安価ですので、ローコストで、自然な人物撮影ができます。

ちなみに、私は主に風景を写していて、人物の撮影はまだ経験不足です。

kensan156m at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カメラ・写真 

2010年11月21日

テストでは好成績だけど、体感速度は遅いのは何故?

PC未来ちゃんの復旧作業を始めて、そろそろ4週間くらいになると思うけど・・

途中で、ハードディスクをより容量の大きい物に取り替えて、復旧を続行しています。

すでに、普通に使える所まで復旧していますが・・

新しいハードディスク・・体感速度は、何故かちょっと遅く感じるのです・・

ベンチマークテストで速度を調べると、前のハードディスクより、大幅に速度向上していることが分かるのですが・・

それなのに、実際に操作すると、反応がちょっと遅いと感じる・・何でだろう???

ベンチマークテストで速度が速い場合、体感速度も速いのが普通・・特に、今回は1.6倍くらい速度が向上しているのだけど・・

復旧作業と同時にいろいろ調べているのですが・・よく分からない・・謎です(苦笑)

なお、一度反応すれば、後は速いです・・・もちろん、クリックしてから反応するまでの時間は短く設定しています・・

Windows XPの場合、標準では0.4秒遅れて動作するようになっているから・・(苦笑)

kensan156m at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年11月17日

カスペルスキーのことで補足

現在、セキュリティソフト、カスペルスキーは2つの代理店が販売しています・・

以前から取り扱っているジャストシステムは、店頭販売のパッケージ版だけでなく、ダウンロード版も扱っています。

ジャストシステムのサイト

ジャストシステムのカスペルスキー販売サイト

そして、今年の夏頃に、もう一つ代理店ができました・・Kaspersky Labs Japanです。

こちらでは、ダウンロード販売のみの扱いのようです。

Kaspersky Labs Japanのカスペルスキー販売サイト

昨日の記事で、どちらで購入してもプログラムは同じと書きましたが・・

インストールの時の挙動が違います・・つまり、同じファイル名でも全く同じではないようです・・

ジャストシステムが販売した物だと、インストール時に・・ユージン・カスペルスキー所長の画像が出てきます・・

ジャストシステム販売のカスペルスキーのインストール画面パッケージ版及び、ジャストシステムからダウンロード購入したものは、これが出てきます。

この画面が出てこないのがKaspersky Labs Japanからダウンロード購入したものです。

先日、AKB48・カスペルスキー研究所からリンクを経由してダウンロード購入しましたが・・

AKB48・カスペルスキー研究所

これは、Kaspersky Labs Japanから購入した物になります。

ちなみに、なぜ、店頭で前田敦子ちゃんのポスターが貼ってあったり、前田敦子ちゃんがジャストシステムのパッケージ版を持っているのか・・そして、Kaspersky Labs Japanへ、AKB・カスペルスキー研究所がつながっていて、前田敦子ちゃんがキャラクターになっているのか・・・

それはここを見て分かりました・・(苦笑)

カスペルスキーのサイト

なるほど、カスペルスキー研究所がAKB48をキャラクターとして使っていたわけなのか・・そうなれば、代理店も同じキャラクターを使うわけなのか・・

kensan156m at 20:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年11月16日

14日でキャンペーンは終了したけど

今、セキュリティソフト、カスペルスキーのキャラクターにAKB48の前田敦子ちゃんがなっていますが・・

AKB48・カスペルスキー研究所では、11月14日までに、そのサイト経由でカスペルスキーをダウンロード購入したら、前田敦子ちゃんのスキンをプレゼントするキャンペーンをしていました・・

要するに、ソフトの画面が前田敦子ちゃん仕様になるわけ・・萌系のセキュリティソフトになります(爆)

で・・結局、13日の夜に発注して・・14日にコンビニ振り込み・・

14日中にダウンロードできました・・ちなみに、スキンは、別のファイルになっており、カスペルスキー本体とは別になっていました・・

前田敦子ちゃん仕様のカスペルスキー前田敦子ちゃんのスキンを適用した、カスペルスキーです。

実は、スキャンしないといけない危険な状態になると、前田敦子ちゃんの声で、「スキャンして−」と言う模様・・・

キャンペーンは14日で終了したけど・・

まだ、AKB48カスペルスキー研究所の研究員のスキンは、ダウンロード可能です。

試用版をダウンロードして、そのスキンを適用する事も可能みたいです。

で・・ダウンロード購入したカスペルスキーをもう使ったのかと言われそうだけど・・・実は、まだ使ってません(爆)

そう、カスペルスキーを使っているPCにスキンを適用しただけです。

カスペルスキーは、しばらくジャストシステムが代理店をしていましたが・・今では、別の代理店もあり、そちらから購入した場合は、サポートは購入した方になります。

ジャストシステムでは店頭販売のパッケージ版とダウンロード版の両方を扱っていますが・・もう一方の代理店では、ダウンロード販売のみみたいです。

プログラムはどちらも同じ物です。

しかし、どちらも、前田敦子ちゃんをキャラクターにするのは面白いと感じます。代理店というより、もっと上の判断なのかな?

ちなみに、スキンは、恐らく、現在のバージョンの物にのみ適用可能なのだと推測しています・・恐らく1年後には次のバージョンが出るでしょう・・画面の仕様が変われば、スキンは使えないです(涙)

kensan156m at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年11月14日

元メインPCのハードディスク交換改造

今年春までメインマシンだったノートPC・・当初はハードディスク容量が100GBでした・・デジカメの画素数アップとともに、データ保存領域の容量が不足してきたので、一度は160GBにしていましたが・・

もっと余裕が必要なことと、アクセス速度を向上させる目的で、320GBに取り替える事にしました。

手順は、320GBのハードディスクをスレーブに設定し、USB端子につなぐアイテムを使い、パソコンに接続・・ハードディスクの内容をシステムごと移行させるソフトを使い、パソコン内のハードディスクから320GBのハードディスクに移行させ・・ハードディスクを交換する・・という手順です。

現在のパソコンのハードディスクはSATA(シリアルATA)規格になっていますが・・Vistaが出る前後のPCには古いIDE規格(PATA(パラレルATA))の物もあり、私のPCも古い方の規格です・・

本当は日立GST製を使いたかったのですが・・日立GSTは主力をSATA規格に移行させており、容量の大きな物がありません・・

それで、ウェスタンデジタル社製のハードディスクを使います。

続きを読む

kensan156m at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年11月12日

消えてしまった物は仕方ないという考え方

私の友人に、消えてしまった物は仕方ないという考え方の人がいます・・だから、パソコンのデータのバックアップもしていません・・

動画や音楽やいろんなデータが2TBに満載らしいけど、ハードディスクが吹っ飛んだときは、それまで・・バックアップはとらない主義と言ってました・・

最近、それが自分にも少しずつ影響しています・・過去に録音したカセットテープやMD・・録画したビデオテープは相当な数があります・・そして、それらを、デジタル化して保存しようと、ソフトや機器は購入しました・・

しかし、結局、使わないままです。


続きを読む

kensan156m at 18:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年11月10日

写真でネットに情報流出させてしまう危険性

情報流出と言っても、巷で騒動となっている情報流出ではないです。

ブログやSNSを気軽に利用していて・・知らない間に自分がいつどこにいたかという情報を流出させてしまう危険性のことです・・

デジカメも携帯のカメラも、撮影した写真は画像のデジタル情報意外に、様々な文字情報が一緒に記録されています・・

それらは、普通のソフトで簡単に見る事ができたりします。

ネット上にあった、ある画像の情報の一部・・撮影日については年以外は消しました。

ネット上の画像に残る詳細な情報このように、秒単位まで分かります。

撮影している写真が、著名な場所だと、いつ、何時にそこにいたか分かってしまうのです・・

そして、上の情報はごく一部で・・最近の携帯はGPS機能が搭載されており、機種によっては、位置情報も入っています。

もし、GPS付き携帯を使い自宅で撮影したものなら、自宅の位置情報も一緒に公開していることになります。

今では、携帯からブログやSNSに投稿するのは当たり前になっていますが・・ダイレクトに投稿した場合、これらの情報を消すことができない場合が多いようです・・

アイドルのブログで、携帯から投稿している故に、携帯の機種が分かってしまうということも多々あります・・よく行く場所の位置が分かってしまうと、ファンの中でも追いかけ回すタイプの人は、待ち伏せするかもしれない・・

芸能人は、携帯からダイレクトに投稿するのはやめた方がよいかと思っています。

もちろん、それは一般人も同じです。

パソコンで画像処理すると、ソフトによっては、これらの情報が別の情報に置き換わったり、消えたりしますが・・最近販売されているソフトは、概ね、画像処理して上書きしても、情報もそのまま残されています。

私は、Windows98の頃の古い画像処理ソフトを無理矢理Windows XPで動かしていますが・・古いソフトはそれらの情報を保持しません・・ゆえに、ソフトの名前に置き換えられています。

ソフトで上書きしても情報が消えないのは、プリントするときに撮影日を出したり・・カメラの情報から、最適なプリント設定を自動で行うソフトが多いからだと聞いています。

自分の情報を自分で出さないように気をつけたいものです。

kensan156m at 23:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年11月08日

明日は冷える模様

天気予報によると、明日の広島は冷えるようです・・最高気温の予想が14度と、一気に12月の気温になると・・

他の地域の気温を見ていると、東北地方の方がまだ気温が高かったように記憶しています。

インフルエンザが、地域によっては流行しだしているようです・・今年はA香港型が主に流行しているらしく、昨年騒動となった新型は、今のところそれほど多くないようです・・

ワクチンが接種可能な方は早めに接種しておくのが得策かもしれません。今シーズンのワクチンは、新型、A香港型、B型の3種混合となっています・・

私は、すでに接種済みですが、家族がまだ接種してないです(汗)

夕焼けこの時期の空はよく印象的な光景を見せます・・

今日の夕焼け・・同じような夕焼けに見えても、実際には、同じではない・・

雲の形がどうなるかは、人間は予測できないし、超高性能なスーパーコンピュータがあっても、予測できないと思います・・

ある意味、雲の形がどうなるか・・カオスの部分もあると思います・・カオスとは混沌ということですが・・要するに、全く予測できない部分を示します・・

先日のQ10で、宇宙は最後に物質が素粒子になってしまい物質はばらばらになり・・なんて話しがあったけど・・

実は、太陽系の惑星の動き・・完全に予測できると思っている人が多いし、地球はずっと同じ所を回っていると思っている方が多いのですが・・

惑星の座から落とされた冥王星が、カオス的挙動をしていることが分かっています・・つまり、冥王星も他の惑星に引力で影響を与えます・・ゆえに、太陽系の惑星の軌道はカオスであり、遠い将来は地球が今と違う軌道を回っている可能性は高いのです・・というか、カオス的挙動の影響を受けると、どんなスーパーコンピュータでも予測不能・・なぜなら、カオス状態の挙動が、理論上予測不能だからです。

kensan156m at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年11月06日

PHSの新型アンテナ

最近、人口の多い所や、人が集まる所中心に、PHSのアンテナが新型に切り替わっています。

高度化アンテナこれが、新型のアンテナです。

高度化アンテナと呼ぶそうで、エレメントが8本あることから、八本槍とも呼ぶそうです。

このアンテナは、回線数も多く、また、通信速度を大幅にアップするW-OAMに対応しており、多くはより高速なtypeGに対応しています。

広島市内では、よく見かけるアンテナです。

次世代PHSのアンテナの整備の時は、新たにアンテナを建てるのではなく、既存の高度化アンテナを使います・・

つまり、一つのアンテナに、PHSの基地局と次世代PHSの基地局から出てきたケーブルとつなぐのです・・1つのアンテナで、両方が扱えるようになっています。

ウィルコムの再建の道筋もほぼ決まり・・そうなれば、次世代PHSの整備が一時止まっていたのが、再度動くことになると思います・・

次世代PHSは現時点では、データ通信専用と位置づけられており、上り下りとも20Mbpsの速度で開始・・最終的には、能書きではなく実測で100Mbpsを目指すという話しもあるくらい、ポテンシャルのある通信方法です・・

そして、携帯回線が、利用者が増えれば、速度が大幅に落ちるのに対し、次世代PHSは、従来のPHSと同じ、マイクロセル方式・・つまり1つのアンテナは半径500mくらいをカバーし・・利用者が増えても、速度低下しにくい物になっています。

PHSのエリアが都市部や人口の多い所を主にカバーしているのと同じく、次世代PHSも同じようなエリア展開となるのではと言われています。

まだ、試験サービス段階なので、料金がどうなるか、エリア拡大のスケジュールがどうなるのか、一切分かりませんが・・エリアに関しては、まず三大都市圏からカバーすることになっているようです。

広島で使えるようになるのは、それより後になりますが・・巷の噂では、広島は比較的早く次世代PHSのエリアになるのではと言われています・・

それは、次世代PHSの実証試験が広島でも行われており、すでに次世代PHSの基地局がいくつか設置されているからです。

kensan156m at 18:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年11月04日

電柱

以前、版画展で、「ライフライン」という版画を見ました・・

そこには、電柱が描かれており、いろんな線や機器を支えていて・・支えるのが重たそう・・といった感じの版画でした。

そう、電柱は、電気だけでなく、電話、ケーブルテレビ、光ファイバーと、多様なライフラインを支えています。

電柱と秋空何気なく写したこの写真・・

ごく普通にある風景ですが・・いざ、よく見ると、いろんな線を支えていますね。

背景が澄んだ秋空だったので、青い色のイメージが強いけどね。

都心部では、それらの線を地中に通して、電柱を無くして景観をよくする取り組みも行われていますが・・

郊外や田舎では、恐らく今後も電柱は日常の風景の中にあるのだと思います。

kensan156m at 23:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年11月03日

パソコンの液晶ディスプレイの大半が光沢タイプなのは

Windows XPが出た頃や、それ以前のパソコン・・液晶ディスプレイを備えたデスクトップPCや、ノートPCの液晶は、ほぼ、ノングレアタイプ・・つまり、光沢ではないつや消しタイプでした・・

ところが、現在販売されているメーカー製PCの大半がグレアタイプ・・つまり光沢タイプの液晶となって・・スーパーなんとか液晶と名付けて、色が鮮やかであるとカタログには書かれている・・

なぜ、液晶が光沢の物ばかりになったのか、その理由は、光沢タイプの方が売れたからですが・・多くの人が、光沢タイプの方がきれいで、高級であると思い込んでいたからでもあると思います。

実は、人間の目の錯覚で、同じ液晶でも、つや消しタイプより、光沢タイプの方が、色鮮やかに見えてしまうのです・・

つまり、同じ液晶でも表面を光沢にすれば、安物液晶でも高価な液晶のように見えてしまう・・それで、光沢タイプが売れるわけです。同時に、メーカーは液晶のコストダウンができます。

実は、パソコンは、作業をするためにあるので、目によいのは、ノングレアタイプ(光沢ではない物)なのですが・・主に作業に使いたくても、今では、光沢タイプを選ばざるを得ないですね。

また、液晶テレビは映像を見るのが目的なので、コントラスト比が大きいですが・・パソコン用ディスプレイでは、1:1000や1:500程度のコントラスト比におさえられています・・これは、作業するときにコントラスト比が大きいと、目がすぐに疲れるからです。

単体のディスプレイだと、コントラスト比を変えることができますが、ノートPCの液晶ディスプレイは、そういった調整ができるものは僅かです。

光沢タイプでは目が疲れるという方は、ノングレアタイプの液晶保護フィルムを貼るという手があります・・


家の地デジ対応テレビの液晶はノングレアタイプで、光沢は全くないです・・ところが、とても色鮮やかで、鮮明に見えます・・ノングレアでそのように見えるのは、そもそも液晶の質がよいからです・・

つまり、テレビを買うときも、パソコンを買うときも、光沢タイプ=高級とか高性能と考えると、失敗があるかもしれません。


光沢タイプだと、どんなに反射防止対策をしても、何かが映り込みます・・これが非常に目障りな場合があります・・一方、ノングレアタイプは、映り込みはほとんどないです。

家や家族のPCで、光沢タイプの液晶は2台だけ・・・私が中古で入手したサブマシンの、東芝製ノートPC(愛称・PCまさみ)と、自作PCの単体ディスプレイだけです。

単体ディスプレイを光沢タイプにしたのは、ノングレア(つや消し)より安価だったというだけです・・同じ機種のノングレアタイプでも、鮮やかに表示されていたのをよく覚えています。光沢タイプになったのは、単純に予算が足らなかっただけです(爆)

エプソンダイレクトで受注生産してもらったPCはもれなく、ノングレア(つや消し)でした・・もし、光沢タイプにしたければ、光沢タイプの液晶保護フィルムを貼れば光沢タイプの液晶と同じようになります・・

ノングレア(つや消し)の場合、液晶の質がよくないと、人間の錯覚で鮮やかでないように見えてしまいます。テレビを含めて、ノングレア(つや消し)タイプの液晶にしている製品は、液晶の質に自信があるのだと感じます。

kensan156m at 18:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年11月01日

9月末に契約したウィルコムの3G端末がプラスエリアに対応しているか?

9月末に、ウィルコムが販売しているWILLCOM CORE 3Gのデータ通信端末を契約しましたが・・

そもそも、ウィルコムはPHSの会社・・なぜ、携帯3G回線の端末を用意できるのかと言えば、NTTドコモのFOMAの回線を借りているからです。

(なお、10月からはソフトバンクの回線を使う物に切り替わると聞いています)

ただ、FOMAのエリアには2GHz帯の電波を使うFOMAエリアと、800MHz帯の電波を使うFOMAプラスエリアがあります・・ドコモの端末なら、古い物をのぞいて、どちらにも対応しているのですが・・

ウィルコムにプラスエリアに対応しているか問い合わせると、分かる人がいない・・端末自体、海外で製造されており、質問しても回答がくるまで時間がかかる・・すでにドコモの回線を使うものは新規で扱わず、ソフトバンク回線の物になる・・などの理由で、プラスエリアで使えるかどうか分からないという回答でした・・

それで、山間部を移動するときに、距離で15kmくらいプラスエリアだけのエリアを通る場所があったので、ミニノートに端末を付けて、自分で使えるかどうか確認することにしました。

プラスエリアに対応していなければ、ソフトのアンテナマークは圏外となるはずです・・・実際には、アンテナマークが出ました・・そして、接続を試みると、つながり、ネットの画面が表示できました・・

地形の関係上、FOMAの電波が届いてる可能性は極めて低く、プラスエリアの電波だけだと思います・・

ということで、この結果を見る限りではプラスエリア対応と考えてよいと思っています。

ちなみに、ソフトバンク回線を使う端末はHYBRID W-ZERO3しか出ていませんが・・ソフトバンクでは2GHz帯しか使わないので、伝え聞いた話しでは800MHzのモジュールは使えないようにされているのではということでした。

というか、このあたり情報が錯綜しているのですが・・HYBRID W-ZERO3は知る人ぞ知る、SIMロックフリー端末です。

当然、WILLCOM CORE 3Gの端末に入っているFOMAのSIMカードを試しに入れてテストしている方はいるようで、それによると、800MHzのモジュール(プラスエリア用)も作動しているのではという話しもありました・・

なお、WILLCOM CORE 3Gの端末に入っているFOMAのSIMカードを、HYBRID W-ZERO3に入れても動作するという報告がほとんどですが・・正常に動作しない恐れがあるなどの理由で、FOMAのSIMカードは入れないでくださいとウィルコムのお客さまセンターの方は仰っていました。


HYBRID W-ZERO3にWILLCOM CORE 3Gの端末に入っているFOMAカードを入れた場合、ソフトバンクではなく、ドコモの回線につながることになります。

kensan156m at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等