2005年11月

2005年11月30日

父のPCがおかしい

クリックしても反応するのに数秒かかる・・当然起動も時間がかかる・・何かおかしい・・
それで、Windowsフォルダ内を見ていたら・・

意味不明のテンポラリーファイルが何と500以上も増殖中・・

この状態、ぜったいおかしい・・O>-<ばたっ!!

ワームの類でも侵入しているのだろうか??・・
ヤレヤレ ┐(´-`)┌ マイッタネ

kensan156m at 23:28|PermalinkTrackBack(0) 電気・通信・PC等 

2005年11月28日

大事な写真は二枚写す

今は、あまり写真について話してくれる方と山や撮影地でお会いすることは少なくなりましたが・・
以前、ある方が、大事な写真は必ず2枚以上写しておく必要があると言われました。それも、できれば、さらにもう一枚別のカメラで写しておくこと・・と言われた。
それって、フィルムのムダじゃないかと思いながらも、みんなで山へ登った時など、頂上で撮影する記念写真などは必ず2枚写していました。

ところが、最近、写真に時間がかかるのはバカバカしいという意見も出てきて、1枚だけ写すことが多くなった・・

しかし、やはり2枚写しておけばよかったと後悔する事態が起きました。そう、操作ミスで大事な1枚が写っていなかったんです。
もし、2枚写すことになっていれば、もう一枚写そうとしても1枚目が写っていないから、フィルムの巻き上げができないので、そこで気が付くし、写真に詳しい人がいるのでチェックしてもらえる・・

1枚だけ写して、下山してしまった・・途中で、フィルムの巻き上げができないことに気が付いたが、もう一度登って写すわけにはいかない・・

大事な写真は必ず2枚写す・・その重要性を痛感しました。2枚写すのは、目を閉じてしまったりするリスクを減らすのではなく・・操作ミスやカメラのトラブルで正常に写っていないかもなので、そちらのリスクを減らすために、2枚写すという意味だったのです。
風景の写真などはミスしても、もう一度行って写せばいいのですが、記念写真は、同じメンバーが同じ場所にもう一度集まることなんて・・ないですから・・

デジカメだと、液晶モニタで確認できるから1枚だけ写しても安心という方もいますが、それは落とし穴ですよ・・小さなモニタでは細部まで確認するのは難しい・・家に帰ってPCに入れて、表示させて、初めてピンぼけだったとか、ぶれていたと気が付くことはよくあることです。

デジカメのピンぼけは多いように感じます・・それに、最近のデジカメは画素数が多いので、小さな液晶モニタでは確認が大変です。
デジカメでも条件を変えて2枚写す方が安全だと思います。

kensan156m at 23:04|PermalinkTrackBack(0) カメラ・写真 

2005年11月27日

第二回帝釈川ダムオフ会

帝釈川ダム報告が遅れましたが、11月20日・・ダム好きの人が集まって、帝釈川ダムリニューアル工事現場の見学会兼オフ会が行われました。

今回、参加したのは、前回も参加した、灰エース様とtag様、そして、今回初参加のえてやん様と謎の多いMr.F氏です。

前回の見学会同様、建設所で座学を軽く行い・・現場見学・・ただ、前回と違い、遊覧船は斜面崩落の影響で運行されていないので、遊覧船には乗りませんでした。

当日は、コンクリートを打ち込んですぐだったので、ダム直下には行けなかった・・かわりに、ダム全体を上から見ることできる場所に案内してくれました。この写真はそこから写したものです。

今回、オリンパスのカメラが多かった・・灰エース様が、オリンパスのコンパクトデジカメ、tag様がE20、えてやん様がE−1に広角レンズ・・Mr.F氏は、ニコンのフィルムカメラ+三脚、私がEOSとCOOLPIXでした。

見学はとても意義深かったです・・ただ、ダムの工事現場でも、導水路の現場でも、発電所でも・・案内してくれた建設所の副所長様にとっては予想外の行動ばかりしていたかもしれません(爆)・・奇声を発した人もいるとかいないとか・・・

さて、現場見学のあとは、福山市内でオフ会参加者の5人で食事して2次会です・・楽しい一時をすごすことができました。

副所長様、オフ会ご参加の皆様に感謝です。

kensan156m at 21:00|PermalinkTrackBack(0) ダム関係 

2005年11月22日

薬が効かない・・

本当は、日曜日に行われた帝釈川ダム見学会の内容を簡単にレポするのが先なのですが・・現在、自分にかなり困った問題が起きているんです。

それは、薬が効かなくなってきているんです。けんさん何種類か薬を服用していますが、その中で最も調子に影響する薬があります。以前は4.5を一日2回服用していました。

ところが、効きが悪くなってきたので、毎食後の3回に増やし、さらに、5.0や5.5へ一時的に増やして状態がよくなると4.5や4.0に戻すということを最近やっていました。
以前は5.5に増やせばすぐに効果が出て、次回の診察ですぐに元の量に戻すということが多かった。

それが、5.5でも効かなくなってきた・・それで、今、過去最大量の6.0(単位はたぶんmg)を服用している。

これが全く効かない・・正直深刻な事態です。でも、5.5と6.0って1割程度しか増やしていないと言われますが、あまり増やすと副作用が強く出るんです・・しかし、この様子では8.0とか10.0という量を考えないといけないのか?

でも、それでも効かなければ大変である・・

効かなくなってきた理由はなんとなく分かる・・それは無理しすぎているんです。ネットをする時間も一日6時間程度、PCをいじる時間に至っては8時間程度ではないかと・・
その上で、電話の応対で2時間くらいとられるのが痛い・・かかってきた電話には出ないわけにもいかず、困っている。かかってくる場合、こちらの都合は全く関係なくかかってくるので、よけい面倒だ・・

そういう状況で、就寝時刻は異常に遅れ、午前2時とか3時があたりまえである・・今の薬が効かない状態では、こんな生活をしていてはいけないと思う。

一時的に体も心も休めないといけないと思う・・となると、ネットは一日30分程度にするか、一時的にやめるか・・それも数日じゃなく、数ヶ月オーダーで考えないと、いけないと感じる。
となると、サイトも場合によってはやめた方がいいかもしれない・・サイトを開いたままでは、気になって、アクセスしてしまうし・・ブログも、ずっと放置はまずいだろう・・

ネットの知人のサイトへの書き込みは当分やめないといけないだろう、何分カキコ巡りに3時間は使っているから・・
ただ、しばらくカキコせずにいたら、もう、そのサイトと関係が切れるのではと不安もある・・あるいは、知らない間にサイトが無くなっていることもあるし・・

電話は、こちらからは、不要不急の電話をやめればいいだけだが、かかってくるのはどうすべきか、電源を切っておくのも手だが、それをすると最近の若い人は逆ギレする人もいるから面倒だし、そこまでいかなくても友人関係が損なわれる恐れもある・・何かよい手はないものだろうか?

どちらにせよ、がんばりすぎている状況をやめないといけないと思っています。

kensan156m at 17:02|PermalinkTrackBack(0) 個人的な話 

2005年11月19日

マニュアルのカメラは奥が深い

eda24c01.JPG今、山登りでお世話になっている仲のよいおじさんに、マニュアルのカメラを期間限定で借りています。

使って思うのが、操るのは難しいけど、奥が深い世界なんだな・・・って

高倍率ズームなんてないから、撮影対象によってレンズを交換することも頻繁にあるし・・写す時は、露出、ピントを全て手動で合わせないといけない・・手際よくできないので、時間がかかる・・でも、逆に時間がかかるからこそ、絵になりそうにない写真は写さないことが多い・・

そして、写すかどうかよりも、写して絵になる場面があるか、それを探す方が多い・・写す時は、まず、どのレンズを使うか決め、被写界深度との関係を考えながら絞りを決め、フォトミックファインダーの指示に従ってシャッター速度を決める・・その上で、勘で、若干露出を変更する、そして、ピント合わせは慎重に行い、シャッターを慎重に切る(機械式シャッターだから、ボタンをかなり押し込まないといけないんです)、それでやっと一枚の写真になります。

今までフィルム3本ほど、マニュアルのカメラで写しましたが・・それで思うのが、今までの写し方が、かなりいい加減だったということ・・最新のAF一眼レフに、標準ズームを付けていれば、レンズを交換することもほとんど無いし、写す時はズームで構図を決めて、露出の値を確認するだけで、後はシャッターボタンを押すだけです。簡単にピントがシャープに合った写真が写せる・・だから、それほどいい写真にならない場面でも写していた・・デジカメならなおさら、どうでもいいものまで写していた・・

デジカメ全盛の今でも、写真の勉強をしたいなら、オートのカメラを使ったらダメだと言われることがあります。また、写真はズームレンズじゃなく、単焦点レンズ、特に50mmを使いこなせるようになるのが基本だとも言われます・・

尾道へ行ったとき、写真部の高校生がたくさんいて、いろんな写真を写していましたが、持っているカメラを見てびっくり・・デジカメでも、最新の一眼レフでもない・・・
それこそ、自分の親の世代が使っていたような、マニュアルの一眼とか、レンジファインダーカメラなんです・・たぶん、親から借りたのだと思うけど・・やはり、基本はマニュアルのカメラなんだなぁと・・感じました。

もちろん、人によっては、そんな話は過去の遺物だと一笑に付すけど・・私は、マニュアルのカメラを使う経験ができたことは、自分にとってとても大きなことだと感じています。

それと同時に、奥が深い世界だなと感じる・・・露出だって、一度決めた後に、もう少し絞った方がいいかなと思えば、いつでもできる・・・いじってもシャッター速度が連動することは無いし、露出計の値を無視したシャッター速度と絞りを与えることも簡単にできる。また、ファインダーでピントも完璧に合わせなくても、レンズに記入してある被写界深度の指標を見たら、その範囲内ならちゃんとピントがあっている。目測の距離で、ピントを合わせることもある・・それでもちゃんと合っている。
自動化されたカメラでは、こんなことはなかなかできないです・・・

なにより、ズームで簡単に構図を決定できない分、自分が動き回らないといけない・・その動いている間に、気が付かなかった光景に遭遇したりする・・新たな発見も多いです・・

そして、やはり難しいことは確かです・・なかなか、思ったような写真にならない・・それは、単純に自分の勉強不足・経験不足が露呈しただけですが・・
O>-<ばたっ!!

kensan156m at 15:08|PermalinkTrackBack(0) カメラ・写真 

2005年11月17日

電車男になれないけんさん

3855e2ef.JPG電車男といっても、本や映画やドラマの話ではないです(謎)
そう、けんさんの身の上に起きたこと・・・

いつものように、広島電鉄の路面電車に乗っていたら・・
乗客が1万円札の両替を車掌さんに頼んで、車掌さんが千円札を10枚持って無くて、すいません両替できません・・といった、やりとりが聞こえてきた・・

それで、自分の財布の中に、何枚千円札が入っていたかなとふと財布を出して数え出すと・・車掌さんから声がかかった・・

「千円札10枚お持ちですか??」
あわてて数えると・・ちょうど10枚あった・・そういえば、さっきATMでお金おろしたばかりだった・・
(補足、けんさんの財布にこんなにお金が入っていることは一月に一度か二度しかないと思われます)

それで、車掌さんに10枚ありますと答えたら、車掌さんが、両替を頼んだ乗客に、すいませんが、あのお客様に両替してもらってください・・

すると、若い女性がぼくの前に・・
え・・まじ??・・先日解散したDoAsInfinityの伴ちゃんそっくりの超美人の女性・・

けんさん、瞬間的にフリーズ・・固まって何も言えなくなりました・・両替してあげただけ・・・

それ以上の進展無し・・電車男になれないけんさん・・OTL


そういえば、4月にも、電車関係で女性のお役にたてたことあったなぁ・・
もちろん、電車男のようにはならないけどね・・(苦笑)

kensan156m at 23:20|PermalinkTrackBack(0) 個人的な話 

2005年11月16日

インフルエンザの予防接種を受けました

予防接種説明書-表今日、近所のお医者さんでインフルエンザの予防接種を受けてきました。
けんさん慢性の持病がありますが・・昨年も一昨年も主治医から予防接種した方がいいと勧められていたし、インフルエンザにかかれば、もともとある病気とインフルエンザのダブルパンチですから(苦笑)

実はインフルエンザの予防接種はかなり久しぶり・・というか小中学校の頃以来かな・・掲載している写真は、インフルエンザ予防接種説明書の表と裏です・・

まず、これをよく読んで、接種を受ける際の注意点を確認します。もし、何か病気を持っていて接種できるかどうか分からない場合は主治医に相談しておかないといけないことがわかる。また、これまでに予防接種で副作用が起きた人も注意が必要だと分かる・・

予防接種説明書-裏そして、接種後、こんな症状が出る場合がありますということまで書いてある・・

子どもの時に接種を受けた時は、こんな説明は受けなかったが・・・今は、説明するんですね・・

そして、問診票に一通り記入して・・お医者さんが見て、OKだったので、注射・・

え・・全然痛くないじゃん!!

子どもの頃の予防注射・・結構痛かったけど・・注射器も進歩したのか??(爆)

kensan156m at 17:50|PermalinkTrackBack(0) 個人的な話 

2005年11月13日

歯の治療の話・・

けんさん、現在歯と歯茎の治療中です・・

さて、虫歯の治療で抜髄(神経を抜く)して、かぶせ物をかぶせる治療をよくやりますが・・結構前の歯なのに銀歯じゃないと保険が効かないという話がありますよね・・

実は、白いかぶせ物にする場合、保険が適用されるのは、前から3番目の歯まで・・左右で6本、上下で合計12本までなんです・・4番目の歯からは銀歯じゃないと保険が効かないんですよ・・でも4番目の歯って、奥歯じゃないよ・・話なんかしていると丸見えの位置じゃん・・

そう、けんさん、4番目の歯がピンチです・・銀歯になったら・・もう彼女なんてあきらめないといけないかもしれない・・・
O>-<ばたっ!!

ちなみに、白い歯にするなら、プラスチック製が3万5千円、セラミック製が7万円・・・・O>-<ばたっ!!
カメラが買えるじゃん(爆)

保険が効く銀歯なら5千円なんだそうです・・(´ヘ`;)ハァ

kensan156m at 16:06|PermalinkTrackBack(0) 個人的な話 

2005年11月11日

デジカメの色再現

最近のデジカメだと、条件の良い時に撮影すれば、変な色になることは少なくなっていると思います。

でも、昔のデジカメに比べると色は派手になっていますね・・記録する時RGBの信号をそれぞれ8ビットで記録するわけですから・・色が派手ということは、RGBのどれかのチャンネルが飽和していることも多いんです・・RGB全てが飽和すると白飛びですが・・それに近い状況ですね・・

ただ、多くのユーザーが派手な色のデジカメがよいと思っているので、カメラメーカーもそういうデジカメを造らざるを得ないのでしょう・・

一方、最近はデジカメでも一眼レフタイプが増えました。これらの色再現はどうなのか気になっていましたが・・山仲間のおじさんがニコンのデジタル一眼を購入され、先日、県北の比婆山登山の時に持ってきて写していたので、自分もクールピクス5000で似たような構図の写真を写しておきました・・

さて・・おじさんが写した写真をプリントアウトした物を見て一瞬びっくり・・クールピクス5000で写したものなのかと勘違いしそうだった・・それは色再現がそっくりだったからなんです。
もちろん、解像力、ダイナミックレンジ、ノイズなどは、クールピクス5000と比べると格段によい・・さすが大型センサーだなぁと・・

ニコンさんは・・昔から、おとなしい色再現で・・元の色に忠実な再現を目指していると感じる・・これを測色系の色というけど・・実際によく観察すると、空の色や、木々の緑の色、紅葉の赤・・そういった色は鮮やかというより、結構くすんでいて、濁った色だったりする。空も真っ青な空はほとんどない・・たいてい、うすい水色のような色です。これを正確に記録する感じですね。それは、クールピクスもデジタル一眼も一貫していると感じました。
測色系の色のよさは・・色が飽和していないから、後処理でレタッチの余裕があることです・・

ちなみに、ニコンのカメラでも、普及機は派手な色になっている可能性はある・・そういう色再現にしないと売れないようだから・・

キヤノンさんは、どちらかといえば、やや派手な色再現・・人間が覚えている色に近い再現です・・これを記憶色というそうで、空なら澄んだ青色・・緑は深く・・赤は真っ赤・・ぱっと見ると、絶対こっちがいいように見えます。でも、レタッチの余裕はあまりないですね・・RGBのどれかのチャンネルがリミットまで行っていることが多いですから・・
ただ、キヤノンさんも、上級者向けの一眼デジカメはおとなしい色再現らしい・・

どちらかというと、派手な色が出るデジカメは初心者向け・・おとなしい色のデジカメは上級者向けに多い・・・特に初心者用の普及機は派手な色じゃないとなかなか売れないようなので・・

kensan156m at 00:13|PermalinkTrackBack(0) カメラ・写真 

2005年11月08日

お茶目な先生

けんさん・・皮膚に湿疹などができやすい体質なので、皮膚科に定期的に通っています・・

先生が、○○さん診察室へ・・と呼んだので、診察室へ入ると・・
ぼくの顔をじっと見て・・こう言われた・・

「顔はなかなかいいですね」・・・・・・

え・・それって・・けんさんがイケメンという意味???(爆)

残念ながら・・顔のニキビの状態がいいという意味だった・・
O>-<ばたっ!!

kensan156m at 23:58|PermalinkTrackBack(0) 個人的な話 

2005年11月06日

三段滝、フィルムカメラで写すと

三段滝-フィルムの写真これが、借りているF2フォトミックで撮影した三段滝です・・滝が流れているように表現するためシャッター速度を落としました。

フィルム・リアラ
F2フォトミック・ニッコール28mmF3.5
シャッター速度1/8秒、絞り22

コンパクトデジカメでは、流れるように表現しようとシャッター速度を落とす設定をすると、絞りが絞れないため、露出オーバーの警告が出ます。実際に、上の方は白飛びしてしまいます。

また、上の太陽の光が当たっている所と、下の影になった部分の明暗差があり、デジカメでは苦手な状況かもしれません・・

リアラを使うことにより、そういう状況でも、なめらかに仕上がりました。そして、古いカメラとレンズの組み合わせですが、最新の一眼レフカメラと比べても遜色ない写りです。さすが、ニコン・・と思いました。

kensan156m at 17:33|PermalinkTrackBack(0) カメラ・写真 

三段峡一人旅・・

三段滝-051105報道で広島県北は紅葉の見頃だというので、今日、借りているカメラ、ニコンF2フォトミックを持って、三段峡へ一人で行って来ました。
けんさんみたいに車を使わない場合、行くのは多少面倒になる・・JRで広島まで出て、路面電車に乗り継いで、バスセンターへ・・そこから高速バスで三段峡へ行く・・
でも、今日は土曜日だし、車を使わずに行く人も多く、高速バスは満員でした・・

三段峡の入り口に着くとバスから降りるのですが・・以前はここにJR可部線の終点・三段峡駅がありました・・今では駅は跡形もなく姿を消しています・・JR可部線があれば・・三段峡へ行くのも便利なのですが・・・(´ヘ`;)ハァ

さて、ここからローカルバスで三段峡の中程にある水梨駐車場へ行きます。途中、深入山の駐車場を通りましたが、もみじが真っ赤になっていました。
水梨駐車場から葭ヶ原の茶屋へ行き、そこから三段滝へ向かいました・・写真はデジカメで写した三段滝です・・画像が小さいのと28mm相当の広角で写しているので、小さく見えると思いますが、実際に見るとかなり迫力があります。

昨年までは、三段峡といえば、レトロなカメラを持ってきている方が多かったのですが、今回は昨年と一変・・デジタル一眼レフを持ってきている人が多かったです。それも最近発売の最新型・・

でも、そんなカメラを片手持ちで写す人がいるから信じられない・・写真の基本を身につけるまではそんないいカメラは使わない方がいいと思うけど・・

けんさんは今回はレトロカメラ組です・・といっても借りているカメラですから、傷つけては大変・・用心して扱いました。ピントも絞りもシャッター速度も全て手動で合わせます・・ついでにズームのかわりにレンズを取り替えるんですよ・・

そして・・いつも使うカメラ(EOS7)とちがい、F2は、撮影するのに時間が多少かかるし、念入りにいろいろ調整しないといけない・・単に写すではなく、写すプロセスが多いので、作品を作り上げているという気持ちになります。と、同時に、自分も、基本はあまりしっかり身につけていないなということも感じました。

感度100のフィルムを入れたら、晴天の日中では絞りF8、シャッター速度1/125秒で露出は概ね合います(被写体によって違いますが)・・被写界深度を稼ぐため絞りを一段絞ってF11にしたら、シャッター速度は一段落として1/60秒にすれば、同じ明るさで写ります。
感度400のフィルムの場合、2段感度が高いですから、同じ条件で絞りをF8にすれば、シャッター速度は2段速い1/500秒となります。

露出計がなくても、この関係を覚えておけば写真は写せます。そして、露出計が内蔵されていても、露出計が示す数値と、基本を比較したり、あるいは明るい方を向いているなら、露出計が露出オーバーと表示するくらいの方がいいことが多いし・・このあたりは、経験と勘も重要です。

そして、ネガフィルムは露出オーバー側にもアンダー側にも2段分程度余裕があります。デジカメでは明暗差が大きすぎて一方で白飛び、一方で黒つぶれするようなシーンでも、フィルムには余裕で写っています(プリントすると、白飛び黒つぶれれが出ますが・・)、同時に適正露出から多少ずれていても大丈夫なんです。デジカメでは適正露出から0.3段ずれても写り方がちがってくるから、このあたりは、まだフィルムの方がいいと感じます。

ネガだと、写真屋さんが明るさなどを調整するから、意図した明るさにならないと指摘される方もいますが・・写真屋さんのオペレータと直接話をすれば、この問題も解決します・・ちょっと暗めに仕上げてくださいとか、もう少し緑を強めにとか・・だから、写す時は意図して暗くしたりせずにフィルムの階調の真ん中あたりで写しておいて、仕上げの時に撮影意図を伝える方法をとっています。

というか、ぼくがよく利用する写真屋さんでは、リアラを使った場合、ほとんど無調整でプリントしてくれています・・つまり暗く写っているのは意図してそうしたのだろうといった感じで・・ちなみに、今日、写したフィルムは、かなり調整が必要かもしれない(謎)

kensan156m at 00:28|PermalinkTrackBack(0) 山歩き・ウォーキング 

2005年11月02日

ダム便覧の更新

温井ダム-051102ダム好きの方やダムマニアの方・・たくさんのダムを巡って、たくさんのダムをアップされている方が多いですね。
今回のダム便覧の更新で、100基以上掲載しているサイトは基数が併記されるようになりました・・基数を増やす方向で運用している方には、気になる数字でしょう。
ダム好きの方のサイトもそれぞれ個性があり、見て回っていると面白いですが・・なるべく多くのダムを巡って掲載する人の方が多いように感じます・・

Naganoくんが掲載基数の多いサイトの傾向を分析しています・・グラフを見ていると、それぞれのサイトの特徴がちょっと見えてきます。
Naganoくんのブログ

けんさんの場合、そういう方向とは全く逆・・つまり、一つのダムをずっと見守っている感じです・・だから、基数は増えないし、ダムへ行くと言えば温井ダムへ行っていることがほとんど・・

温井ダムへの関心は・・実は建設前からあったようです。子どもの頃、県北の山へハイキングへ行く道中、滝山川沿いの国道を走っていた時に、親に「将来、この川にものすごく大きなダムができるそうだよ」って話をしていたことを覚えています・・どうやって、そんな話を知ったのか今では分かりませんが・・子どもなりに関心事だったんですね・・

そして、建設中には2度ほど訪れました・・試験湛水中にも訪れた・・そして、試験湛水のクライマックス・・クレストゲートからの試験放流には、JR可部線を使い一人で行きました・・集まったたくさんの人たちと一緒に新しいダムの誕生を祝いました・・

その後、イベントがある時などに何度も訪れています。そして、いろんな角度から写しています・・温井ダムはほぼ左右対称の放物線アーチダムで、高さは156mあり、アーチダムでは国内第2位・・西日本では最大規模のダムです・・そして、ゲートハウスなどの突起を目立たなく造ってあるし、堤頂部の照明は手すりに内蔵されていて、照明用の柱がありません、アーチの美しい曲線を何にも邪魔されず写せるダムです。被写体として魅力的なダムです。

見学会にも参加して、温井ダムの最先端の設備を見学したこともあるし・・ある時は空から温井ダムを写しました・・・

洪水時や渇水時には川の防災情報のサイトで何度も温井ダムの状態を見てしまいます。温井ダムがんばれ〜って感じで・・・それだけ、好きなダムなんです・・・

けんさん、アイドルや歌手、女優さんは好きな人が多くて大変だけど・・
ダムは温井ダム一筋・・浮気してないぞ〜(爆)

kensan156m at 23:58|PermalinkTrackBack(0) ダム関係 

2005年11月01日

1リットルの涙

今放送されているドラマの中では、これに一番感情移入しているような気がします・・

「タイムマシンを作って昔に戻りたい」・・この言葉・・全く同感でした・・と同時に涙が止まりませんでした・・

昔に戻って病気になる直前で、運命を変えたいと思う・・と同時に失った時間の大きさに、しばらく呆然としていた・・・

ちなみに、沢尻エリカちゃんかわいい(爆)

kensan156m at 22:40|PermalinkTrackBack(0) 映画・ドラマ等