2010年04月

2010年04月28日

爆問学問

4月に入ってから、あまり興味を示すドラマが無いので、今はテレビを見る場合、教養番組が多いです・・

教養番組は、最新の研究の成果などを解説したり、最新の研究のプロジェクトのリポートだったり・・概ね、番組の筋書きは決まっているのだけど・・

型破りな教養番組に略称「爆問学問」があります(確か、正式名は「爆笑問題のニッポンの教養」・・だったはず)・・これは、お笑いタレントの爆笑問題の二人が、研究者などを訪ねて、ざっくばらんに話をする・・そんな感じなのですが・・

研究の成果を質問したりすることもあるけど・・実際にはそれより、もっと別の話が多い・・ただ、それがかなり人間的に深い話であることが多く、非常に興味深いです。

研究者がどんな考えの人なのか、その一部が垣間見えたり・・面白い研究などでは、実際にそれの体験を爆笑問題の二人がしたりと・・何かについて学ぶ番組とはちょっと違うけど、面白いと思っています。

昨夜は将棋の羽生永世名人との対談でしたが(必ずしも研究者だけが対象ではないようです)、興味深い話がありました。

次回は、日本の宇宙開発の拠点で取材をするようなので、今から楽しみです。

kensan156m at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年04月26日

ソニー、フロッピーディスクの販売を来年3月で終了

すでに、新聞などで報道されているのでご存じの方が多いと思いますが・・

フロッピーディスク製造の最大手のソニーがフロッピーディスクの販売を来年3月で終了することに決めたそうです。

参考記事

記事にあるようにUSBメモリなどの普及でほとんど使われなくなり、需要が急激に減ったということが理由です。

確かに、以前のパソコンでは、データを保存するにはフロッピーを使う以外選択肢が無い状況でもあり、パソコンショップにはフロッピーディスクはいろんなメーカーの品が並んでいました。

フロッピーディスクとUSBメモリ写真は、左から5インチフロッピーディスク、真ん中は3.5インチフロッピーディスク、右端は4GBのUSBメモリ。

昔は3.5インチフロッピーディスクではなく、もっと大きな5インチフロッピーディスクが使われていました・・その前は8インチフロッピーディスクがありました・・自分は使ったことはないけど、実物を見たことはあります。

5インチフロッピーも3.5インチフロッピーも、大容量タイプの2HDタイプ1枚で、PC/AT互換機のフォーマット方式で1.44MBの記録容量しかありませんでした。PC-9801シリーズなど、国内の独自仕様のパソコンでは1.2MBの容量になりました。

以前は保存するデータの容量が小さく、1枚のフロッピーに文書を多数保存できましたが・・1.44MBでは、最近のデジカメの画像だと画像1枚でもフロッピー1枚の容量をオーバーしてしまいます。

国内では、まず1枚で640MBの容量があるMOがある程度普及しました・・MOのディスクは耐久性があり、ハードディスクと同じように自在に読み書き、消去も簡単にできました。その後1.3GBの容量がある物が出ましたが、あまり普及せず、現在、MOのドライブの品数は一時期より大幅に減っています。

CD-R/RWが普及してくると、1枚に650MB〜700MBも記録できるうえに、パソコンに標準装備されるようになる・・そして、DVDドライブが普及し、これもパソコンに標準装備されるようになる・・DVDは一層式で1枚の容量が4.7GB・・CD-R/RWの6倍以上の容量です・・

そして、ドライブが必要なく、USB端子につなぐだけで使えるUSBメモリが急速に普及・・今では4GBの容量でも千円以下で販売されるようになっています。

4GBのUSBメモリはフロッピーディスクの3000倍近い容量があります。

データの受け渡しの役割はフロッピーからUSBメモリにかわり、データ保存の役割はフロッピーからDVD等の光ディスクにかわったわけです。

ちなみに、今でもBIOSの更新にはフロッピーディスクが必要なパソコンやマザーボードが結構あります・・そういった用途にはまだ必要です・・

それで、ある程度のディスクを買っておこうと思っています。

kensan156m at 22:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年04月24日

パソコンの調子が悪いとき

残念ながら、現在のパソコンは100%完全な物ではなく、何らかの問題を抱えたまま使う物になっています・・

そのため、使い方によっては突然、パソコンのご機嫌が悪くなるケースが多々あります。いろんなPCショップで店員さんと雑談するときに、出てくるのが、パソコンのトラブルの大半がお客様の使い方の問題で生じているということ・・

メーカー製パソコンで、内部に増設する物で唯一、自分で行って良い物にメモリがあります・・しかし、パソコンの求める規格のメモリを買って付け替えて増設しても、逆にフリーズが多くなったりすることがあります・・これは、メモリとパソコンの相性がよくない場合に起きます・・メモリを発売しているメーカーがパソコンを対応機種にしている場合、交換に応じてもらえることが多いです・・これで、トラブルが直った例を何度か見ています(自分のPCだけではなく、他の方のPCも扱うので(汗))

また、メーカーが動作保証するのは、出荷時に搭載されたソフトだけで使っている時だけです・・出荷時の状態で問題が生じれば、修正版がダウンロードページにアップされます。

つまり、プリンタであっても・・まれに動かないということがあるのです。

プリンタのドライバやソフトをプリンタを取り付けるときにインストールしますが、このドライバやソフトが他のソフトと相性が悪ければ、突然不調になります。

まだ、プリンタなら滅多にそういうことはないけど・・音楽プレーヤーや携帯電話などをつなぐ場合、あまりにも機種が多いので、さすがに動くかどうかは自己責任の範囲になります。

ソフトのインストールでも同じです・・よく知られていることに、セキュリティソフトを2種類入れるとよくないということがあります・・両方のソフトがバッティングしてしまうのです・・

また、CDやDVDなどのディスクに書き込むソフトやDVDやブルーレイの再生ソフトも複数入れると動作が不安定になることが多いです。

メーカー製PCなら、出荷時にメーカーが添付したディスクに書き込むソフトやDVDやブルーレイの再生ソフトを削除してから、自分が使いたいソフトを入れると回避できることが多いです。

あと、デジタルオーディオプレーヤーの普及で、それの音楽を扱うソフトがたくさん出回っており、実は、これらのソフトにはCDへ記録できる機能が付いていたりします・・そう、実際は音楽を扱うソフトなのに、ディスクへ書き込むソフトが一緒になっている・・しかし、パソコンには、他のディスクへ書き込むソフトが事前に入っている・・・これでトラブルが起きる場合があることも聞いています・・

難しいのは、同じ機種でも、全く同じソフトと、周辺機器を使っているというケースが少なく、一人一人違う物をインストールして、違う周辺機器をつないでいる・・

それで、同じ機種でも問題なく使えるPCと、トラブルが生じるPCがあるのです・・

どうしても原因が分からないトラブルの場合、一般の方は、データをバックアップして、出荷時の状態にリカバリしてみる(メモリも出荷時の物に戻す)・・それでもおかしいか様子を見ると、パソコンの機器のトラブルなのか、ソフトウェアの問題なのか判断が付くと思います。

詳しい人になると、リカバリしなくても復旧できるのですが・・それは、非常に難しいことをたくさん習得しないといけないので、その方法はあまりおすすめしません。

パソコンはいろんなことに使える・・汎用性があるという便利な面もありますが・・逆にそれが、トラブルの原因にもなることがあるのです(苦笑)

kensan156m at 23:19|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年04月21日

地デジ化・・家は遅れています

あと、1年少しでテレビ放送のアナログの電波が止まることになっていますが・・

家の地デジ化は遅れています・・まだ、正式に対応したテレビはないです。

もともと、国策でテレビを買い換えさせるという方法に家族が納得いかず・・また、初期はテレビ受信機の値段が高かったので、様子見となりました・・

しかし、一昨年、弟が地デジ対応の液晶ハイビジョンテレビを導入・・お店で見るときは、じっくり時間をかけて見るような雰囲気ではないので、ハイビジョンの良さがなかなか分からなかったのですが・・弟の家のハイビジョンテレビを見て驚いた・・

ちょうど、サッカーの試合を映していたけど・・アナログテレビなら、広い範囲を映せば、選手は豆粒のように小さくなり、背番号も判別できません・・ところが、ハイビジョンテレビだと、アナログテレビより細かい所まで見えることがはっきり分かりました。


続きを読む

kensan156m at 23:26|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年04月18日

仕事用PCのフリーズ頻発の原因を突き止めました

家で使っている仕事用PC・・愛称「PCはるか」が、何故か、エラーが頻発しエラーの表示が出る・・起動途中にWindowsがクラッシュしてブルースクリーンが1秒ほど出て、再起動され・・「システムは重大な障害から回復しました云々」という表示が出て、そのデータをマイクロソフトへ送信すると「デバイスドライバが原因」と表示されていました。

しかし、デバイスマネージャを見ても、どのドライバも正常に動いており、新しいバージョンのドライバがある物は適用しています。

それで、何が原因なのだろうと、いろいろPCを調べていたのですが・・

意外と目に付く場所に問題解決のヒントが隠されていました。


続きを読む

kensan156m at 20:32|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年04月15日

ウィルコムのスマートフォンについて補足

先日、ウィルコムのスマートフォン・・ハイブリッドW-ZERO3が、まだ入荷する可能性があるとレスで書きましたが・・

現在、ウィルコムのスマートフォンは全て生産完了しており、流通在庫のみ残っているだけという情報を入手しました。

先日、機種変した私のAdovanced W-ZERO3[es]も、ほとんど残りは無いようで、ネットのショップでもすでに在庫無しとなっています。

本当は、よく検討して購入すべき物ですが・・もし検討済みで購入を決めているなら、あちこち探るしかないようです。

なお、ハイブリッドW-ZERO3については再生産の要望が強いので、メーカーに再生産を働きかけている所だということです・・しかし、再生産するかどうかは未定です。



kensan156m at 22:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年04月13日

座りにくいと思ったら・・

どうも、最近、机で作業をするとき、椅子に座りにくい・・窮屈だなと思っていたら・・

先日、PCのぞみを机の横の空間に入れるため机を少し移動させたとき、横方向に2〜3cmだけ動かせばよかったのが、同時に、机全体が手前に5cm以上も出てきている・・(汗)

それで、窮屈になっていました・・なんかおかしいな・・と思っていたので、位置を計ってみると、そういう結果に・・

ということで、机の前後の位置は元に戻さないと・・(汗)

ちなみに、PCのぞみは現在試運転中・・近日中に本格稼働する予定です。

kensan156m at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年04月12日

どのUSBポートに無線LAN子機をつなぐかで性能低下?

家にあるPCで、現役(OSがサポート期間内)のPCで最も古いPCは、1997年発売の液晶一体型デスクトップPCです。新品で買ったのではなく、中古で買ったPCです。

もともとはMMX Pentium 166MHzが搭載されていましたが、改造してK6-2に取り替えており、それにより性能が3倍近くアップしたので、それほど遅くない速度で動いていました・・

このPCが発売された頃は一般向けPCはWindows95が搭載されて発売されており、このPCも同じです・・そして、この時期のWindows95マシンは、USBポートを備えていました・・ところが、Windows98が登場して、USB端子につなぐ機器が発売されたら・・なんたることか、Windows95が搭載されていたPCのUSB端子での動作は保証しないなんてほとんどの機器に書かれていたことを覚えてい人もいると思います。

このPCはWindows2000をインストールしていますが、USB端子が作動するかどうかは保証できないことにかわりありません・・

それで、いろいろつなぎました・・マウスやUSBメモリはOK・・外付けCD-R/RWドライブやDVDドライブも作動しました、そして無線LANの子機も作動しました・・動かなかった物として外付けハードディスクなどがありました。

それで、当初は無線LANの子機を本体のUSB端子につないで使っていたのですが・・

このPCにはPCI増設スロットが1つあります、それで、そこにUSB2.0増設ボードを取り付けました・・この増設ボードでは手元にあるUSB機器は全て動作しました。しかも、転送速度もアップしています・・

それで、無線LANの子機もこちらにつないでいたのですが・・・

そのあたりから、妙な現象が起きます・・それは、無線LANの子機をつなぐとパソコンの速度が大幅に落ちるという現象です・・調べると、ハードディスクのアクセスが大幅に遅くなっている・・

その時の状況を総合ベンチマークテスト、クリスタルマークで調べると・・

性能低下した状態総合で3500ポイント前後しかありません・・しかもハードディスクの項目(HDD)のポイントは大きく落ちています。

普段なら4000ポイントから5000ポイントくらい出るので、この数値は何か性能面で問題が生じていることを示しています。

それで、ふと思ったのが、無線LANの子機を本体のUSB端子につないでいたときは、さくさく動いていたなということ・・

子機をつなぐところを変えるだけでそれで、子機を本体のUSB端子につなぎ替えてみました・・

クリスタルマークで4000ポイントまで回復しています。主に、ハードディスクのポイントがアップしています・・

ハードディスクのアクセスが早くなれば、他の性能が変わらなくても高速化につながります・・なぜなら、CPUやメモリより、ハードディスクはもともと遅く、性能向上の足かせとなっている部分だからです・・

この状態だと、ずいぶん使いやすくなりました・・

ただ、K6-2を搭載したら5000ポイントくらいまで出ているので、まだ何か改善が必要と思います。

速度は1Mbps程度ちなみに、速度測定サイトで、ネットの通信速度を計測しました・・

本体のUSB端子の速度が遅いのか、1Mbps程度しか出ていません・・時には500Kbpsくらいになります・・

500Kbpsといえば、ウィルコム最速のデータカードを広島市の旧市内で使ったときの速度とほぼ同じです。

ただ、500Kbpsくらい出ていれば、さほど遅いとは感じないので、今後は、本体に子機を付けることにしました。

kensan156m at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年04月10日

広島市内の桜

桜の時期に、毎年カメラを持って訪れている所があります。(都合がつかないとか、雨天の場合は行かない年もあるけど)

広島市の桜の名所の一つ・・比治山です。

ここには私が個人的に好きな桜の木があります・・時には、葉桜になっていたり、まだ5分咲きくらいの時もありますが、今回は満開でした。

比治山から広島市を望む比治山は広島市の市街地に囲まれた標高70m程度の丘です。

この写真は展望台から、広島市内を写したもの・・

今回は、コンパクトデジカメを使いました。最近ではコンパクトタイプで安価な物でも1000万画素くらいあるので驚きます・・コンパクトタイプでも1500万画素くらいの物もある・・というか、携帯のカメラに1000万画素の物が搭載されている・・

あまり小さいセンサーの画素数をアップしても物理的な限界があるのだけど・・消費者には画素数の数字が大きいほどきれいに写ると考えている人が多いので、メーカーもその路線になってしまうようです。

自分が持っているデジカメで最も画素数が多い物でも800万画素・・普段は300万画素のデジカメを使っています。

比治山の桜この桜の木は好きですね・・

写真では一本の木に見えるのですが・・実は2本の木が並んでいるから、これだけ横に張り出しているだけです(笑)

最初は一本の木だと思っていました(爆)

ちなみに、以前、撮影したこの桜の木の写真が、広島市内を案内する観光バスの、自動ガイドシステムに採用されています。

あくまで他の地域から来た人のためのシステムなので、自分が見ることはないです。


桜のトンネルこの道路は車がよく通るので、車がいない時を狙うには少し待っていないといけません・・

桜の花のトンネル・・といった感じの写真になりました。

写真では分かりませんが、このあたりの桜は少し葉っぱが出ていました。

桜のアップ最後に、桜の花のアップ・・・

コンパクトデジカメでも、うまく設定すれば、背後がぼけます。

本当は、今年は撮影に行けないと思っていました・・いろいろ予定があったからです・・しかし、運良く、晴れた日に時間がとれました。

広島市内の桜は散り始めた所が多いようです・・・今度は、県北などや山の上の桜が見頃になってくると思います。

桜の花の下で食事するのも楽しいですが・・カメラ片手に散策するのも、また楽しいことです。

kensan156m at 23:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) きれいな風景 

2010年04月09日

小さい子はハイテクな物を壊す危険が・・(汗)

1〜3歳くらいの小さな子は・・何でも興味を示すうえに、それをゲットしたら、手加減無しでいろいろいじる傾向があります(汗)

USBメモリが餌食に・・先日、春休みということで、2歳の姪が一人でしばらく家にお泊まりに来ていたときの被害・・

USBメモリが破壊され、バラバラに・・・(激汗)

しかし、データは何も入ってなかったこと・・チップは異常なく、チップ丸出しの状態でパソコンにつないでも使えました・・

つまり、運良くカバーだけ壊れていました・・

USBメモリ修復成功それで、カバーを取り付けて修復しました・・

このUSBメモリは、使わない時は、端子を引っ込めて、使う時は端子を出して使う物ですが・・修復当初は、この端子の出し入れが何かに引っかかってうまくいかないことが多かったけど・・今は、普通に使えるようになりました。

(^。^;)ホッ

というか、私が初めて購入したUSBメモリは256MBの容量で、確か3000円くらいしました・・256MBでもフロッピー200枚分に近いデータを入れることができるし、USB端子につなぐだけで、データをコピーして、他のPCに入れることができる・・とても便利です。

今では、4GBくらいでも1000円少しの物があります・・容量の大きい物なら16GBなんて物も売ってますね・・

4GBなら片面1層式のDVD並みの容量です・・DVDだとドライブで書き込むので、書き込みに使うソフトが必要な上に時間もかかりますが・・USBメモリだったら、特にソフトはいらないうえに、短時間で転送できます。

ちなみに、上のUSBメモリは4GBの容量の物です。

というか、最近驚くのは、デジカメでよく使われるSDカードの値段が安くなっていること・・しかも容量の大きな物なら32GBの物がありますね・・

私が持っているデジカメはSDカードではなくもっとサイズが大きなCFカードを使う物なのですが・・大半のデジカメがSDカードになったため、CFカードはあまり売れなくなり、値段はSDカードに比べて割高です。

ちなみに、USBメモリも、SDカードもCFカードも、記憶する部分はフラッシュメモリという種類のメモリが使われていて、基本的には同じです・・形状が異なったり、SDカードなら著作権保護ができるようになっているなど、違いはあるけど、基本は同じです。

kensan156m at 18:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年04月08日

近日中に送電設備更新のため長時間停電が・・

中国地方をエリアにしている中国電力さんから、家の地区の家にお知らせがあったのですが・・

電柱の上の送電線の張り替えのため、3時間〜4時間の停電が近日中にあります・・

もちろん、昼間にするので、暗くて困るということはないのですが・・

ふと思ったのが、今の一般家庭には電気を使う物がたくさんあるということ・・バッテリーで動く物を除けば、停電すれば使えませんね・・

停電時間中に録画したい番組があっても、地デジレコーダーを使ってもビデオを使っても録画は無理・・冷蔵庫は止まるので、あまり開け閉めしていると冷蔵庫内の温度が上がってしまう・・テレビはもちろん映らない・・

そして、昔の単純な電話機なら、電話線にも電流が流れていて、それで動かすことができたのですが・・ADSLやら光ファイバーにしたら、ADSLならADSLモデムが・・光ファイバーなら終端装置が100Vの電源で動いているので、回線が切れます。というか、最近の電話は多機能になっているので、電話機自体が100Vの電源を必要としている・・

エアコンも動かないし(今の時期は必要ないけど)、石油暖房でも昔の赤外線式ストーブなら使えるけど、ファンヒーターは動かない・・

PCも、デスクトップなら動かない、ノートPCでもバッテリーが消耗していたら、やはり動かせない・・

炊飯器もレンジも動かない・・・他にも100Vの電源を必要としている物は動かない・・


いつの間にか、電気が止まると大変な状態になる生活が普通になっているんですね・・例えば台風が来たら、夜間に停電する場合が多々あります・・情報源は、電池で動くラジオになります・・携帯はバッテリーで動くので使えるけど、あまり使っていたら、バッテリーが消耗するので、災害で長時間停電すれば、携帯のバッテリーが消耗して使えないという状態になります。

普段から、災害時などに停電しても大丈夫なように、電池で作動する蛍光灯や、ラジオなどの用意をしておかないと・・と感じました。


kensan156m at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人的な話 

2010年04月06日

途中解約なら契約解除料が・・・

以前、携帯電話の電話機や端末が安価で販売されていた頃がありました・・時には0円という端末もありました・・

しかし、0円で売っても、携帯電話会社から販売奨励金として、販売店にバックマージンが入る仕組みになっていて、基本料や通話料・通信料の値段が高いままになっていました。

それで、総務省が販売方法を是正するようにと指導したところ・・・端末の値段は大幅にアップ・・かわりに、2年間の分割払いで支払うという方式が多くなりました。

私が使っているドコモの場合、2年間の分割払いで購入する場合、基本料が安価なプランが用意されています。しかし、途中で契約を解除すると、契約の仕方によっては1万円近い契約解除料が請求されたり、端末の残り代金は支払い続けないといけないため、トラブルも多いと聞いていました・・

しかし、販売店側が、端末代金0円と説明して・・実は、頭金だけが0円で、分割払いはしないといけないといった、少々怪しい売り方も増えていて、トラブルが増えているとのこと・・

参考記事

顧客側は端末代金がかからないものだと思っていたら、きちんと端末代金も引き落とされていたわけです。

広島市内でも、携帯3社のかけひきが激しく・・携帯ショップの前では、他社から移行した場合は大幅値引きとか、0円の端末あります・・なんて書いてあるショップがあります。

そういうショップで契約する場合、契約内容をよく見たうえで検討した方がよいと思います・・後で、それは知らなかった・・では遅いですから・・

個人的には、バックマージンで端末を安く売る売り方は、頻繁に機種変する人には得ですが・・同じ端末を継続して使う人は損をしていることになり、概ね5〜7万円する端末代金を分割で払うというやり方はよいと思っています。

ただ、途中解約したら端末の代金の残り以外に契約解除料がかかる場合が多く、よく2年縛りと言われますね・・つまり2年間は同じ端末を使わないといけない・・という感じで・・

この解除料の規約なども、契約時によく契約書を読んでおく方がよいです・・

ドコモの場合、端末を安く買って、基本料が高めのプランに契約する方式と、端末を本来の値段で購入して、分割払いして、基本料が安いプランの両方が用意されているので、どちらにするかは端末購入時によく検討されることをお勧めします。

他社の場合は、私はあまり知らないので、auやソフトバンクの携帯を契約する際も、どういったプランがあるのか、途中でプラン変更した場合どうなるか、途中解約したらどうなるか、端末代金の支払い方がいくつかある場合、それぞれのメリット・デメリットをよく考えて、納得した上で契約されることをお勧めします。

他社から移行した場合は大幅に割り引きますとか、0円ですなんて宣伝文句は、少々、疑って話を聞いた方がよいと思います。

ちなみに、私のドコモの端末は、分割払いの契約を選んだので(つまり端末を本来の値段で買う方の買い方)、基本料が安いプランを使っていますが・・実は、分割払いの契約でも一括払いができるので、購入時に端末代金を全て支払っています・・それで、毎月の請求に端末代金は含まれていません。

kensan156m at 20:35|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2010年04月04日

CrystalDiskInfo

ある日、突然、正常に動かなくなりデータが冥王星の彼方へ消えてしまうハードディスク・・

しかし、ハードディスクの中では、動作の状態をモニターしており、その情報がハードディスク装置の一部に記録されています。

CrystalDiskInfoは、その情報を表示させるソフトです・・

ミニノートに最初に搭載されていたハードディスク・・個人的に一番信頼していないメーカーの物が付いていたのですが・・普通に使っていても、ガツーンとガタガタガタと妙な音を立てます。その上、プチフリーズのような症状を発症することがあり、数秒、パソコンの動作が止まってしまうのです。



続きを読む

kensan156m at 17:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等