2009年02月

2009年02月25日

JUST Suite 2009を導入

JUST Suite 2009私は、以前から一太郎&ATOK派で、時々、一太郎をバージョンアップしていました。

途中から、一太郎&花子のセットへバージョンアップしていたので、今回はJUST Suite2009を導入しました・・

なお、購入の方法としてバージョンアップ版ではなく、優待版を選びました・・ジャストシステムの説明ではバージョンアップ版だと前のバージョンのライセンスが新しいバージョンに移るだけですが、優待版だと、前のバージョンのライセンスも残り、両方使えるからです。

まだ、あまり使っていませんが、ATOKはやはり賢いです。前のバージョンよりさらに賢くなっています。
あくまで個人的感想ですが、ATOKに慣れたらMS-IMEだけが入っているPCを使うのはストレスを感じます。変換精度・変換速度ともATOKの方が優れていると感じます。

さて、今、私はWindows XPを使っていますが、Windows XPまでの漢字の書体とVista以降の漢字の書体は一部変更されています。これは、単純にフォントの問題で、マイクロソフトのフォントは変更されているということですが・・
では、一太郎やJUST Suiteに入っているジャストシステムのフォントはどっちなのか・・まず、XPのパソコンで見てみると、従来のXPの書体になっていました・・

ではVista以降のパソコンへ入れたらどうなるか、あくまでテストするためにWindows 7のベータ版のシステムへインストールしてみました・・JUST Suite2009はWindows 7のベータ版でも稼働しました・・書体は、一太郎の画面で、マイクロソフトのフォントを選ぶとVista以降のものが、ジャストシステムのフォントを選ぶとXPまでのものが表示されました。もちろん、フォントを混在させることもできました・・つまり同じ漢字をXPまでの書体とVista以降の書体を並べて比較するなんてこともできました(苦笑)

ワードなどとのデータの互換性は高めているとのことですが、やはり細かい書式設定などがあると正確に再現できないようです・・PDF作成ソフトがJUST Suiteには同梱されているけど、これは文書作成したらワード形式に変換するのではなくPDFにして配布すれば、レイアウト崩れを防げるという意味で付いているのかと深読みしてしまいました(苦笑)

確かに、ネット上でも製品の詳しい仕様などはPDFファイルになっている場合が多いし・・というか、このソフトを使えば、自分もPDFファイルを作れるわけです。サイトにPDF形式のファイルをアップするのも一つの手かなと思いました。

kensan156m at 18:22|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2009年02月23日

地デジテレビ・・価格低下の兆しか?

徐々に価格が下がっていた地デジ対応テレビ・・・ついに32インチで5万円を切るモデルが出た。

参考記事

このように価格を大幅に下げて、他社のシェアを奪う商品を戦略商品と呼ぶ場合があります・・・まさに、価格面では戦略商品だと感じます。

一時期1インチ1万円と言われた時期もあっただけに、この価格は衝撃的です。なにしろ、これより小さい一人部屋用の20インチ程度の地デジテレビが5〜6万円で販売されているくらいですから・・・

画質にうるさい方は、能書きを見て・・フルスペックハイビジョンではない(解像度が1920×1080あるとフルスペックハイビジョンと呼ぶそうです)・・あるいは、液晶のコントラスト比などにも突っ込みがあるのかもしれませんが、一般庶民にはそれは関係ない話・・・一般庶民にとっては地デジテレビへの買い換え自体が頭の痛い問題です・・・とにかく、地デジが映る液晶テレビが安価でと考えていたはずです。

こんな値段で発売されたら、高値で販売している他のメーカーは、対抗策に出ないといけないでしょう・・・つまり、地デジテレビの価格低下に一石を投じたテレビと感じます。

CDプレーヤーも登場したときは20万円くらいで販売されていました・・それを初めて10万円を切るモデルとか・・その後は5万円を切るモデル・・と機能を少なめにして価格を武器とした戦略モデルを投入して、CDプレーヤーの価格を安価にする道を開いたのです。

今では、相当なマニアでもない限り10万円出してCDプレーヤーを買う人はいないでしょう・・・だいたいDVDプレーヤーが1万円前後で販売されている状況ですから・・・

地デジのテレビも、いずれ、今のアナログテレビ並み・・いや、それより安価な物が普通になってくるかもしれません・・・

同時に期待したいのは録画機の価格低下です・・まだ、戦略モデルと呼べる機種は少ないですね・・・ビデオデッキが1万円前後まで値下がりしていますが、これも登場当時は20万円くらいしていました・・・地デジの録画機も、同じ道をたどって欲しいと願います。

kensan156m at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2009年02月22日

改造した結果

父のPCの改造・・順調に進み、今日の間に完了しました。

さて・・改造したことにより、どれくらい性能向上しているかチェックしてみました。
私は、以前からクリスタルマーク等を使っていますが、最近になって、雑誌などでPCの性能評価にクリスタルマークが使われることが増えてきました。前は、パソコンに詳しい人でも知らなかったという状態だったので、ずいぶん変わったなと感じます。

ハードディスクの読み書きの速度を計測するのはクリスタルディスクマーク・・・これで、改造前と改造後のデータの読み書き速度を計測してみました。

改造前改造前の計測値・・5400回転のハードディスクを使っているにもかかわらず、シーケンシャルリード(連続読み込み)は22MB/sと、あまり良くない成績です。
ランダムリードの値もやや低め・・そして、これはパソコン側に問題があると思うのですが、書き込みの速度は、読み込みより大きく落ちます。シーケンシャルライトで17MB/sと、あまり良くない成績です。



改造後これが改造後・・一番大きく改善されたのはシーケンシャルリード(連続読み込み)で29.9MB/sまでアップ、ランダムリードも概ね性能アップしている。

やはり、書き込みの速度はあまりアップしていないが、1MB/sくらいはアップしている。書き込みの速度が上がらないのは、パソコンの限界だと考えています。何分10年前のパソコンですから(苦笑)

つまり、これより速いハードディスクを付けても、書き込みの速度はほとんど変わらないと思います。

実際に使ってみると、前より反応がよくなっています。まだ、チューニングは行っていないので、新しいハードディスクに最適化させた設定にすると、速度測定の数字はあまり変わりませんが、体感的な速度アップが実現すると思います。

これで、父の用途には十分な性能なので(父自身が、問題ないと言っているので)、Windows XPのサポートが切れるか、故障するまで使い続けると思います。

kensan156m at 18:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

魔改造開始・・・・

今、けんさんの部屋は、まるで後藤総合車両所のような状況となっております。

父のPCの体質改善工事・・・普通に言えば改造を始めました。

今回のメニューはハードディスクを大容量の物に取り替え、容量アップと記録密度アップによる高速化を狙います。

2.5インチ80GBのハードディスクこれが、改造に使うために購入したバルク品のハードディスク。

バッファローやI・Oデータが販売してるハードディスクと違い、ハードディスクメーカーが製造した物を直接買ったようなイメージになります。

値段は、バッファローなどのハードディスクの概ね半値・・・ただし、説明書などは一切入っていません。また、つないだけど動かなかった・・という相性の問題による返品・交換・修理は一切受け付けてもらえません。

初めてハードディスクを取り替えるなら、説明書も入っているバッファローやI・Oデータの物を選ぶ方がよいと思います。

バルク品の良い点は、安価であることと、ハードディスクのメーカーや品を選べることです・・バッファローやI・Oデータの物は箱を開けるまで、どこのメーカーのハードディスクが使ってあるのか分かりませんから・・・ただ、動作確認しているパソコンで動かなければ交換や修理に応じてくれる点がいいところでしょう。

単体のハードディスクをUSB端子につなぐアダプターノートパソコンでは、デスクトップパソコンと違い、内部に2台ハードディスクを搭載して、元のハードディスクのデータを丸ごと新しいハードディスクへ引っ越しさせることができません。

そのために使うのが、ハードディスクの端子とパソコンのUSB端子を直接つなぐアダプターです。これはIDE(パラレルATA)規格のハードディスク用のアダプターです。
もちろん、SATA(シリアルATA)規格用も持っています・・・というか、このようなブツを持っているのは改造好きの方が多いと思います(苦笑)

改造開始さっそく、父のPCにつないで、データの引っ越し作業が始まりました・・

そう、魔改造が始まったのです・・・ただ、今日一日だけではできないと思います。なぜなら、親父がPCを使う時があるからです。それまでに作業を終わらせるのは簡単ではない・・

古いパソコンを高速化させる方法として、設定を最適化するチューニングによる高速化と、今回のように部品そのものを交換して高速化する方法があります。

効果は後者が大きいですが、当然ながら、チューニングと組み合わせると、もっと大きな効果が得られます。

kensan156m at 13:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2009年02月21日

春は一歩ずつ近づいている模様

梅まだ、2月半ば過ぎ・・・つまり、寒い時期が続いていますが・・

春は一歩ずつ近づいているようです・・・


ウォーキングの途中、梅の木に花が・・


花のアップコンパクトデジカメでアップにして写しました・・・

撮影できる角度が限られていたので、構図は適当になってます(爆)





雑木林しかし、逆の方向を見ると、葉が落ちたままの雑木林が・・

こちらは、まだ冬のままです。青い空の影響か、寒そうな風景に見えます。

なお、今日のウォーキングは1時間半以上・・距離では5〜6Km歩いているのですが・・万歩計の歩数は1万歩に届かず・・

一日1万歩歩くとよいと言われますが・・・簡単ではないです。

kensan156m at 19:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2009年02月20日

32ビット版のWindowsなら

現在、Windows XPにもVistaにも32ビット版と64ビット版があります。

そして、一般家庭向けのパソコンはよっぽど特殊な物でない限り、32ビット版のWindowsが入っていると思います。

32ビットと64ビット・・具体的に何が違うのかといえば、最も違うのが使えるメモリ空間及び、搭載できるメモリの容量が32ビット版より64ビット版が大きいという点と、64ビット版は64ビット対応のCPUが搭載されていることが必須となります。

64ビット版のメモリ空間はとても広いので、家庭用ではまず使わない・・データベースのサーバなど、大量のデータを扱う所で必要になる物です。

では、32ビット版のWindowsの場合搭載できるメモリは、(パソコンの仕様にもよりますが)4GBまでです。それなら4GB搭載するのが一番いいように感じられるかもですが、実は、3GBより上のメモリアドレスの半分以上・・場合によっては大半が、システムが周辺機器とのやりとりに使うアドレスになっており、ソフトウエアとしてのWindowsや他のソフトはその部分を使えません。

つまり最悪の場合、4GB搭載しても1GB近くは使えないという状態になります。

デスクトップパソコンなら、メモリスロットがデュアルチャンネルの片方のチャンネルに2つ・・合計4つある物がありますが・・これなら(1GB+512MB)×2でデュアルチャンネル動作を保ったまま、3GBという効率のよい容量にできます。
しかし、ノートパソコンの場合、メモリスロットは2つしかない場合が多く、1GB+2GBという組み合わせなら合計3GBにできますが、デュアルチャンネル動作するのは、3GBの中で2GB分だけ、残り1GBはシングルチャンネル動作になってしまいます。

ただ、個人的にはWindows XPなら1GB程度・・Vistaなら2GBくらいがちょうどいいのではと感じます。Windows XPの場合、512MBから1GBへ2倍に増やすと、パソコンの速度は大幅に速くなります・・しかし、1GBから2GBへ増やしても、体感できるほど速くなりません(もちろん、計測すれば速いのですけどね)・・

しかしながら、現在、メモリの値段は下がっています・・・となると、1GB近く無駄になっても2GB+2GBの合計4GB搭載してもそんなに損ではないみたいです。

なお、パソコンによっては、上限の容量があり、1GBのメモリまでしか対応していない場合、1GB+1GBの2GBまでとなります。メモリの増設を考えている方・・・メモリを購入する前に、どの種類のメモリに対応しているのか、それと、最大何GBのメモリまで対応しているか事前にチェックした方がよいです。


追記ですが・・・以前、メモリをデュアルチャンネル動作させても、データの転送速度が2倍になるのではなく、現実には効果は小さいと書きました・・それは、CPUからFSBを通ってチップセット経由でメモリへアクセスするCPU等の話で・・

最近出てきたインテルのCore i7やAMDのCPUはメモリコントローラをCPUと統合しており、メモリとCPUはダイレクトに結ばれています・・この場合は、FSBがボトルネックになることはないので、デュアルチャンネルの効果は大きいと思います。

kensan156m at 20:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年02月19日

新しい対策法はないのかい??

今日、某テレビ局が、新たなインターネットの脅威として、ボットを取り上げていた。

というか、前からボットはあったけどね・・・こういった類の悪さをするプログラムをマルウェアと普通呼ぶようになっているけど、日本ではウィルスと紹介しないといけないのか・・・(汗)

ただ、放送の内容を真に受けたら、これは一大事・・家のパソコンをネットから切断しないと・・・なんて感じるような展開でした。ボットに感染したパソコンが遠隔操作され、勝手にサイトの攻撃や迷惑メールを送るという説明・・一般の人だったら、恐ろしくなると思います。

しかも、以前と違い、ネットにつないでいるだけで感染するとか、短時間で亜種ができるので、1日に一回程度しか更新がないセキュリティソフトでは間に合わないなど・・非常に恐ろしい物であると放送された・・

それなら、新たな脅威に対応する新しい対策法を紹介してくれるのかと思えば・・そちらは、簡潔に、セキュリティソフトを入れて、OSの更新をする(WindowsならWindowsアップデートで更新を適用する)・・と従来と同じ対策しか示さなかった。

重要なのは、どうすれば、そういった脅威から自分のPCを守れるかではないだろうか?・・恐ろしさを全面に出して、自分のPCを守る方法についてはかなり省略という感じでした。

ただ、センセーショナルな構成だったので、ついつい、全ファイルスキャンをしていまいました(爆)

ただ、今なお、セキュリティソフト無しでインターネットに接続している人が多いのが日本の現状・・・さらに、Windows98といったサポートが切れているOSを使って、ネットにアクセスしている人も意外といるんですよね・・

それを考えたら・・対策をしていない方に注意喚起するという意図があったのかなと深読みしてしまいました。

kensan156m at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2009年02月18日

コンパクトデジカメを修理に

私が、普段持ち出すデジカメは6年前購入のコンパクトデジカメです。

画素数は300万画素しかない3倍ズームの平凡なデジカメです。なぜ、これが普段持ち出すデジカメかといえば、比較的使いやすく、コンパクトだからです。

ところが、最近調子が悪くなっていました・・・すでに長期保証も切れています。それで、見積もりしてもらいました。

その結果、安価なデジカメを買うより安かったので、修理をお願いすることにしました。

特に、メインのボタンがうまく動かなくなって使用に差し支える状態だったので、安価に直るのなら助かります。

というか、なんで、そんな古い300万画素しかないデジカメを使い続けて、最近のスリムで高画素の物にしないのかは・・・スリムだとホールドが難しい、そして、小さなセンサーで画素数を多くすると、どうしても不自然な描写になるからです。

それと、古い300万画素のデジカメは長い間使っているだけに、カメラのくせや操作にも慣れており、失敗が少ないというメリットがあります(苦笑)

kensan156m at 17:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) カメラ・写真 

2009年02月16日

雪の中から咲く花

ユキワリイチゲ昨日、県北へユキワリイチゲを探しに行きましたが・・

結局、自然に咲いている物はなく・・道の駅で見ることができました・・展示してあったのです。

この花は、雪の中から咲く花・・だから、雪を割る・・ユキワリイチゲという名前になったようです。

当日は、気温が高く、とても2月とは思えない天気でした。だから、県北でも雪は無いです。

春は、少しずつ・・確実に近づいています。

kensan156m at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) カメラ・写真 

2009年02月14日

暖かい一日

最高最低気温計今日の広島は昨日より暖かい一日でした・・暖房がいらない・・というか外を歩けば暑いくらいです。

これは、私の部屋にある最高最低気温計・・上が室内、下が室外・・今日の最高気温を表示させています。室内は暖房を使っていなくても24度を超えています。室外も21度・・

ただ、明日以後、また寒くなり、冬の寒さに戻ると予報されています。気温の変動が大きいと、風邪を引いてしまうこともあります。要注意です。

kensan156m at 18:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 個人的な話 

2009年02月13日

春一番が吹きました

曇り空今日の広島は春一番が吹きました・・

朝から、南よりの風が強く、午後にはかなり強い風になり、同時に天気は雨になってきました。

写真は、雨が降る前の曇り空の様子・・

今日は最高気温が18.2度とかなり高めだったのですが、やはり、まだ2月・・数日後には冬の寒さに戻るようです。

kensan156m at 21:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 地域情報 

2009年02月11日

バレンタインコンサート

コンサートのパンフレット今日は、広島厚生年金会館で行われた、NTT西日本中国吹奏楽クラブのバレンタインコンサートを鑑賞しに行きました。

無料で行われますが、招待状が必要というシステムです・・ただ、一度、登録してもらうと、以後、招待状が届くようです。

広島にいる家族全員で鑑賞しました。

ちなみに、ロビーでCDを販売しているという・・これはNTT西日本中国吹奏楽クラブのコンサートをデジタルレコーダーでライブ録音した音源を使って作成した物。
1000枚限定となっていましたが、値段が1200円と安価だったので購入しました。

広島厚生年金会館開演前の会場の様子・・演奏中の撮影は禁止なので、開演前の写真です(苦笑)

第一部で、ドヴォルザークの「新世界より」を4楽章全て演奏しました・・CDで何度か聞いているのですが、やはり生演奏の迫力はすごかったです。

第二部は、ポップス系の音楽を演奏しました・・音楽プレーヤーで聞く音とは比較にならない生々しい音が鼓膜に直撃です。

吹奏楽団の場合、楽器の音がそのまま聞こえてきます・・普通の歌手のコンサートでは、一度マイクで拾った音をスピーカーから大音量で流すので、実は生の音じゃないわけです。というか、普通の歌手のコンサートなら、音が割れるくらいの大音量のコンサートよりCDで聞いた方が自然に聞こえたりします(苦笑)

kensan156m at 22:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 見学・イベント | 音楽・オーディオ・ビデオ関係

2009年02月10日

ジャストシステムに問い合わせていたら

一太郎の最新版である一太郎2009や一太郎2009と表計算ソフトやプレゼンテーションソフトをまとめたジャストスイートの最新版が出ましたが・・

詳細を知りたいので、ジャストシステムへ問い合わせてみました・・

そこで、一太郎のライセンスについて、本人が専用に使うパソコンなら、同時に使用しないという条件で、2台にインストールしてもライセンス違反にならないことを知りました。

また、アップグレード版を買うと、前の一太郎のライセンスが新しい一太郎に移るだけですが、アップグレード版より少しだけ値段が高い特別優待版を買うと・・この場合は古い一太郎のライセンスは残り、ついでに特別優待版のライセンスが新たに増える・・つまり2ライセンスになることが分かりました。

となると、特別優待版を買えば、これを同時に使わない条件を満たせば2台にインストールできる・・その上、古いバージョンのライセンスも残るので、別のパソコンに古いバージョンをインストールしても構わないことになります。

あと、一番気になるのは字体です・・Vistaになって漢字の字体が変更された文字がいくつもあります・・今日その点を聞いてみたら、新しい一太郎に添付されるジャストシステムのフォントはXPの時の字体であるという返事でした・・つまり、Vistaで使っても、ジャストシステムのフォントを使っていれば、昔作成した文書の字体が勝手に変わることはないとのこと・・

ジャストシステムの方がそう言われるのだから、そうなのかもしれませんが・・店頭で新しい一太郎をデモしているVistaのパソコンがあれば、確実に確認できるのだけどね・・・

Windows7もVistaと同じ字体で表示されます・・つまり、正確に表記できない漢字があるわけです・・もちろん、XPの時に正確に表記できず、Vistaになって正確に表記できるようになったという地名などもあるのですが・・

日本で使われる漢字の種類はとても多くの種類があり、また同じ漢字でも違う字体がある物が多いです。パソコンは、まだ、そこまで考えて作られていないことになります。

kensan156m at 23:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2009年02月07日

地デジの受信機が値下がりしているけど

最近、電機店の売り場の地デジのテレビ・・以前と比べて安くなってきたと感じます。
特に30〜40インチあたりの受信機は少し前より5万円ほど安価になっていると聞いています。かつては1インチあたり1万円なんて時代もありましたが、今では42インチで20万円を切る物が多くなっている・・

では、一人部屋用はどうかといえば、国内メーカーでも特価で5万円くらいで出ることがあるようです。
しかし、アナログのテレビの値段からすれば、まだ高い・・もっと、安価に地デジを見る方法はないかといえば・・・あるのはあります。

最近のパソコンを使われている方なら、PCショップで地デジチューナーを購入するというのも一つの手です、1万3千円くらいで販売されています。

CPUがデュアルコアであれば、チップセット内蔵グラフィックでも、新しい物であれば対応可能と思われます。特に、新しいパソコンでは、チップセット内蔵グラフィックでもハイビジョンのデコードに対応している物が増えているので・・・

私は、バッファロー製のUSB外付けの物を使っていますが、もし、PCの負担が重たければ、ハイビジョン画質から通常画質(DVD並)に落とすと、シングルコアのセレロンMの1.5GHzでも、なんとか表示できますし、録画もできました。

ちなみに、グラフィック回路・・つまり、グラフィックチップ(GPU)もしくは、チップセット内蔵グラフィックに、ハイビジョンのデコードを行う動画支援機能が搭載されている場合、CPUはあまり使われていません。

ハイビジョンの地デジ放送を表示させているときのCPU使用率これは、地デジのハイビジョン放送を見ながらハードディスクに録画しているときのCPU使用率ですが、概ね20%以内です。グラフィックチップ(GPU)がハイビジョンのデコード可能な物だったから、CPUよりグラフィックチップ(GPU)が処理を行っているわけです。

さすがにパソコンの画面は小さいですが・・一人部屋用の地デジ対応テレビ&録画機を買うことを考えれば、一人部屋用はパソコンで対応するのも一つの手かもしれません。

ただ、性能的にOKでも、著作権保護の機能が付いていないと使えません・・それをテストするプログラムはバッファローのサイトにあります。

テストプログラムがあるページ

これで、著作権保護がOKか分かるし、自分のパソコンの性能でも視聴できるか、概ね分かるようになっています。

ただ、パソコン用のチューナーの弱点は、録画予約していても、パソコンの電源を切っていたら、録画されないこと(苦笑)・・・これだけは、普通の録画機の方が使いやすいと思います(苦笑)

また、画質重視の方は、やはり、パソコンを流用するより、ハイビジョン表示できる地デジテレビと、録画機の組み合わせを選ぶ方がよいと思います。

フルスペックハイビジョンを表示させるには多くのパソコンが採用している1280×800ピクセルの画面では無理ですから・・(苦笑)

kensan156m at 11:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2009年02月04日

古くても・・・

115系更新車外見は、古い国鉄型の115系の塗装を新しくしているだけ・・

これが、広島の主力電車115系です・・

しかし、この旧型車両・・車内に入ると・・・

( ̄□ ̄;)!!


中は、転換クロスシート・・・転換クロスシート(転クロ)???

え・・223系じゃないの???(爆)

そう、車内はすごいのです・・

なお、115系でも、2000番台、1500番台、1000番台には転クロへの更新が行われている車両が増えていますが、300番台は、まだ行われていません・・恐らく、300番台は、転クロへ更新しないのではと感じます。

ちなみに、3000番台は、当初から転クロと車端部がロングのハイブリッド構成、これは今でも同じです・・広島用として新型の電車が来たのは、この115系3000番台が最後・・・もうそれから20年以上たっているのような気が・・

そろそろ、223系を・・是非広島に・・・(爆)

kensan156m at 17:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 鉄道関係 | 地域情報