2010年09月

2010年09月30日

ウィルコムによる携帯回線を使ったデータ通信サービスを契約しました。

実は、ウィルコムはPHSによる通信や電話のサービスを行っている企業ですが・・携帯回線を使ったデータ通信サービスも行っています。

ウィルコム自身は携帯のネットワークを持っていないので、携帯電話会社のネットワークを利用してサービスを実現しています。

そして、今日までは、docomoのFOMAのネットワークを使っていました・・しかし、明日以後は話しが違ってきます・・今日の閉店後、お店などに展示してあるデータ通信端末やカタログは全て返却して・・今度は、ソフトバンクのネットワークを使う端末が並ぶと聞いています。

以前から、田舎の弟の家でPHSによる通信をしても、アンテナが1本しかなく、僅か64Kbpsしか速度が出ず、弟のPCの整備に時間がかかりすぎることに困っていました。それで、3Gサービスを検討していたのですが・・

docomoのネットワークを使うサービスに加入できるのが今日までなら、契約することにしました・・基本料は月額950円程度となります・・使った場合、1000円分程度までは、パケット代金は無料・・そこから従量課金となり、5985円に達すると、上限金額となり、それ以上使っても、上限以上は課金されません。

WILLCOM CORE 3G端末の箱データ端末が入っている箱・・

今日の閉店後は回収することになっていたので、最後の1つだったそうです。

能書きの速度は、docomoの端末と同じで、下りが7.2Mbps上りは5.7Mbpsです・・



WILLCOM CORE 3Gのデータ端末端末はUSBタイプ・・

ソフトなどのCD-ROMは付いていません・・

そう、この端末の中のメモリにソフトやドライバが入っており、USB端子につなぐと自動でインストールされます。



カタログカタログの一部・・

携帯回線を使う物では、最新の物でした・・

ソフトバンクのネットワークを使う物が同じ物になるのか(つまりSIMだけ変わるのか)・・別の端末を用意するのかは不明とのことです。



FOMAカードが入っています箱の後ろから見ると、FOMAカードが見えます(笑)

さて、広島市内で実機を体験できる所で、携帯各社のデータ端末を使って、速度を密かに調べていますが・・

3G回線を使う物では現時点ではdocomoが最速みたいです・・ある携帯電話会社は、100Kbps程度しか出ませんでした・・

その時の説明では帯域制限がかかったのだろうとのこと・・

そう、携帯のデータ通信サービスで忘れてはいけないのが帯域制限が行われることです・・これは、例えば、直前の数日間のパケット通信量がいくら以上だと、大幅に速度を落とすことです・・

何故、そうするのかといえば、一人の人が大量に通信を続けると、他の人が遅くなったり、場合によってはパンクすることがあるからです・・

PHSでは帯域制限はしていません・・そして、実は、docomoの回線を使うウィルコムのデータ通信サービスも現時点では帯域制限をしていません・・

10月からソフトバンクの回線を使うことになりますが・・やはり、帯域制限についての注意書きが書いてありました・・つまり、ある程度のデータ量を通信すると、次から遅くなってしまうわけです。

ソフトバンクの場合、iPhoneの爆発的ヒットなどで、データ通信の総量が増えており、あまり余裕はないようです・・

そのため、来年度までに現在のアンテナを2倍に増設する工事が始まっており、これが完了すると、アンテナの数はdocomoを超えるかもしれないということでした・・つまり、エリアが広くなり、帯域制限もあまりしなくてよくなる・・とのこと・・

しかし、その間にdocomoもAUもアンテナの増設は行うので、一気に追いついて追い越せるかは、その時になってみないと分かりません。

kensan156m at 23:02|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年09月27日

HYBRID W-ZERO3 再び販売予定に

ウィルコムのカタログからスマートフォンが一時消えていましたが・・

今日、ウィルコムから連絡があり、「HYBRID W-ZERO3」を10月8日から販売再開するとのこと・・

物は発売してあっという間に消えてしまったHYBRID W-ZERO3とほぼ同じですが・・大きな違いは、最初に販売されていた端末の3G回線はdocomoの回線を使うようになっていたのが・・

今回のは、ソフトバンクの回線を使うようになっている点です・・ウィルコムの再生にソフトバンクが支援している関係上、そうなったのではと感じます。

ウィルコムストアではすでに予約を受け付けているようです。

ただ、私は機種変は見送るつもりです・・2世代前の端末ですが、Advanced W-zero3 [es]通称「アドエス」から全く同じ「アドエス」への機種変を春にしているからです・・

この機種変では特別に割引が適用されており、通常の基本料金より安く使うことができますが・・もう一度・機種変したら、端末代金の支払いが残ってしまうので・・

それに、「アドエス」はエリアの狭いPHS方式だけですが・・日常生活でPHSのエリアから出ることは少ないです・・しかも、基本料だけで、いくらパケットを使ってもパケット料金はかかりません・・
そして、なにより便利なのが、小型のフルキーボードです・・メールやブログの書き込みに、とても重宝しています・・私は10キーで入力するのがあまり好きではないので・・・

なお、HYBRID W-ZERO3をPHS回線だけで使うと・・パケット代金は無料なのです・・しかも基本料が1450円・・その点は魅力があります・・しかし、通話料は、逆に高めの設定です・・1分40円+消費税と・・携帯並の料金となっています。

携帯回線(3G回線)を使ってパケット通信した場合、上限が5250円となります・・なお、携帯回線で使えるのはデータ通信やメールの送受信に限られ、通話はできません。

携帯回線を使う場合、PHSよりエリアが広いこと、条件にもよりますが、高速通信ができるのがメリットです。

ちなみに、まだ新しい料金プランなどの詳細は存じません。

Windows Mobileは大幅に改良した7が出るので、HYBRID W-ZERO3が採用している6.5で満足できるかどうかも重要な点だと思います・・指タッチで動かせますが・・まだ、ペンタッチから拡張したという感じが強いと聞いています。

ちなみに、自分が使っている端末のWindows Mobileは6.0です(苦笑)

kensan156m at 22:59|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年09月23日

USBハブ

USBハブとは、一つのUSB端子につないで、それを複数のUSB端子に分岐させる機器です。

私は写真の物を自作PCに付けています。

USBハブこれで、1つの端子が4つに分岐されます・・

これは、100Vの電源につなぐことができるタイプの物で、4つの端子合計で、最大1900mAの電流を供給する能力があります・・

つまり、USB2.0の規格の上限500mAを必要とする機器をつなぐとき、3つまでなら、十分な電力が供給できます。

というか、同時に3つも使わないので、USBバスパワーの光ドライブやハードディスクも正常に動きます。

自作PCのUSB端子は、PCの後ろ側に集中しており、直接抜き差しすることには向いていません・・延長ケーブルを3つほど使っていますが、USB2.0の規格では、延長の規定が無く、基本的に延長ケーブルを使うことは推奨されないことになっています。

そのためか、USBバスパワー駆動の物を延長ケーブルにつなぐと、一部うまく動かない物があります・・

それらはハブの方につなぎます・・

もちろん、USBハブにつないで動くかメーカーに聞いても、明確な答えは返ってこないでしょう・・理屈上は動くというだけです。また、一部、ハブ経由では動かないものもあると聞いたことがあります。

このあたりは、自分でつないで確認するしかないです。

なお、USBハブには私が使っているように100Vの電源につなぐタイプもありますが、USBのバスパワーで作動する物もあります・・それらは、当然ですが、供給できる電流は100mA程度だったりします。

機器の方に100Vから電源をとれる物をつなぐ場合はうまくいくけど、USBバスパワー駆動の物は、動かないと思っていた方がよいかと思います。

ちなみに、写真のUSBハブには常につながっている物があります・・それは自作PCには地デジチューナーを内蔵しましたが、そのソフト・・つまり地デジを視聴するソフトのリモコン受光部がつながっています。

机の上のPCなので、リモコンが無くても操作はできるけどね・・つい、特価品のワゴンに入っていたら、買ってしまいました(自爆)

kensan156m at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年09月18日

CPUの識別

自分のパソコンに搭載されているCPUの詳細な仕様を知りたくても、カタログや説明書にはあまり詳しく書いてなかったりします・・

もちろん、CPUの型番を入れて検索して調べる手もありますが・・

ソフトでCPUを調べる方法もあります・・その代表格がCPU-Zだと考えています。

母のPCのCPUを調べてみました・・

CPU-Zその1かなり詳しいことまで分かります・・
CPUはペンティアム4の2.6GHzですが、コードネームも分かります。ノースウッドコアです。

MMX命令とSSE命令SSE2命令に対応してることが分かります。キャッシュメモリは一次キャッシュはペンティアム4独特の構成なので、他のCPUと直接の比較は難しいですが、二次キャッシュは512KB搭載されています。



CPU-Zその2キャッシュメモリの詳細も分かります。

二次キャッシュメモリは8ウェイのセットアソシアティブ方式、1ラインのサイズは64バイトです。

1ラインが64バイトという場合、キャッシュメモリにデータや命令が無く、メインメモリへ読み込みに行った時に、一気に1ライン分の64バイト分読み込みます。

プログラムやデータは、一度参照した所の近くを次に参照する場合が多く、先に読み込んでおけばヒットする可能性があります・・この場合、メインメモリへアクセスする必要がないので、CPUは高速動作を維持できます。

ちなみに、メインメモリへのアクセスが生じたら、メインメモリからデータや命令が読み込まれるまでCPUは場合によっては100クロックくらいも止まってしまいます。

キャッシュメモリにデータや命令があれば、CPUはあまり止まらずに動作できます・・キャッシュメモリの容量が大きいと、キャッシュメモリのデータや命令にヒットする確率が高くなり、それだけ高速化するわけです。

このCPU-ZはインテルのCPUでもAMDのCPUでも使えますが・・


インテルがインテルのCPUのみで使えるユーティリティを用意しています・・

あまり詳しいことは分かりませんが、こちらは日本語表記なので、わかりやすいと感じる人が多いかもしれません。

もちろんAMDのCPUでは動作しません。

それと、インテルのCPUでもペンティアム3以前のCPUには対応してないようです。

インテルプロセッサー識別ユーティリティその1ペンティアム4の2.60GHzであることが分かります・・

システムバス(FSB(フロントサイドバス))は400MHzです。




インテルプロセッサー識別ユーティリティその2どの命令や機能に対応しているか表示されます・・

まず、仮想化技術には対応していません・・

高速化の手法であるハイパースレッディングは搭載されていません・・

そして、64ビット命令には対応していません・・

つまり、このPCでWindows 7が動いたとしても(テストでは動きました)64ビット版は動かないことが分かります。

続いて・・

省電力機能は搭載されていません。

そして、SSE〜SSE4までの拡張命令のうちSSEとSSE2が搭載されています。


実は、母のPCは元はペンティアム4から二次キャッシュメモリを減らしたセレロンの1.7GHzでした・・それを、ペンティアム4の2.6GHzに取り替えています・・

動作クロックは900MHzアップ、二次キャッシュメモリは4倍になり、動作速度のテストをすると、速度は2倍に向上・・

2.6GHzは家族と私のPCの中で、最も高い動作周波数です。

CPU-Zのダウンロードページ、64ビット版と32ビット版で異なります・・また、インストーラ付きと無しがあるので、自分に適した物をダウンロードしてください。

インテルプロセッサー識別ユーティリティのダウンロードページ

kensan156m at 11:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年09月14日

涼しい夜

広島では、昨夜から涼しくなりました

そして、今夜も涼しくなっています。

机の上の気温計は

9月14日午後10時頃の気温夜10時頃の時点で・・

室外は22度・・室内は28度となっています。

窓を開けていると、外から涼しい風が入ってきます。

ずっと、暑くて寝苦しい夜が続いていましたが、やっと、暑さも一段落した感じがします。

kensan156m at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年09月12日

スマートフォン用に8GBのマイクロSDHCカードを導入

8GBマイクロSDHCカード自分のスマートフォン、ウィルコムの略称アドエス用に、8GBクラス4のマイクロSDHCカードを導入しました。

前は4GBを使っていたのですが、音楽データと地図データのどちらかを削らないと容量を超えてしまうので、安価な8GBの物を購入しました。

実は、私のスマートフォンでは、メーカーは通常のマイクロSDカード・・つまり2GBまでしか動かないと公表しています・・

実際に、普通に4GBのマイクロSDHCカードなどを入れると、そもそも認識しません。

ところが、この端末は比較的売れたのと、個人でソフトやドライバを開発してくれる方がいたので、この端末専用のSDHCカードドライバが公開されたのです。

現在は、検索しても見つからないようなので、公開はやめている可能性がありますが、私の端末を使う方は必須のドライバとして多くの方が利用しています。

いろいろ調べてみると、そのドライバで16GBまで認識したという報告があります。

ただ、16GBのマイクロSDHCカードは高いので、8GBにしました・・これで、地図情報も十分入れることができ、音楽を入れる余裕もできます。

クラス4を選んだので、転送速度が多少速いことが期待できます・・

アドエスに取り付けるGPSユニットは、実はパソコンにも取り付けられます・・汎用性の高いユニットです・・GPSユニットをつないで、スーパーマップルデジタルをアドエスに入れると、カーナビのように、現在地に合わせて、地図が動いていきます。

携帯の同様のサービスと違うのは、携帯の場合、現在地の情報をパケット通信で送信して、地図情報をパケット通信で受信しますが・・アドエスの場合、地図情報は内部のSDHCカードに入っているので、通信の必要がありません・・よって、パケット代はかからない、圏外でも使えるというメリットがあります。

残念なのは、ウィルコムのカタログからとうとうスマートフォンが消えたことかな・・・携帯電話回線経由だと以前はスマートフォンの通信はパケット料金が相当かかるようになっていました・・それで、その頃はスマートフォンといえばウィルコムだったのだけどね・・

今では、携帯電話のスマートフォンでもパケット定額があるので、上限以上は請求されないこと・・各社が競争となったので、多種多様なスマートフォンが出ているので、今、スマートフォンを選ぶなら、そちらを選ぶしかないですね・・

ということで、自分のスマートフォンは、今後も使うつもりです・・故障して、修理に多額の金額がかかると言われるまでは使うつもりです。

kensan156m at 17:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年09月07日

自分のPCに搭載されているグラフィックスを調べるGPU-Z

自分のPCに搭載されているグラフィックスの仕様がよく分からない・・DirectX9対応のグラフィックスが必須と書いてあっても、自分のPCが対応しているか分からない・・

そういう時に自分が使っているソフトが、GPU-Zです。

ダウンロードしたファイルそのものが実行ファイルになっているので、適当にフォルダに入れて、ダブルクリックしたら表示されます(なお、ダウンロードしたプログラムを実行しようとしている旨の警告が出ます)

GPU-Zで表示されたグラフィックスの仕様これは、4年前に製造された、サブマシンのダイナブックのグラフィクスを調べてみたところです。

ATI社製のRadeon Xpress 200Mというチップセット内蔵グラフィックスが使われていることが分かる(チップセット内蔵かどうかは、直接型番を入れて検索すると分かると思います)

そして、Direct Xへの対応は9.0のシェーダモデル2.0となっており、これはVistaやWindows 7のエアロの画面を表示させるためには最低条件をクリアしていることになります。

ピクセルシェーダーユニットが2基、バーテックスシェーダユニットが2基搭載されている・・・これは、発売されていた時期でも数が少ない方で、3Dゲームは軽い物しか動かないと判断できます。

ピクセルフィルレートとテクスチャフィルレートが表示されていますが、これも3Dゲームで重要な数値で、そのゲームをしない方にはあまり関係ない数値です・・どちらも毎秒0.6Gの表示能力があることになっていますが・・・この数値は正確とも言えないようです・・なぜなら、実際に3Dゲームのベンチマークをとると、同じくらいの数値の他のPCよりかなり性能が低いからです。

これらの数値が実際の数値に近くなるのは、比較的新しいGPUになります・・

あと、XPが登場直後に搭載されていたGPU(グラフィックス・アクセラレータ)を調べた場合、マイナスの数値が出るなどおかしな数値が出ることが多く、DirectX8程度以降のGPU用だと考えていた方がよいと思います。

DirectX9ではピクセルシェーダユニットやバーテックスシェーダユニットに分かれていましたが、DirectX10からは、それらが統合され(統合シェーダユニット)、どちらにも使えるようになり、搭載基数も増えて性能がアップしています。

ダウンロードはこちらのサイト・・

Tech Power UP!のダウンロードページ・・なお、このページは現在の最新版のダウンロードページで、バージョンがアップしたら、ページのアドレスが変更になる可能性があります・・・

kensan156m at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年09月05日

今まで録画したビデオをパソコンに取り込むアイテム

よく音楽を録音したMDを、どうやればPCに取り込んでCD-Rに保存したり、あるいはポータブルデジタル音楽プレーヤー用のファイルにすることができるか・・という話しが増えたと感じます・・

その背景にMDを再生する機器が急速に売り場から減っている現実があります。機器が無くなって、自分が持っている機器が故障して修理に出しても部品が無いので修理ができなくなったとき・・MDの中に入っている音楽は再生する方法が無くなるからです。

それと、似たような状況にあるのがビデオではないでしょうか・・VHSビデオは相当普及したので、すぐに機器が無くなるという状況ではないけど、大きな電気店へ行っても明らかにビデオデッキの品数は減っています・・それも大幅に減っています。

現在、作動するビデオデッキを持っているなら、大事な録画はデジタル化して残したいと思う方もいると思います。

地デジレコーダーの外部入力につないでDVDにすることも可能ですが・・比較的安価で面白いアイテムを見つけたので、先日入手していました。

ビデオデッキの映像・音声出力につないで、パソコンに取り込む機器ビデオデッキの映像出力端子またはS端子と音声出力端子とつないで、この箱の中に入っているUSBメモリを少し大きくしたくらいの小さな機器の中でデジタル化して、USB端子からデジタル化した映像と音声をパソコンに取り込むものです。

映像と音声を取り込むソフトも添付されており、そのソフトで取り込んで、DVDに記録します・・

そのソフトに簡易的な編集機能があり、例えばCMの部分をカットしたり、映像のノイズを軽減することができるようになっています。

腰痛のため、入手していても箱を開けることは無かったのですが・・今日、とりあえず、機器のドライバのインストールとソフトのインストールをやってみました・・まだ、映像の取り込みはしてないので、きれいに取り込めるか・・そのあたりは、後ほどとなります。

CPUに要求する性能はそれほど高くないのですが・・初期のXPのパソコンで引っかかりそうなのが、DirectX9.0cに対応したグラフィックスという条件です・・

VistaやWindows 7が最初からインストールされて販売されていたPCは、グラフィックスの条件はクリアしているはずです・・それは、VistaやWindows 7がDirectX9.0cに対応したグラフィックスを必要としているからです。

自分のPCが対応しているかどうかは、PCのメーカーに問い合わせると対応しているかどうか分かると思います。

ただ、XPのPCでもVistaが出る前〜その1年前くらいなら、グラフィックスが対応している可能性は高いと思います・・でも、Windows XPの場合はグラフィックスには色数や画面の大きさなどの条件があるくらいなので、中には対応していないPCもあるかもしれません・・

ソフトの扱い方は比較的簡単そうでした・・編集機能を簡素化しているので、一度取り込んで、DVDにできたら、使い方を覚えられると思います。

また、PCのディスプレイに、このアイテムを経由して入ってきた映像を表示するソフトも入っており、ビデオの映像をPCのディスプレイに表示させることもできるようです。

一度、試しに、ビデオの映像をこのアイテムで録画してDVDにして、うまくいけば、大事な映像が入っているビデオをDVDにしてみようと思っています。

kensan156m at 18:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 電気・通信・PC等