2008年10月

2008年10月31日

明日から11月・・

明日から11月ということで、今年も残り2ヶ月となりました・・

今年初めに、いろいろ目標を立てていたのですが・・・どれも達成できないどころか、時間に追われて最初からできなかったことも多いです。

あと2ヶ月で、少しでもやっておきたいとは思っていますが・・・

さて、9月末頃、家族のパソコンが正常に動いていないことが判明・・私の部屋に入院して、復旧作業を行うことになるのですが・・・自分のメインマシンも以前から原因不明の問題を抱えており、これも復旧作業に・・そうしいたら・・弟と父のPC(9年前の物・・かなり古い)を調べると、ファイルが壊れていたり、一部の操作ができなくなっていました・・・それで、続けてそのPCも復旧作業に・・

まだ、直ったPCもありますが、復旧途上のPCもあります・・結局10月はPCの復旧だけでつぶしてしまいました・・(苦笑)

おかげで、運動不足です・・・PCの復旧が終わったら・・毎日運動しないといけないと感じています。

ちなみに、家の家族のパソコンは老朽パソコンが多く、すでに長期保証も使えません・・・ハードディスクが故障すれば、修理代を払うとなると、4〜5万円になりますが・・家のPCは私が1万円以下で買ってきたバルク品のハードディスクに取り替え、直しています。

ところが、古いPCを使っていると不安なことがあります・・それは、ハードディスクの接続方法・・以前のパソコンは、IDE方式(パラレルATA方式)で接続するようになっていました・・・しかし、最近のパソコンはシリアルATA方式が主流で、大半がこちらの方式になっているはずです・・

先日、店頭で、世界中でIDE(パラレルATA方式)のハードディスクの製造が終了しましたと書いてあるのです・・・・つまり、今後、入手が難しくなることが予想されるし、メーカーに修理をお願いしても、部品がありません・・になるかもしれません・・

5〜6年前のPCもIDE(パラレルATA)方式が多いです・・・長く使いたいと思っている方は、そのPCに接続可能なハードディスクを事前に買っておいて、故障時に自分で取り替えるか・・・ハードディスクが残っているかどうか分からないけど、メーカーに頼むか・・・よく考えないといけないようです。

ただ、5年使ったなら、買い換え・・・とすぐに買い換えを選択肢にできる方ならいいけど・・・多くの家庭では家計が苦しい状態だと思います。簡単に買い換えとはいかないと思います。

家族のパソコンに老朽パソコンが多いのも、買い換えた時に、前のパソコンを廃棄するのではなく、それらを家族用に流用しているからなのです・・・また、買うときも新品ではなく、中古を買うことが多く、それで、比較的古い物が多いのです(苦笑)

kensan156m at 20:39|PermalinkTrackBack(0) 個人的な話