2008年04月

2008年04月26日

パソコンでDVDを高画質で再生する場合

WinDVD9のパンフレット最近のパソコンの光学ドライブ・・家庭向けのものなら、大半の物でDVDの再生が可能な物が搭載されていると思います・・同時に、最近は、DVDへ書き込むことができるドライブが付いているのが標準となっています。

そうなると、DVD再生ソフトが最初から搭載されていると思いますが・・私のパソコンの場合、故障したサブマシン(6年以上前のPCです)は「DVD Jet Audio」が搭載されており、ドライブはCDには書き込めるけどDVDは再生だけのドライブでした・・

あの頃はCPUに500MHz程度の能力があればDVDの再生はできると言われていて、実際に自分の故障したパソコンは600MHzのCPUが搭載されていました。

さて、画像は、最近のDVD再生ソフトのパンフレットですが・・この「WinDVD」というソフトは、私のメンマシンとサブマシン両方とも最初からバージョン5が搭載されていました・・最新バージョンは9になるんですね・・

パンフレットや店頭で見たら分かるけど、現在は同じバージョン9でも2種類あります・・「WinDVD9」と「WinDVD9plus」です・・店頭販売価格も後者の方が高く・・見ると、「WinDVD9plus」はブルーレイなどの再生が可能となっており、かつ従来のDVDもハイビジョン並みの解像度にするためアップサンプリングするなど高画質化機能が搭載されています。


続きを読む

kensan156m at 18:48|PermalinkTrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2008年04月15日

ウィルコムが発売する新端末

現在、モバイルパソコンよりさらに小型の超小型PCが店頭に出てきているが・・いずれも、既存のCPUやチップセットを用いた物である。

そして、ウィルコムから、ウィルコムの通信機能を内蔵した超小型PCが発売される・・発売時期は6月半ばです・・

ウィルコムのプレスリリース
シャープのサイト

これには、全く新しいデバイスが投入される、なんといってもCPUに超小型PC用に開発されたインテル最小のCPUであるAtomプロセッサーが採用される点は注目点でしょう・・消費電力は、最大でも数W以下だといいます。

通話機能も搭載されるが(オプションが必要)、休止状態やスリープ状態だったら、着信履歴が残るだけで、通常の電話として使うには不便です(注※ウィルコムによると、このあたりの仕様は変更になる可能性があるとのことでした)・・やはり、内蔵されるW-OAM対応4×のW-SIMを使ったPHS回線による外出時のインターネットへのアクセス、内蔵無線LANにより、無線LANスポットや家庭で高速インターネットに使うという使い方がメインとなると思います。

さて、Atomプロセッサーの能力は未知数なので、CPUについて棚に上げても・・メモリ1GB(増設不可)・・ハードディスクは1.8インチの40GBという仕様で、Vistaのホームプレミアムを搭載するのは少々無理があるのではないかと感じます。

Windows Vistaは最小で512MBのメモリが搭載されていれば動作しますが、その状態では、やっと動いている感じだといいます・・1GBにすると、かなり速くなることが、メモリメーカーなどが公表していますが、実際に使っている人に聞けば、1GBでもストレスを感じるという意見が多い、できれば1GB以上のメモリを搭載した方がよいと言われます。

Vistaでも機能の少ないホームベーシックなら、1GBでもそこそこ動いたかもだけど、なんと、ホームプレミアムが搭載されている・・その上で、オフィス2007まで搭載されている・・ハードディスクが40GBで余裕があるのか不安になる・・

グラフィックはチップセット内蔵で、メモリはメインメモリを使うとなっており、その分1GBからグラフィック用にメモリが取られてしまう・・Vistaのホームプレミアムを搭載するなら1.5GB〜2GBはメモリを搭載すべきではなかったかと感じます。

どうも、この端末は、マイクロソフトやインテルもプレスリリースに社名が並んでいることからすれば、マイクロソフトやインテルも相当力を入れた端末でしょう・・

でも、超小型PC用にWindows XPのメーカーへのライセンス供給は2年延長されています・・2010年まではXPをプレインストールできるのです。

参考記事

メモリが1GBでハードディスクが40GBでもXPならさくさく動きます・・どうして、こちらを選ばなかったのか、少々疑問に感じます・・

また、この記事で分かるように、もしかしたらVistaは意外と短命で、後継OSが出る可能性があることが書かれています。

まあ、技術者や企業が嫌うVistaですから・・思ったほど売れないとなれば、やはり、次のOSで挽回ということになるのがマイクロソフトの常道です。

XPのパッケージを一般の人が入手できるのは今年の6月までです・・それで、お店によっては、XPのパッケージの売り上げが好調という話もあります。また、XPを搭載したPCを現在も販売してるBTOメーカーなどに企業からXPのパソコンが駆け込みで大量発注されたりしているようです・・

XPはまだ十分需要がある・・どうせなら、一般向けパッケージの販売や超小型PC以外へのプレインストールも延長してはと思います。

kensan156m at 18:28|PermalinkTrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2008年04月03日

広島の桜

比治山の桜その1昨日、広島は桜満開になったと天気予報で言っていたので・・

桜の名所、比治山に寄ってきました。写真は、桜並木の様子。
広島の気象台が桜の開花状況を調べているのは中心部の縮景園の桜・・比治山は中心部にあるけど、丘の上であり、満開ではなかったです。北側の斜面は三分咲きくらい、南側で七分咲きくらいでした。

比治山の桜その2駐車場にある桜の木・・
これはよく咲いていました。





比治山からの風景駐車場から、広島市中心部を望む・・

一般のコンパクトデジカメだと、このようにすぐ手前の風景と、遠景を同時に写すとき、特に何もしなくても両方にピントが合う場合が多いですが・・
同じデジカメでも一眼レフタイプは、絞りを絞らなければ、どちらかがぼけてしまいます。これは絞りを16まで絞って撮影しました・・遠景は少々ぼけています。
もっと、絞ってもよかったわけですね・・でも、遠景が微妙にぼけているのもいいかなと思って、この絞りで写しました・・

なお、フィルムのカメラの場合、一眼レフタイプのデジカメより、もっとぼけます・・つまり、もっと絞らないといけません・・これは、一般向けの一眼レフタイプデジカメのセンサーのサイズより、フィルムのサイズの方が大きいからです。

コンパクトデジカメで、あまり遠景がぼけないのは、センサーが極端に小さいからです。

kensan156m at 20:10|PermalinkTrackBack(1) きれいな風景