2010年07月

2010年07月26日

2000回繰り返し使用できるエネループライト

私が初めて普通の乾電池型の充電式電池を使い始めたのは14年前頃です・・

現在は、乾電池型の充電式電池は、ニッケル水素電池が主流ですが・・当時は、まだニッケルカドミウム電池が主流でした・・

これは、小さな液晶テレビに使うために買ったのですが・・小さな液晶テレビといっても、アナログ方式・・付属のアンテナでは画面は大きく乱れます・・持ち運べるようになっていますが・・移動すると、思いっきり画面が乱れます。今のワンセグとは大違いです(苦笑)

そして、この頃は充電式電池は300回充電して繰り返し使えるとされていました。

ニッケル水素電池になっても、再利用回数は同じでしたし、一度充電していても、数ヶ月経過すると、電力を保持できず、再充電が必要でした・・

そこへ、エネループの商品名で登場したニッケル水素電池は、1000回の再利用が可能・・1〜2年くらいは電力を保持できるという画期的商品でした・・

それで、私はエネループをいろんな用途に導入しています・・

そうしていると、パナソニックが1200回繰り返し充電できるというエボルタを発売・・すると、単3型と単4型のエネループは改良され1500回再利用可能で、かつ3年経過しても70〜75%の電力を保持する物になりました・・

しかし、エネループもエボルタも一度充電するとアルカリ電池より長時間使えます・・そう、あまり電気を消費しない電気製品には少々向いていないのです。

そこで、エネループライトが登場しました。

エネループライトのパンフレット充電して再利用できる回数は2000回に達しています・・

ただ、充電できる容量は普通のエネループの半分くらいです。

時計やリモコンに向いていると能書きには書いてあります。









時計やリモコンでに適しているそうですこの図によると、デジカメのように電力を大量に使う物は、アルカリ電池よりエネループ、エネループライト両方とも長時間使えます。

そして、時計などでは、エネループライトは1年使え、通常のエネループは2年使えるとなっています。

実際に、時計で使うとどうなるかは、私も実験中です・・

充電式電池は1.2Vで乾電池の1.5Vより低いから多くの機器で使えないのではと考えがちですが・・普通のマンガン乾電池もアルカリ乾電池も、使い始めが1.5Vになるだけで、使っている間、ずっと電圧が下がっていき・・1.1V程度になると多くの電気製品は止まります・・

一方、充電式電池は、使っている間安定して1.2Vを維持し・・残り少なくなると、急に電圧が落ちるという特性です・・

つまり、乾電池が通常使用中は1.2〜1.3Vだから、充電式の1.2Vでも多くの電気製品が使えるというわけです・・

古めのカセットレコーダーなどでも充電式が使えました・・私は、時計や懐中電灯、ラジオ、リモコンなどにも入れて動くかどうかテストしてみています・・やはり、一部動かない物もあるようです・・

なにより、モーターを回して遊ぶタイプの玩具・・これに使い捨ての電池を使うのはもったいないです・・それで、プラレールで子どもと遊ぶときは、エネループを入れています。

ただ、1500回充電する場合というのは、電力をたくさん消費するタイプの製品なら、御利益があると思うけど・・時計などでは1年に一回再充電することになると思いますから・・10年使っても10回程度しか再充電しません・・

そうなると、何回より、何年安全に使えるかの方が気になります・・エネループは登場してそれほど時間が経過していないので、何年使えるかはメーカーでも試験中らしいです・・

ただ、初めて導入したエネループ・・4年前の物ですが・・現在も普通に使えます・・というか、普通に使っています・・特に問題は起きていません。

まだ使える14年前の充電式電池そして、14年前に初めて買った充電池・・・まだ300回再充電していないので、今でも使えます。

ただ、技術的には昔のものなので、内部が劣化している可能性はあると思います・・つまり、購入直後より一度充電して使える時間は短くなっていると思います。

この14年前の充電式電池がどれくらい使えるか・・テストしてみようと思っています。


kensan156m at 20:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年07月24日

大暑翌日・・・

昨日が、暦の上では最も暑い時期に入ったことになる大暑・・・暦通りで、広島でも毎日暑い日が続いています。

ある手いる途中・・ふと空を見上げると、積雲(入道雲になる前の状態の雲)がもくもくできていて、夏の空だなと感じました。

大暑翌日の空この写真は、ずっと使ってきたパワーショットが部品が無くて修理できないため、修理代プラスαで購入したコンパクトデジカメで撮影したものです。

色の再現やノイズの少なさはよくできています・・でも、1400万画素モードで山の風景を写すと、不自然な部分が所々あります・・街角など人工物がメインの風景では問題にならないけどね・・

風景を写すときは、わざと画素数を落としたモードを使い、800万画素モードもしくは500万画素モードにします。

1400万画素モードでも高感度の時のノイズの少なさはよくできていると思います。それと、ピント合わせが瞬時で、電車など速いスピードで動く物には向いています。

ただ、シャッター優先モードとかマニュアルモードなどは搭載されて無くて、LED方向幕を写すときにシャッター速度を1/30秒にしようとしてもできないのが残念です(苦笑)

そういった機能が付いてる物を選ぶには修理代プラスα程度の予算では届かなかったです。

kensan156m at 23:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年07月21日

Windowsショートカット脆弱性

現在、Windowsには大きな脆弱性(セキュリティ上の弱点)が存在しており、参考記事に詳しく書かれているが・・危険だという・・

もともとWindowsは穴だらけと言う方もいるくらいで、解決していない脆弱性はこれだけではないと思うけど・・・

参考記事

記事にあるように、現時点では更新プログラムは用意されておらず、ゼロデイの状態です。また、Windowsの多くのバージョンでこの脆弱性が存在するとのこと・・つまり、XPでもVistaでも7でも、リスクは同じとのこと・・

恐らく、マイクロソフトでは急いで更新プログラムの作成を行っていると思いますが・・更新が用意できて・・利用者が適用するまでは、この脆弱性を突いた攻撃やウィルス感染を防ぐのは難しい状態です。

どんなに優れたセキュリティソフトでも、OSの脆弱性を突かれたら、感染は完全には防御できないと聞いています。

それで、例え、セキュリティソフトを入れていても、サポートの切れたWindows2000を使うのは推奨されないということになります。

簡単な防御法は、ネットにつながず、よそからファイルを入れないという方法がありますが・・これでは、日常的にネットを使っている人には解決法にはなりませんね・・

とりあえず、ネットで使うことがあるソフトは全て最新の状態にする・・その上で、頻繁に全ファイルスキャンをするくらいしか対策は思いつかないです。

ウィルスが感染した場合、単体で存在する場合もありますが、何らかのファイルにとりついているケースもあり、その場合、セキュリティソフトがウィルスを駆除するときはファイルごと削除されます。

つまり、本当は水際で阻止したい所ですが、脆弱性を利用されると、検出率が高いと言われるソフトでもすり抜ける場合があり、マイクロソフトによる対策が早く行われることを待つしかないようです。

なお、プログラムの設計自体を変えないと直せない場合・・サポート期間中でも対応しないこともある(オフィスXPでそういった例があります・・つまり、サポート期間中でもオフィスXPには既知の脆弱性が存在したままになっています)ので、対策できないからWindows 7にアップグレードしてね・・だけは勘弁して欲しいです。

kensan156m at 23:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年07月20日

自治体や企業などで

Windows2000のサポート期限が先日切れましたが・・

自治体や企業のPC約15万台が今なおWindows2000で動いているという・・

参考記事

サポート期限が切れたら・・それ以後に見つかった不具合やセキュリティの脆弱性(弱点)は修正されません・・つまり、自治体や企業といったセキュリティに気をつけないといけない所のPCがセキュリティ上の脅威にさらされていることになります。

ただ、簡単に新しいPCに移行できない場合もあります・・それは独自にプログラムを開発会社に発注して、それを使っている場合・・

例えば、Windows 7でそのまま動くかと言えば、正常には動かないことは大半・・となれば、そのシステムの修正を行わないといけませんが・・これにはコストと時間がかかります・・

それで、Windows2000のサポートを延長して欲しいという声もあったそうですが・・その声は届かなかったわけです。

というか、自治体がPCを購入するのに一台15万円???・・・おいおい・・事務処理がメインのPCなら、オフィスが動くPCでいいのだから、10万円以下の安価な物でもよいのでは?

そういったPCで、ブルーレイが再生できる性能は必要ないし・・というか、今なら、安価なモデルでもハイビジョン対応の物が多いから、安価な物でも、性能は良いです。


それと、私のように個人でWindows2000を導入した人もいると思うから、現在稼働中のWindows2000のPCの台数はもっと多いと思います。


なお、上の参考記事にサポート期限がVistaは2017年、Windows 7が2020年となっていますが・・家庭版は、それより5年短いので要注意です・・

今のところマイクロソフトのサイトで見る限りでは、Vistaの家庭版は2012年にサポートが切れます・・XPが2014年ですから、逆転しています・・

これは、XPの家庭版の利用者があまりにも多く、Vista発売から2年でサポートが切れることが公になったら、大ブーイングとなり、仕方なく、業務用のサポート期間を家庭用にも適用したからです。

Vistaの利用者は少ないし、マイクロソフトとしては、Vistaの改良版のWindows 7へ移行して欲しいようなので、延長するかどうかは微妙です。

でも、サポートが切れるから買い換えるかアップグレードしなさいという売り方・・消費者の立場からすれば、嫌な商法だと感じます。

kensan156m at 20:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年07月17日

今年初め頃にエネループを入れた時計

7月17日現在、まだ動いています今年初め頃、時計などの電池を交換するとき、古めの時計に充電式電池のエネループを入れてどうなるか実験していますが・・

7月17日現在・・正常に動いています。

この時計は、最近のクオーツの時計ではなく、機械仕掛けの時計で、ゼンマイではなく、電池の力で動く物・・つまり、かなり古い時計です。

私の部屋では、クオーツの時計にエネループを入れていますが・・こちらも正常に動いています。

充電式電池は、一度充電しても、長期間電気エネルギーを保持できないという問題があり、昔は3ヶ月程度で、再充電の必要がありました・・エネループではそのあたりの問題を解消しており、1500回充電して使える新しいタイプのものでは、1年経過しても90%くらいの電気エネルギーを保持し、3年経過しても70〜75%保持していると能書きでは示されています。

つまり、1年に一度くらいしか電池を取り替えない時計でも、使えると考えて、テスト中です。

ただ、時計は1年に一度なので、1500回充電することは無いでしょう・・それより、エネループは何年、問題なく使えるのか・・こちらが気になります。

kensan156m at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年07月16日

人の脳は退化しつつある?

たまたま薬局で薬剤師の方と雑談するときがありました・・

そこで、最近、文章をパソコンで作成するので、手書きで書こうとすると思い出せない漢字が多くなっている・・ついでに、文字が汚くなっていると薬剤師の方が仰ると、他の薬剤師さんもそうそうと言って同じご意見でした・・

私も同じで、昔は手書きできた漢字でも、今、手書きしようとすると、ど忘れしています。文字もかなり汚くなりました。

また、計算ができない人も増えているという話もありました・・・そう、電卓を使うからです・・中には、3桁程度の足し算引き算ができないという話もありました。

その薬局でチーフとなる薬剤師さんは、昔からいろんなことを見てきており、車の普及が糖尿病などの生活習慣病を増加させたのと同じで、今度は、脳の能力が下がっているのだろうと・・

運動をせずにいたら筋力は落ちていきます・・それと同じで脳を使わなければ、脳の能力が落ちていくのではないかと・・

そのためには、手書きする文書も書いて、分からない漢字があれば、面倒でも辞書を引く・・計算も筆算でやる・・そろばんを習っていた方なら、そろばんや暗算で計算して、本当に合っているかを電卓で確認するのが面倒だけどよいのではという話になりました。

考えさせられる話でしたが・・・確かに、覚えていることでも使わなければ脳は忘れていきます・・もちろん、パソコン関係や今のIT機器を扱うのに必要な知識は覚えていくけどね・・・・(苦笑)

kensan156m at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年07月14日

Windows2000・サポート終了

Windows2000マイクロソフト社は、今までサポートされていたWindowsの中で、発売から10年程度経過し、業務用のサポート期間(通常のサポート期間5年+延長サポート5年)に達したWindows2000のサポートを終了しました。

Windows2000は技術者の間で、マイクロソフトのOSの中では特に出来がよいと高い評価を得ていたうえ、ユーザーが主に企業ユーザーで、できればサポート期間を延長して欲しいという声もあったのですが、予定通り終了しました。

続きを読む

kensan156m at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年07月09日

部品保有期間

実は、昔から使っている300万画素のデジカメに一部不調な部分があったので、まだ撮影には問題ないけど、修理に出しました・・

その部分は使うときに必ず動かす部分なので、今は問題なくてもいずれ問題が拡大して、撮影不能になるからです・・

ところが、メーカーからの返事は・・最低部品保有期間を過ぎており、すでに部品が無いので直せないというものでした・・

最低部品保有期間とは、カタログの裏面などに書かれていますが、機器の機能を維持するために必要な部品を製造打ち切りから最低何年保有していますという期間です。

コンパクトデジカメでは6年・・パソコンも6年です・・

以前は、この期間を大きくオーバーしていても修理可能な場合が多かった・・

ところが、いくつかの家電店やPCショップでその話をすると、実は、デジカメにしてもパソコンにしても、1年に4回くらいモデルチェンジをしている・・となれば、モデルごとに違う部品が多々出てきます・・それらをまじめに長期間保有していたら、部品を保有することによるコストがかかる・・ゆえに、最近は、本当に最低期間ぎりぎりくらいしか部品を持っていないということです。

となれば、良い物を買って長く使うという方針だと損をするケースもあるのかと単刀直入に聞いたら・・申し訳ないけど、デジカメやパソコン、携帯などは現在は消耗品です・・パソコンの減価償却期間は4年です・・つまり、本来ならそれ以上部品を持ちたくないのがメーカーの本音だと思います・・

購入するときは、長期保証が切れて故障したときは買い換える・・そのために安価な製品を選ぶという割り切り方をした方が得策の場合もあります・・とのこと・・

それで、私はコンパクトデジカメを選ぶときは、できるだけ大きめのセンサーを採用して、マニュアルの操作ができる物にしてきましたが・・今回、修理不能になったデジカメの代わりになるデジカメは、割り切ってこだわりを捨てて、センサーも小さく、ほとんどオートしか使えない安価なデジカメを選びました。

センサーが小さいので、レンズの径は大きめの物を選んだけどね・・本格的な撮影には使わず、日頃持ち歩くデジカメという役割にするつもりです・・


パソコンに関しては、現在、メーカー製PCにはあまり興味が無くなりました・・自作の場合、部品が壊れたら、自分で調達して直せます・・メーカー製PCの修理代よりかなり安価でも直せます・・

もしかしたら、長く使えるパソコンは、意外と自作PCかもしれないと思いました(苦笑)

kensan156m at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年07月06日

明日は七夕

明日、7月7日は七夕・・・夜空の織り姫さんと彦星さんが一年で一度だけ会うことができる日と、昔から言い伝えられています。

1年に一度しか会えない・・・もしかしたら、叶わぬ恋に悲しい思いをした人が、こんな話を作ったのかなぁ・・・なんて勝手に思っています。

さて、広島では七夕の前の時期に、いつも普通に走っている707番の路面電車に織り姫様のヘッドマークを付けて織り姫号になります・・

707番、織り姫号707番の路面電車・・前に織り姫様の小さなヘッドマークが付いています。

車内は、普段と違い、飾りがいろりろ取り付けられています。




織り姫号のヘッドマーク今まで、織り姫号を毎年見ていますが・・ヘッドマークを路面電車のすぐそばで撮影できたのは初めてです。

ヘッドマークは小型のもので、毎年同じ物が使われています。

7月7日ということで、同じ数字になる707番の電車が織り姫号になるようです・・

なお、なかなか遭遇しないのですが・・彦星号も走っています・・彦星号は今まで705番の電車がなっていますが、今年は何番の電車が彦星号になっているのかは確認できなかったです(苦笑)

小さいことだけど、季節感を感じさせる面白い取り組みだと思っています。



kensan156m at 19:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年07月05日

全国一斉地デジ化テスト

昨日(7月4日)の午後6時の前1分間・・地上波のテレビの全てのチャンネルで、全国一斉地デジ化テストが行われました。

サハラ砂漠の砂嵐がみられるかもしれないというので、テレビをつけてみました・・


続きを読む

kensan156m at 01:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年07月03日

明日、サハラ砂漠に(苦笑)

明日、時刻は失念しましたが、全国一斉に同じ時刻(夕方頃)の1分間、アナログのテレビは、電波が止まった時の状態・・つまり砂嵐の状態になります。

家は基本的に、現在もアナログなので、その時刻にテレビを付けると、サハラ砂漠の砂嵐を見ることができます(爆)

まだ、都市部やその周辺部は電波が届いているから、地デジ対応テレビなり、チューナーを買えば、地デジの放送を見ることができますが・・

広島県は、山間部が大半・・山と谷が複雑に入り組み、アナログの電波が届いても、地デジの電波が届かない所は数百地域あると聞いています。
ついでに、当初予想されていた電波が届かない地域以外で、地デジのテレビを買った人から映らないと報告が入り、初めて電波が届かない地域だったと気がつくことが続いており、電波が届かない所への対策が思うように進まない一方、想定外の届かない地域は増え続けています。

そういった地域の方も、地デジテストの時刻にテレビのスイッチを入れたら、サハラ砂漠の砂嵐を見ることができます(爆)

アナログの電波が止まるまで1年程度となってきたので、アナログ放送は、4:3の画面ではなく、ハイビジョンと同じ比率16:9になり、空いた部分にテロップが流れるようになる予定だと聞いています。

自作のPC・・愛称PCのぞみを使えば地デジを見ることはできますが・・明日は見る番組が特に無いと思うので、PCのぞみの改造工事を予定しています(謎)

これで、爆音マシンの汚名を返上できるかな?(謎)

kensan156m at 23:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話